ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 605

ゼミナール 組織人事の世界観(1)~グローバル観、日本人観~
ゲスト:曽山哲人氏(株式会社サイバーエージェント 執行役員 人材開発本部長)
     鵜澤慎一郎氏(デロイトトーマツコンサルティング 執行役員 パートナー)


概要:
組織や人事には個人の世界観が反映されるため、狭い経験で勝手な持論を掲げると、マネジメントに影響を与えてしまう。特に経営者や人事の幹部は、さまざまな勉強や幅広いインプットをした上で健全な持論を持つべきである。そのベースを築くべく、近現代の社会科学や自然科学の名著を高橋氏が10冊選び、ゲストとともに議論する。
5回シリーズの第1回は、曽山哲人氏、鵜澤慎一郎氏を迎え、「グローバル観」「日本人観」について、それぞれに関する本を紹介。本を読んでから見ると、より理解が進むだろう。
グローバル観について、梅棹忠夫著『文明の生態史観』に学ぶ。梅棹氏は世界を「西洋と東洋」に分けるのではなく、西ヨーロッパと極東の日本という高度文明を持つ「第1地域」と、その中間に位置するロシア、中国、インド、トルコなどの「第2地域」に区分している。第1地域は封建制度から資本主義国家に発展しており、第2地域は封建制度が発達せず、移民の侵略などによる帝国の成立と崩壊、革命を繰り返す傾向がある。このように地域によって進化の仕方が根本的に違うという「生態史観」の考え方を提唱している。
日本は辺境の地であるため、侵略されずに安定した封建制度が続いた。変革の多い第2地域との民族性の違いを認めることがグローバル観においては重要だ。何でも均一化・標準化することへの警鐘も、この本から読み取れる。ITや交通の発達で地理的制約は緩和された現代だが、歴史的背景や行動圏の違いに配慮することを忘れてはならない。近年、ビジネスの主戦場であるアジアでは、第1地域の成功モデルは通用しないと心得よう。
日本人観について、崎谷満著『DNAでたどる日本人10万年の旅』に学ぶ。人類はアフリカに誕生した後、多様に分岐しながら世界に広がったことを、崎谷氏はDNAから分析し、日本人の系譜を探っている。さまざまな民族の戦いによって追われた人々が日本に入り込み、共存を繰り返した結果、わが国はDNA多型性が高い地域となった。国内でも地方によって顔立ちや言語の違いがあるのも、その名残だ。日本人は単一民族ではなく、多重民族を受け入れ、尊重し合ってきた歴史があり、多様性の蓄積こそが特徴といえるだろう。
自国の文化を理解して大切にしながら、積極的に共生することが日本の武器になる。昨今の日本企業はダイバーシティ・インクルージョンが課題となっているが、歴史的に見れば、本来はダイバーシティが得意な民族だといえよう。画一化が進む近代の日本で、古くから備える多様性を認識することが、成長の後押しになりそうだ。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ゼミナール 組織人事の世界観(1)~グローバル観、日本人観~
00: 01: 43 ゼミナール 組織人事の世界観(1)~グローバル観、日本人観~
00: 04: 28 ゼミナールの目的
00: 04: 49 テーマと課題図書
00: 07: 00 文明の生態史観の意味と革命の形(1)
00: 08: 09 文明の生態史観の意味と革命の形(2)
00: 12: 07 グローバル観「文明の生態史観」 曽山哲人氏()
00: 12: 08 グローバル観「文明の生態史観」 曽山哲人氏(2)
00: 14: 21 グローバル観「文明の生態史観」 曽山哲人氏(3)
00: 14: 22 グローバル観「文明の生態史観」 曽山哲人氏(4)
00: 17: 00 グローバル観「文明の生態史観」 鵜澤慎一郎氏(1)
00: 17: 02 グローバル観「文明の生態史観」 鵜澤慎一郎氏(2)
00: 18: 00 グローバル観「文明の生態史観」 鵜澤慎一郎氏(3)
00: 18: 01 グローバル観「文明の生態史観」 鵜澤慎一郎氏(4)
00: 25: 51 江戸幕末滞在記 若き海軍士官の見た日本(1)
00: 25: 52 江戸幕末滞在記 若き海軍士官の見た日本(2)
00: 32: 19 「DNAでたどる・・」と文明の生態史観(1)
00: 32: 21 「DNAでたどる・・」と文明の生態史観(2)
00: 39: 53 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 曽山哲人氏(1)
00: 41: 13 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 曽山哲人氏(2)
00: 41: 16 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 曽山哲人氏(3)
00: 43: 03 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 鵜澤慎一郎氏(1)
00: 43: 04 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 鵜澤慎一郎氏(2)
00: 44: 21 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 鵜澤慎一郎氏(3)
00: 44: 22 日本人観「DNAでたどる日本人10万年の旅」 鵜澤慎一郎氏(4)
00: 52: 27 文化と民族の形成と移動の関係(1)
00: 52: 30 文化と民族の形成と移動の関係(2)
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)