ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】経営者ライブ > 経営者ライブ 128

BTジャパン
ゲスト:吉田晴乃氏(BTジャパン株式会社 代表取締役社長)
講師:内田和成


概要:
BT(British Telecom)グループは、1846年にイギリスで開設された世界最古の通信会社。世界最先端のコミュニケーション企業として、英国および170以上の国々にICTサービスソリューションを提供する。2016年3月時点で、従業員数約10万人、売上高237億UKポンド(約3兆8000億円)を誇る。
今回は、BTジャパンの吉田晴乃社長をお招きし、30歳で海外へ渡り複数の通信会社を経てトップに上り詰めた経緯、女性初の経団連役員就任への思いなどについてお話を伺う。
吉田晴乃氏は、1964年東京都生まれ、1988年に慶應義塾大学文学部を卒業した。卒後1年間の病気療養を経たため就職先探しに難渋するが、語学力を売りにして1990年にモトローラ日本法人に就職を果たす。同社が提案する、低軌道の周回衛星を77機使い全世界的な移動通信サービスを提供する「イリジウム」計画の立ち上げに参画した。壮大なスケールで夢のあるプロジェクトに関わったことで、自分が進むべき道は通信事業にあると悟る。
吉田氏は、バブル崩壊で閉塞感漂う日本を飛び出し世界に活路を見いだしたいと考えるようになり、1995年の結婚を機にパートナーの母国カナダに移住し、現地の通信会社に入社する。日本人コミュニティー向けの低料金電話サービスのプランを自ら構築・営業し、社長表彰を受賞するほど売り上げ増に貢献した。一定の成果に満足するとともに、カナダ市場より大きい米国市場を目指したいとの欲求が強くなり、1999年にシングルマザーで米国ニューヨークへ生活の場を移す。2000年に、当時アメリカ市場進出を始めていたNTTに自ら売り込んで入社するも、2001年9月11日のテロを目撃し、通信事業が社会インフラであることを強く意識し、帰国を決心する。幸いなことにNTTが日本での役職を用意してくれたので異動し、外国企業の日本進出を通信面でサポートする事業を担当した。
2008年には、自分のキャリアは自らのタイミングで築いていくべきだとの思いから、吉田氏はNTTを退社、米大手通信事業者のベライゾン・コミュニケーションズに転職し、日本法人の営業本部長を務める。さらなる活躍の場を求め、2012年にはBTジャパン株式会社代表取締役に就任、デジタル社会を実現させるCloud of Cloudsをビジョンに、IoTとその基盤を守るサイバーセキュリティー対策「Managed ICT Solution」の提案から構築を行う。2015年には経団連初の女性副議長に就任した。IT社会の女性実業家のパイオニアの一人として、後進が参考にできる事例を多く積み重ねるべく日々挑戦を続けている。
講師紹介: 経営者ライブ(けいえいしゃらいぶ)
様々な企業の経営者をお招きし、お話を伺っていく番組です。BBTのレギュラー講師をはじめ、多彩な顔触れが、聞き手として各企業の経営の本質に鋭く迫ります。

『経営者ライブ』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)