ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 787

< 経 済> 上海株急落、8.5%安 8年ぶり下落率、株価対策の縮小警戒
<国際情勢>英仏海峡トンネルに移民2千人が侵入図る 負傷者も
<ビジネス>サントリーが上場検討 18年にも、金融機関と協議へ


概要:
*内閣支持率/新聞主要各紙の世論調査で不支持が支持を逆転。政党別では自民
*安保関連法案/参院本会議で安保関連法案が審議入り
*TPP/12カ国閣僚会合で新薬と乳製品で対立が解けず合意を見送り
*米国盗聴問題/ウィキリークスが日本政府盗聴の関連文書を公開。WTO、地球温暖化、原子力政策関連など
*北朝鮮拉致問題/拉致問題解決へ水面下の交渉が活発化。8~9月にサプライズ進展も
*改正公職選挙法/参院本会議で自民、維新などの賛成多数で可決、成立。2合区などで定数を10増10減
*道州制/自民・道州制推進本部が道州制特区推進法の改正を検討。合併などの要件を緩和
*欧州移民問題/仏側から英入国めざし、英仏海峡トンネルに移民2000人が侵入図る
*トルコ情勢/NATO緊急理事会でトルコがイスラム国拠点など空爆で経緯を説明
*ギリシャ情勢/ギリシャ財政改革法案は農家を装う脱税対策が抜け落ちに
*フィリピン大統領選挙/アキノ大統領が後継にロハス内務・自治相を指名
*飛び地問題/英領独立から68年間、インドとバングラデシュが飛び地162カ所を領土交換
*上海株式市場/27日の上海総合指数が前週末比8.48%安で約8年5カ月ぶりの下落率に
*マイクロソフト/2015年4-6月期決算は約4000億円の赤字に。ノキア携帯事業の大幅なリストラと減損処理が響く
*自動車向け地図サービス/独「アウディ」「ダイムラー」「BMW」がノキア「HERE」を買収へ
*欧州通信大手/欧州委員会が「ノキア」の仏「アルカテル」買収を承認
*エレクトロラックス/北米家電部門の売上高が4ー6月に前年同期比で4割増に
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「Fast Fitness Japanの加藤薫CEO」だったら、2020年度末に国内500店舗の目標をどのようにして達成するか?
*自動運転車/自動車ハッキングで米欧が対策に着手。「FCAUS」(旧クライスラー)が米国内で140万台リコール
*ゼネラル・モーターズ/インドに約1250億円を投資。現在2%の乗用車シェアを2020年までに倍増へ
*半導体大手/米「クアルコム」が従業員全体の15%、4700人削減へ。台湾「メディアテック」の4-6月期連結決算は純利益が前年同期比49%減少
*アマゾン・ドット・コム/第2四半期決算は純利益が約113億円に。「AWS」が好調で黒字転換。時価総額で「ウォルマート」を抜き小売りで世界首位に
*中国アリババ集団/大企業のクラウド顧客を3年以内に2000社へ。毎年約200億円投じ国内外でクラウドインフラを増強
*ウーバー/書類、荷物、食品の配送仲介を開始。ヒト・モノ輸送仲介のインフラ企業に
*後発医薬品大手/「テバ・ファーマ」が米「アラガン」の後発薬事業を約5兆円で買収
*ロッテグループ/重光宏之氏が昭夫氏ら取締役に解任通告。武雄氏から代表権を外す人事などお家騒動
*三菱重工業/米サンオノフレ原発の主要装置破損で「サザン・カリフォルニア」社などが約9300億円の損害賠償を請求
*ベトナム原発建設/日本政府が「三菱重工業」と仏「アレバ」連合の新型炉を推奨。原発2基で総事業費が1兆円規模
*福島第一原発事故/東京第5検察審査会で東電旧経営陣3人を起訴すべきと強制起訴へ
*東芝会計問題/「新日本監査法人」が関係書類の精査など内部検証チーム立ち上げ
*シャープ/薄膜太陽電池の生産を停止へ。発電効率高い太陽電池に集中し、住宅向けを強化
*伊藤忠商事/中国「波司登」(ボシデン)への出資案件は株主総会で否決。「CITIC」との初協業も再考迫られる
*住友商事/豪クイーンズランド州のアイザック・プレーンズ炭鉱を豪「スタンモア・コール」に約90円で売却
*サントリーHD/株式上場を検討。米ビーム買収で有利子負債膨らむ
*国内石油大手/「出光興産」と「昭和シェル」が経営統合で合意。連結売上高が約7兆6000億円で 「JX HD」に迫る
*国内小売大手/「セブン&アイHD」と「ファーストリテーリング」が幅広い分野で業務提携
*世界遺産/2017年登録めざす候補に宗像・沖ノ島と関連遺産群。沖ノ島の観光資源化は無理との報道
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 大前ライブ#787
00: 17: 50 内閣支持率
00: 18: 16 第2次安倍政権発足以来の各種支持率の推移
00: 18: 34 参考:日経世論調査の回答者属性
00: 19: 51 安保関連法案
00: 22: 47 TPP
00: 25: 57 米盗聴問題
00: 29: 03 北朝鮮拉致問題
00: 31: 18 改正公職選挙法
00: 34: 10 道州制
00: 37: 00 欧州移民問題
00: 39: 14 トルコ情勢
00: 40: 04 トルコ総選挙の結果
00: 41: 56 ギリシャ情勢
00: 42: 51 OECD各国の地下経済が占める割合の推計
00: 45: 53 フィリピン大統領選
00: 47: 15 東南アジア主要国のGDP成長率の推移
00: 47: 22 フィリピンへの送金額と一人当たりGDPの推移
00: 49: 42 飛び地問題
00: 51: 59 インドの西ベンガル州とバングラディシュのラジシャヒ管区に点在する飛び地
00: 52: 30 上海株式市場
00: 53: 19 上海総合指数の推移
00: 56: 34 米マイクロソフト
00: 57: 14 マイクロソフトの業績推移
00: 58: 24 自動車向け地図サービス
00: 59: 39 欧州通信大手
01: 01: 04 エレクトロラックス
01: 03: 12 RTOCS
01: 04: 03 Fast Fitness Japan社概要
01: 04: 56 世界フィットネスクラブの店舗数、会員数ランキング
01: 05: 27 世界フィットネスクラブの売上高ランキング
01: 05: 54 Anytime Fitnessの店舗数推移
01: 06: 10 【参考】国内におけるAnytime Fitnessの店舗数推移
01: 06: 20 国内フィットネスクラブの市場規模と業界略史
01: 06: 43 国内フィットネスクラブの新規出店数
01: 06: 49 フィットネスクラブの業態別ターゲット層
01: 07: 45 Anytime Fitnessの利用者属性
01: 07: 54 「24時間フィットネス」と「総合フィットネス」の違い
01: 08: 52 Anytime Fitnessの初期投資額の内訳
01: 09: 01 Anytime Fitnessの月間収支モデル
01: 09: 30 国内の「24時間フィットネス」参入動向
01: 10: 10 【参考】カーブスの国内店舗数の推移
01: 10: 22 First Fitness Japanの方向性(案)
01: 21: 41 自動運転車
01: 23: 27 米ゼネラル・モーターズ
01: 23: 53 インドにおける新車販売愛数シェア
01: 24: 49 半導体大手
01: 25: 48 クアルコムの業績推移
01: 25: 59 メディアテックの業績推移
01: 26: 25 米アマゾン・ドットコム
01: 27: 36 アマゾンドットコムの業績推移
01: 28: 16 時価総額上位の米企業
01: 29: 09 中国アリババ集団
01: 31: 19 米ウーバー
01: 33: 09 後発医薬品大手
01: 33: 54 ジェネリック医薬品メーカーの売上高
01: 35: 30 ロッテグループ
01: 39: 40 三菱重工業
01: 41: 36 ベトナム原発建設
01: 42: 29 福島第一原発事故
01: 49: 08 東芝会計問題
01: 50: 01 シャープ
01: 50: 28 シャープのセグメント別の業績
01: 51: 36 伊藤忠商事
01: 52: 20 住友商事
01: 52: 40 豪州産石炭価格の推移
01: 53: 39 サントリーHD
01: 55: 11 国内石油大手
01: 56: 25 国内石油元売り会社の状況
01: 57: 04 国内小売大手
01: 58: 46 世界遺産
01: 59: 28 沖ノ島周辺図
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)