ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】大前研一ライブ > 大前研一ライブ 772

< 経 済 > 再生エネ、原発上回る 電源構成、30年に23~25% 経産省案 原発は21~22%
<国際情勢>中国人、豪不動産「爆買い」 課税強化も焼け石に水
<ビジネス> シェル、英BGを8.4兆円で買収 首位エクソンに迫る


概要:
*両陛下パラオ訪問/天皇、皇后両陛下が太平洋戦争の激戦地、ペリリュー島で日米の慰霊碑に供花
*フィリップス/自動車用照明とLED照明部品の2事業を投資ファンドに約3360億円で売却
*GEヘルスケア・ジャパン/MRIの新製品を発売。米GEは不動産3兆円を売却し脱金融で製造業への回帰を加速
*テスラ・モーターズ/2015年1-3月の世界出荷台数が1万30台。前年同期比55%増、四半期決算で過去最高に
*BMWグループ・ジャパン/「アマゾン」でBMW i3(価格499万円)の新車販売を開始
*仏ルノー/フランス政府がルノー株の買い増しを発表。約1600億円投じ保有比率を19.74%に引き上げ
*フェデックス/「TNTエクスプレス」を約5700億円で買収。欧州の小口輸送網を取り込み「ドイツポスト」「USP」を追い上げ
*原油価格/4月6日のNY市場で1バレル52.14ドルで2カ月ぶりに高値圏
*ロイヤル・ダッチ・シェル/英「BGグループ」を約8兆4000億円で買収。原油・ガスの生産で米「エクソンモービル」に迫る
*英国陸上油田/南部ロンドン郊外のガトウィック空港近くで埋蔵量最大1000億バレルの油田を発見
*韓国サムスン電子/「NTTドコモ」と「KDDI」から新型ギャラクシーS6を発売。日本でシェアが半減。世界でもシェアが縮小
*韓国取締役報酬/「サムスン電子」申社長が約15億円で最高額。一般職員と天地の年棒格差
*中国・小米/4月8日の販促イベント効果で1日でスマホを211万台売り上げ。24時間に売ったスマホの台数でギネス認定
*世界アパレル大手/ZARAなどの「インディテックス」と「H&M」の2強が出店を加速
*朝日新聞/新聞の偽装部数が200万部と社内資料で判明。実売は10年で3割減の510万部
*日米防衛協力/日米政府がガイドライン再改定へ2プラス2開催を決定
*辺野古移設問題/小泉政権時にグアム移転計画で米海兵隊に辺野古を提案
*JA全中/万歳章会長が任期途中の8月で辞任。新しい全中のための前向きな辞任も安倍政権との手打ち色
*電源構成/経済産業省がベストミックスの原発比率を21-22%で調整。太陽光など再生可能エネルギーは23-25%
*財政健全化策/安倍官邸への不信を隠さなくなった黒田日銀総裁。財政健全化めぐり安倍首相と対立
*アシックス/東京五輪・パラリンピックの最高位、ゴールドパートナーのスポンサー契約
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「沖縄県の翁長雄志 知事」だったら、活用が伸びない経済特区に対しどのような打ち手を行うか?
*国内株式市場/4月10日の株式相場で日経平均が一時2万6円に。円安と企業統治改革で緩和マネーが集まり2年半で2.3倍に
*中国人訪日客/3月-4月に約35万人が来日。2月の春節と同水準で通年化の兆し
*豪住宅市場/中国人が豪不動産を爆買い。住宅着工件数が移民流入などによる世帯増を下回る
*大腸がん検査薬/「栄研化学」が2016年度上半期に薬局などで1000円程度で販売へ
*社長輩出率/都道府県別で徳島県出身社長が初のトップ。2位は山形、3位に香川
*米キューバ関係/米オバマ大統領とキューバ・カストロ議長がパナマで59年ぶりの首脳会談
*ウクライナ情勢/ポロシェンコ大統領が親ロ派の要求を退ける意向。国内支持低下に危機感
*グリーンランド情勢/キールセン首相がデンマークからの独立を強く希望。外資活用し資源開発、経済力高める考え
*ギリシャ財政/9日期限の返済が一時危ぶまれ、ギリシャ政府がIMFに約580億円返済
*仏極右政党・国民戦線/前党首のジャンマリ・ルペン名誉党首に三女の現党首マリーヌ・ルペン氏が反発
*仏印関係/仏オランド大統領と印モディ首相が会談。インドに最新鋭原発建設へ技術協力
*韓国不正資金疑惑/朴大統領周辺で不正資金疑惑。事実なら韓国政治史最大の腐敗スキャンダルに
*フィリピン経済/出稼ぎ労働者の送金額が約2兆9200億円でGDPの1割に相当
*マレーシア情勢/国営不動産の資金繰りが悪化。マハティール元首相がナジブ首相の退陣求め声明
*中国賃金/2015年最低賃金トップは深セン市で前年比12.3%増の約3万9000円に
*エアアジア/「エアアジア・ジャパン」設立で2015年中の国内再就航めざし、「スカイマーク」とスポンサー契約で本格交渉
*IHI/ブラジル海洋事業のアトランチコスル造船所の財政悪化でで90億円の特別損失を計上
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#772
0.0: 19.0: 5 両陛下パラオ訪問
0.0: 19.0: 34 パラオ共和国概要
0.0: 25.0: 57 【再掲】パナソニックヘルスケアHD
0.0: 28.0: 0 フィリップス
0.0: 28.0: 23 フィリップスのセグメント別業績
0.0: 30.0: 4 GEヘルスケア・ジャパン
0.0: 31.0: 54 GEのセグメント別業績
0.0: 33.0: 56 米テスラ・モータース
0.0: 35.0: 11 BMWグループ・ジャパン
0.0: 37.0: 23 仏ルノー
0.0: 37.0: 57 ルノーと日産の大株主の状況
0.0: 39.0: 48 中国自動車大手
0.0: 40.0: 52 米フェデックス
0.0: 42.0: 33 原油価格
0.0: 43.0: 2 原油価格・WTI先物の推移
0.0: 44.0: 58 ロイヤル・ダッチ・シェル
0.0: 45.0: 27 欧米メジャーの原油・天然ガス生産量と時価総額
0.0: 47.0: 3 英陸上油田
0.0: 48.0: 5 英国の原油生産量の推移
0.0: 49.0: 26 韓国サムスン電子
0.0: 50.0: 37 韓国取締報酬
0.0: 51.0: 58 中国・小米
0.0: 52.0: 43 香港・亜州電視
0.0: 53.0: 48 米水不足
0.0: 55.0: 59 世界アパレル大手
0.0: 57.0: 25 朝日新聞
0.0: 59.0: 52 日米防衛能力
1.0: 1.0: 52 辺野古移設問題
1.0: 6.0: 57 JA全中
1.0: 7.0: 25 農協数の推移
1.0: 8.0: 27 電源構成
1.0: 8.0: 52 電源別発電電力量構成比の推移
1.0: 13.0: 13 財政健全化策
1.0: 14.0: 48 アシックス
1.0: 17.0: 34 RTOCS
1.0: 18.0: 13 沖縄振興計画のあゆみ
1.0: 18.0: 29 沖縄経済特区・地域の概要
1.0: 18.0: 49 【参考】経済特区・地域の実績
1.0: 19.0: 35 「特区」における税制優遇特例の認定状況
1.0: 19.0: 49 これまでの「沖縄経済特区構想」の考え方
1.0: 20.0: 45 これからの「沖縄経済特区構想」の基本方針案
1.0: 21.0: 55 【案①】医療・介護サービスの自由化案
1.0: 22.0: 29 【案②】教育サービスの自由化案
1.0: 23.0: 3 【案③】関税撤廃案
1.0: 23.0: 20 【案④】住宅・住設機器の輸入自由化案
1.0: 24.0: 5 【案④】住宅・住設機器の輸入自由化案
1.0: 24.0: 25 【案⑤】米軍基地の返却跡地の活用案
1.0: 26.0: 4 沖縄経済特区構想まとめ
1.0: 29.0: 42 苗字の由来
1.0: 34.0: 0 国内株式市場
1.0: 34.0: 21 日経平均の推移
1.0: 35.0: 54 中国人訪日客
1.0: 38.0: 29 豪住宅市場
1.0: 40.0: 10 大腸がん検査薬
1.0: 41.0: 17 社長輩出率
1.0: 42.0: 9 米キューバ関係
1.0: 42.0: 40 キューバ概要
1.0: 44.0: 17 ウクライナ情勢
1.0: 46.0: 2 主要国のソブリン(外貨建て長期債)格付け
1.0: 46.0: 35 グリーンランド情勢
1.0: 47.0: 1 グリーンランド概要
1.0: 47.0: 58 ギリシャ財政
1.0: 49.0: 7 仏極右政党・国民戦線
1.0: 50.0: 38 仏印関係
1.0: 51.0: 43 韓国不正資金疑惑
1.0: 53.0: 40 フィリピン経済
1.0: 54.0: 8 フィリピンへの送金額と一人当たりGDPの推移
1.0: 54.0: 20 フィリピンの失業率*の推移
1.0: 54.0: 53 マレーシア情勢
1.0: 56.0: 4 中国賃金
1.0: 56.0: 26 アジア主要都市製造ワーカーの平均賃金
1.0: 56.0: 52 エアアジア
1.0: 57.0: 11 IHI
1.0: 57.0: 45 東洋エンジニアリング
1.0: 57.0: 52 主なエンジニアリング会社の業績推移
1.0: 58.0: 14 MRJ
1.0: 58.0: 42 コンビニ宅配サービス
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)