ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 790

<経済>中国、世界株安に危機感 金利・預金準備率下げ 異例の同時緩和
<ビジネス>日生、三井生命を買収 3000~4000億円で株8割 国内再編で競争力
<国際情勢>放言と高慢 不満代弁するトランプ氏 白人票獲得へ計算したたか


概要:
*中国金融政策/中国人民銀行が政策金利を0.25%引き下げ。資金供給を5倍に拡大
*中国株式市場/年金基金の株式投資を総資産の最大3割まで承認。長期運用資金を増やし相場を下支え
*国内株式市場/8月22日の東京市場で6カ月ぶりに1万8000円を割り込み。28日には終値が1万9136円に
*異次元金融緩和/日銀の国債保有額が301兆9144億円で全体の約3割に
*国内生保業界/「日本生命保険」が「三井生命保険」と買収合意。買収額は3000億~4000億円規模
*消費支出/7月の家計調査で1世帯あたり消費支出は前年同月比0.2%減の28万471円
*アベノミクス/安倍首相が株価下落は海外要因、民主党は成長戦略に実績ないと再び争点に浮上
*北海道観光/2014年度道内観光客数が前年度比1.3%増で過去最大の5377万人に
*北陸新幹線/「JR西日本」が新たに小浜・京都ルートを策定。米原、小浜、湖西に次ぐ4案目
*海外M&A/1-8月の合計額は前年同期比77%増の7兆1685億円
*三菱電機/業務用空調メーカーの伊「デルクリマ」を約902億円で買収
*キリンHD/ミャンマービールの最大手「ミャンマー・ブルワリー」を約697億円で買収
*キヤノン/川崎市に新社屋を建設。研究開発や購買部門などを集結、監視カメラの事業拠点に
*シャープ/台湾「鴻海精密工業」と液晶事業で提携交渉。液晶パネル事業の売却を検討、「ジャパンディスプレイ」と交渉へ
*都心再開発/「三菱地所」が含み益2兆円超に。東京駅前に400メートル級ビルを建設へ
*花ビジネス/ベトナム産キクが1本29円で日本産の半額。マレーシアや中国産の3~4割安
*スターバックス/日本でボトル缶コーヒーに参入。出店余地が減り販路を拡大
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「栃木県日光市の斎藤文夫市長」だったら、増え続ける外国人旅行者へ向け、どういった町づくりを行うか?
*育児支援/厚生労働省が特定支出控除の対象にベビーシッター費用を追加。安倍政権の仕事と子育て両立支援を後押し
*家事代行サービス/外国人雇用の家事代行で「ダスキン」などが参入。国家戦略特区の大阪、神奈川で年内に解禁
*原発再稼働問題/「九州電力」が川内原発1号機で出力引き上げを再開。9月10日から営業運転の計画
*原子力行政/田中・原子力規制委員長が新潟県・泉田知事と初会談。勧告権行使要請に対して消極姿勢
*維新の党/橋下、松井氏が維新離党を表明。11月の大阪府知事選・市長選に専念、大阪で国政政党を結成へ
*次世代の党/松沢成文幹事長が平沼党首に離党届を提出。中山恭子参議院会長が無投票で新党首に選出へ
*米国大統領選/共和党候補のトランプ氏が躍進。バイデン副大統領が民主党指名争いに出馬の観測
*日中関係/中国政府の天皇謝罪要求をめぐり日本政府が陛下に著しく礼を失している抗議
*チベット情勢/中国・習主席がダライ・ラマ14世提唱の真の自治を受け入れない姿勢
*アジア投資銀行/初代総裁候補に元中国財政次官の金立群氏を選出。年内に開く第1回総会で正式決定
*ロシア天然ガス/トルコ経由の欧州ルートは権益めぐり交渉が難航。国営「ガスプロム」苦境深まる
*タタ・グループ/買収の「ジャガー・ランドローバー」が過去最多の販売台数。「コーラス」は不振
*石油サービス大手/米「シュルンベルジェ」が米「キャメロン」を約1兆7700億円で買収
*地熱発電/インドネシア、フィリピンなど東南アジアの島国で開発が加速。「伊藤忠商事」など日本企業も参画
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#790
0.0: 17.0: 17 中国金融政策
0.0: 18.0: 38 中国株式市場
0.0: 19.0: 9 上海総合指数の推移
0.0: 24.0: 52 国内株式市場
0.0: 26.0: 42 日経平均の推移
0.0: 27.0: 32 “ブラックマンデー”による主要市場の株価下落率
0.0: 28.0: 27 異次元金融緩和
0.0: 28.0: 49 主要機関の国債保有状況
0.0: 30.0: 5 日米中央銀行の資産残高の推移
0.0: 30.0: 49 国内生保業界
0.0: 31.0: 31 主な生保の業績
0.0: 32.0: 42 消費支出
0.0: 35.0: 41 アベノミクス
0.0: 38.0: 33 北海道観光
0.0: 40.0: 59 北海道の観光入込数の推移
0.0: 41.0: 2 道外から北海道への観光客数の推移
0.0: 42.0: 4 北陸新幹線
0.0: 45.0: 44 海外M&A
0.0: 46.0: 28 最近の大型M&A案件の事例
0.0: 47.0: 36 三菱電機
0.0: 49.0: 29 キリンHD
0.0: 50.0: 14 2014年ビール生産量上位国の生産量増減比
0.0: 50.0: 29 酒類・飲料大手の主な海外投資事例
0.0: 51.0: 36 キヤノン
0.0: 52.0: 49 シャープ
0.0: 54.0: 5 シャープのセグメント別の業績
0.0: 56.0: 7 都心再開発
0.0: 56.0: 44 賃貸不動産の含み益が大きい企業
0.0: 58.0: 31 花ビジネス
0.0: 59.0: 42 スターバックス
1.0: 2.0: 32 RTOCS
1.0: 3.0: 14 日光市の概要
1.0: 4.0: 18 日光市の観光入込客数の推移
1.0: 4.0: 32 日光市の宿泊者数推移
1.0: 4.0: 55 日本の世界遺産一覧
1.0: 5.0: 16 東京から日光へのアクセス
1.0: 6.0: 35 世界遺産を持つ自治体の観光入込客および宿泊者数
1.0: 7.0: 11 東京近郊の競合となる神社仏閣と年間訪問者数
1.0: 9.0: 21 都道府県別外国人延べ宿泊者数
1.0: 9.0: 42 日光市の現状と課題
1.0: 11.0: 21 日光市の方向性(案)
1.0: 17.0: 50 鬼怒川再開発事業の株式会社化(案)
1.0: 20.0: 5 ホテルオークラ
1.0: 20.0: 40 ホテルオークラ東京のロビー
1.0: 35.0: 8 育児支援
1.0: 35.0: 43 主要国の家族関係社会支出の対GDP比
1.0: 36.0: 15 主要国の合計特殊出生率の推移
1.0: 36.0: 46 家事代行サービス
1.0: 38.0: 58 原発再稼働問題
1.0: 40.0: 57 原子力行政
1.0: 46.0: 18 維新の党
1.0: 47.0: 32 次世代の党
1.0: 48.0: 2 米大統領選
1.0: 51.0: 25 日中関係
1.0: 53.0: 10 チベット情勢
1.0: 55.0: 15 中国と周辺地域の関係
1.0: 56.0: 33 アジア投資銀行
1.0: 56.0: 59 ロシア天然ガス
1.0: 57.0: 18 ロシア経済に占めるガス・燃料輸出の重要性
1.0: 57.0: 39 タタ・グループ
1.0: 58.0: 22 石油サービス大手
1.0: 58.0: 28 主な石油開発関連会社の売上高
1.0: 59.0: 2 地熱発電
1.0: 59.0: 18 各国の地熱資源量と地熱発電導入量
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)