ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】経営者ライブ > 経営者ライブ 132

NVIDIA
ゲスト:大崎真孝氏(エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長)
講師:内田和成


概要:
エヌビディアは、AI(人工知能)コンピューティングカンパニーとして、ゲーミングや自動走行車等の専用プラットフォームを開発している。本社はアメリカにあり、日本の代表兼米国本社副社長を務めているのが、ゲストの大崎真考氏だ。前職時代にダラスで各種のマネジメントに従事、帰国して社会人学生となり、MBA(経営学修士)を取得した。転職後、トップになった今もなお「学び続けること」が生き方の基軸だという。本講座でエヌビディアの最先端事業や経営者の心構え、併せて、大崎氏独自のルーティンも伺う。
現在、自動車業界では、完全自動運転と呼ばれる「レベル4」の実装実験が行われている。車の各所に設置したセンサーから状況を一気に認知、限りなく人間に近い処理をするシステムには、エヌビディアのGPU(半導体チップ)が使われている。AIのディープラーニング(深層学習)を担う同社のGPUは、車以外にも、工場ロボット、医療の読影診断等、活用の場が広がってきた。AIを組み込むと、例えば個別の車や工場ロボットから上がったデータをスパコン(スーパーコンピュータ)が集積して学習、知見をアップデートさせ、また車やロボットに情報を戻す。使えば使うほど精度が上がっていく仕組みだ。このシステムをエヌビディアはアプリケーションソフトを含めて提供しているので、全社員、約1万1千人のうち9割がエンジニア構成だという。今後もソフトを含めたプラットフォームの標準となるよう開発を進め、技術の力で社会の問題を解決していくつもりだ。

会社の組織は、プロジェクトごと有機的に動かす体制を取っている。AIが多方面に走っているので、体系的にも横串を通す必要があるからだ。必然的に社内はモバイルオフィスとなり、リーダーの席も決まってはいない。組織を見回していると、時にはメンタル的に追い込まれることもあるが、大崎氏は自分流ルーティンでリセットしている。まずは寝る前に座禅を組んで頭の中を整理し、週末はランニングで汗をかく。出勤したらPCを開く前にノートを広げて思うことをつづり、その日のタスクを書く。ビジネスマンとして、体と心をヘルシーに保たなければモチベーションは上がってこない。リーダーの立場から視聴者へ送るアドバイスは、毎日の仕事に集中できるよう、自分なりの工夫で体力を維持することと、絶えず学び続けてほしいとのこと。大崎氏も学び途中であり、まだ中途半端だと付け加えた。

講師は話を聞いて、人間味あふれたリーダーシップ性を強く感じた。会社に関しては、AIの力で、よりよい社会を目指す気持ちが強く表れていると感想を述べた。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 NVIDIA 大崎真孝(エヌビディア 日本代表 兼 米国本社副社長)
0.0: 1.0: 0 大崎 真孝
0.0: 11.0: 9 エヌビディアAI コンピューティングカンパニー
0.0: 13.0: 51 エヌビディアGPU の発明者
0.0: 15.0: 6 エヌビディア プラットフォーム
0.0: 16.0: 55 NVIDIA DRIVE - AI カープラットフォーム
0.0: 27.0: 27 FANUC 未来の工場構築に NVIDIA AI プラットフォームを選択
0.0: 29.0: 38 AI が革新するヘルスケア
0.0: 29.0: 46 AI プラットフォーム: CANCER Moonshot
0.0: 33.0: 45 成長の柱
講師紹介: 経営者ライブ(けいえいしゃらいぶ)
様々な企業の経営者をお招きし、お話を伺っていく番組です。BBTのレギュラー講師をはじめ、多彩な顔触れが、聞き手として各企業の経営の本質に鋭く迫ります。

『経営者ライブ』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:中山 裕子

Copyright(c)