ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 784

<国際情勢>ギリシャ「緊縮反対」多数 国民投票、6割獲得 首相、EUと再交渉へ
<ビジネス> 東芝、損失計上を意図的に先送り 第三者委が把握
< 政 治 > 「関西維新」構想に言及=橋下氏


概要:
*世界遺産/ユネスコが明治日本の産業革命遺産を世界遺産に登録。3年連続で国内19件目
*中国ガス田開発/2013年以降、東シナ海中間線付近で建設拡大。中谷防衛相が軍事拠点化の可能性に言及
*尖閣諸島問題/政府と沖縄県石垣市が日本の領土と認識の文書を公開へ。沖縄県八重山郡尖閣列島と明記
*上海協力機構/ウファ宣言を採択し閉幕。SCOはロシア、中国、中央アジア4カ国で構成
*普天間基地問題/沖縄県・翁長知事が辺野古埋め立て承認を取り消す可能性で米政府が日本政府に懸念
*安保法制/岸田外相が後方支援時の拘束は捕虜に当たらずと発言
*北朝鮮拉致問題/北朝鮮の再調査開始から1年。日本政府は迅速な報告求める一方、制裁強化は見送り
*関西維新の会/維新の党・橋下氏が大阪維新の会と近畿圏の維新の党議員を集めローカル政党設立を提唱
*大阪カジノ構想/大阪府、市、経済界が観光局の事業運営めぐり協議。夢洲に誘致めざす統合型リゾート計画
*人口動態調査/日本の人口1億2616万人。前年比27万人減で過去最大の減少幅
*国民生活調査/生活は苦しいが62.4%で過去最多。夏のボーナスでアベノミクス効果は感じないは74.1%
*国内株式市場/2015年1ー6月の日銀の株式購入額は1兆6737億円で外国人に次ぐ買い手に
*海外投融資/邦銀の海外投融資残高が約410兆円に。前年比5%増で6年連続で過去最高
*東京国際金融センター構想/東京都・舛添知事がロードメイヤー設置を提案。大手町から兜町を東京ファイナンシャルストリートに
*出入国審査/政府が全国主要空港に顔認識システムを導入へ。日本人審査を原則無人化
*高速道路料金/国土交通省の試算では完全ETC化でコスト3000億円削減が可能に
*福島第一原発/「東京電力」の損害賠償総額が7兆円見通し。除染費用などが膨らみ4月見積から1兆円増加
*スマートメーター/経済産業省が電力会社にサイバー対策促す。指針策定、外部専門機関の審査求める
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「スズキの鈴木俊宏社長」だったら、父親から継いだ会社を今後どのように成長させるか?
*東芝会計問題/主力行に5000億~6000億円の融資枠を打診。米「WH」株の売却も検討
*パナソニック/エネルギー収支ゼロ住宅を発売。個人向け中古住宅の仲介事業も展開
*国内自動車販売/輸入車販売で独「メルセデス・ベンツ」が16年ぶり首位に。国内新車販売ではトヨタのアクアが首位
*ビックカメラ/2014年9月ー15年5月の連結営業利益は前年同期比で約2割減少の135億円に
*ヤフー/宿泊予約システム「ダイナテック」を20億円で買収。宿泊施設からの手数料抑え割安プランを提供
*R25/フリーマガジンが休刊へ。web R25とブランド統合でデジタルメディアに
*テイクアウト/異常に持ち帰りが多くなった天丼店の真実。赤羽駅周辺の放置自転車問題が要因
*ギリシャ情勢/ユーロ圏財務相会議でギリシャ金融支援の判断を持ち越しにドイツは一時的にユーロ離脱を提案
*上海株式市場/8日の上海総合指数が前日比5.9%安の大幅続落。9日は当局の対策受け2009年以来の大幅高に
*米サイバー攻撃/人事管理局で2150万人の個人情報が盗まれる。中国ハッカーの犯行との見方
*イラン核開発問題/米英ロなど6カ国協議でイラン経済制裁の解除方法、軍事施設の査察めぐり対立
*マレーシア情勢/マレーシア当局がナジブ首相の送金疑惑で関連6口座を凍結
*コロンビア情勢/犯罪都市から南米のシリコンバレーへ。「フェイスブック」「グーグル」など相次ぎ首都ボゴタに進出
*豪州経済/中国景気減速で鉄鉱石、石炭など主力輸出品の相場が急落
*世界商品・サービスシェア/50品目中9品目で日本企業が世界首位に
*ゼネラル・エレクトリック/「NTTドコモ」と日本でIoT事業を展開へ
*中国新車販売/6月の新車販売は前年同月比2.3%減の180万3100台に
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前研一ライブ #784
0.0: 15.0: 38 世界遺産
0.0: 16.0: 16 国家総動員法と国民徴用令
0.0: 19.0: 13 日韓基本条約
0.0: 21.0: 37 中国ガス田開発
0.0: 22.0: 17 中国が開発を進めているとされるガス田
0.0: 26.0: 16 尖閣諸島問題
0.0: 26.0: 51 尖閣諸島を日本領と認める記述がある中国漁民救助への中国領事館からの感謝状
0.0: 29.0: 19 上海協力機構
0.0: 30.0: 20 結党から中華人民共和国建国までの中国共産党の主な動向
0.0: 33.0: 42 普天間基地問題
0.0: 36.0: 37 安保法制
0.0: 43.0: 3 北朝鮮拉致問題
0.0: 45.0: 8 関西維新の会
0.0: 47.0: 26 大阪カジノ構想
0.0: 50.0: 2 人口動態調査
0.0: 50.0: 28 住民基本台帳人口の対前年増減数の推移
0.0: 50.0: 50 国民生活調査
0.0: 51.0: 42 各世帯の平均所得額の推移
0.0: 51.0: 53 世帯の生活意識の推移
0.0: 53.0: 51 国内株式市場
0.0: 54.0: 54 日銀のETF保有残高の推移
0.0: 56.0: 35 海外投融資
0.0: 58.0: 16 東京国際金融センター構想
0.0: 59.0: 17 英シティの「ロードメイヤー」
1.0: 1.0: 8 出入国審査
1.0: 2.0: 52 高速道路料金
1.0: 4.0: 38 ETCの利用率の推移
1.0: 6.0: 4 福島第一原発
1.0: 8.0: 12 スマートメーター
1.0: 9.0: 52 RTOCS
1.0: 10.0: 30 スズキ
1.0: 11.0: 31 世界自動車メーカーの販売台数ランキング
1.0: 11.0: 53 主要自動車メーカーの資本・提携関係
1.0: 12.0: 46 スズキの株主構成
1.0: 13.0: 32 スズキの業績推移
1.0: 13.0: 38 スズキの事業別売上高
1.0: 13.0: 53 スズキの地域別売上高
1.0: 14.0: 2 スズキの国・地域別の四輪車販売台数
1.0: 14.0: 24 スズキの主力市場における自動車販売シェア①
1.0: 14.0: 40 スズキの主力市場における自動車販売シェア②
1.0: 15.0: 0 【参考】ハンガリーの自動車販売シェア
1.0: 15.0: 36 スズキの主力市場における自動車販売シェア③
1.0: 15.0: 57 スズキの主力市場における自動車販売シェア④
1.0: 16.0: 9 スズキの現状と課題
1.0: 17.0: 5 スズキの方向性(案)
1.0: 17.0: 35 鈴木俊宏社長なら
1.0: 24.0: 28 渋谷高層ビル
1.0: 24.0: 48 渋谷で建設予定の展望施設とバンヤンツリー・バンコクの屋上バー
1.0: 26.0: 13 ウィッスラーの山火事
1.0: 32.0: 17 東芝会計問題
1.0: 34.0: 47 パナソニック
1.0: 35.0: 19 パナソニックのセグメント別業績
1.0: 36.0: 8 国内自動車販売
1.0: 36.0: 41 輸入自動車の新規登録台数
1.0: 37.0: 40 ブランド別新車販売台数
1.0: 37.0: 59 ビックカメラ
1.0: 38.0: 30 主な家電量販店の業績
1.0: 38.0: 50 ヤフー
1.0: 40.0: 13 R25
1.0: 40.0: 49 テイクアウト
1.0: 44.0: 1 ギリシャ情勢
1.0: 45.0: 35 ギリシャの公的債務の内訳
1.0: 45.0: 46 ギリシャの主な輸出品目
1.0: 45.0: 53 欧州主要国の一人当たりGDP
1.0: 47.0: 47 上海株式市場
1.0: 48.0: 30 上海総合指数の推移
1.0: 50.0: 43 米サイバー攻撃
1.0: 51.0: 36 米国へのサイバー攻撃の事例
1.0: 51.0: 45 米国のサイバー空間作戦戦略で主張されている攻撃への認識
1.0: 52.0: 8 イラン核開発問題
1.0: 53.0: 4 マレーシア情勢
1.0: 54.0: 19 米株式市場
1.0: 54.0: 59 コロンビア情勢
1.0: 56.0: 18 豪州経済
1.0: 56.0: 38 豪州の輸出品・サービス
1.0: 56.0: 56 世界商品・サービスシェア
1.0: 57.0: 27 国別の主要商品世界シェア1位企業-1
1.0: 57.0: 33 国別の主要商品世界シェア1位企業-2
1.0: 57.0: 49 米ゼネラル・エレクトリック
1.0: 58.0: 44 中国新車販売
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)