ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】組織人事ライブ > 組織人事ライブ 602

GEリーダー育成と人事のミッション最新事例
ゲスト:木下達夫氏(日本GE株式会社 人事部長)


概要:
航空機エンジン、医療機器、発電など多彩な分野を手掛け、世界最大の複合企業として知られる米国のゼネラル・エレクトリック(GE)は、さまざまな変化の中で生き残るためには自己改革が不可欠であるという信念を掲げている。
今回は日本GEで人事部長を務める木下氏をゲストに迎え、2014年に刷新された企業理念や、米国のクロトンビルにあるGEのリーダーシップ開発研究所での取り組みを紹介。人事における役割や、リーダー育成の最新動向に迫る。
いま製造業では、さまざまな変革が起きている。モノとインターネットをつないで新たなビジネスを構築するIoT(Internet of Things)をはじめ、3Dプリンターや新素材といった最先端の製造技術、他社や大学とクラウドソーシングで連携するオープンイノベーションなどが世界的に展開され、特に工業とデジタルを融合させる「インダストリアル・インターネット」は、今後ますます産業界に大きな影響を与えそうだ。
環境変化に伴い、GEは新たな企業風土を構築すべく、3本の柱に取り組んでいる。まず業務プロセスでは、最初から完成形をつくるのではなく、試作・フィードバック・改善を繰り返す「Fastworks」を実施。評価システムは従来の5段階評価ではなく、社員の成長促進を重視し、日々の業務や上司との対話が記録できるデジタルツールを取り入れた。昨年には社員30万人に向けた企業理念として「GE Beliefs」が導入され、「顧客に選ばれる存在であり続ける」「試すことで学び、勝利につなげる」など未来志向の考え方が掲げられた。社員が理念を自分事として理解し、腹落ちできるよう、日本GEでは社員から日本語訳を募集し、その中からパワフルな言葉を抽出して自国版を作成した。米国クロトンビルの研修所ではプレイフルネス(遊び心)をコンセプトに、チームで料理やアート制作に取り組みながら理念を体現させるなど、柔軟な発想やチャレンジ精神を大切にしているという。
昨年GEは人事ミッションについて「社員の心に火を付け、リーダーを育て、グローバル化を促進し、シンプルさを追求する」と再定義した。人事は他の社員よりも先進的な考え方を持ち、新しい取り組みを主導することが必要だと木下氏は語る。
これからの人事は、社員の腹落ちや理解を促すマーケター、組織に染まらず変革を起こすイノベーター、グローバル競争での人材育成を図るオリンピアン、組織を元気にしながら問題を予測・予防する医者など、多面的な役割が不可欠になるだろう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 GEリーダー育成と人事のミッション最新事例
00: 01: 10 木下達夫氏 プロファイル
00: 04: 52 GEリーダー育成と人事のミッション最新事例
00: 04: 58 今日の流れ
00: 05: 19 ”生き残れるのは、常に自己改革を続ける意思のある会社のみである”
00: 07: 12 Future of Work
00: 11: 06 イノベーションの歴史
00: 12: 38 インダストリアル・インターネットを構成するもの
00: 14: 59 GEソフトウェアセンター
00: 16: 28 新しいGE人事のミッション
00: 18: 00 企業文化をかえる3本の柱
00: 20: 58 GEクロトンビル研修所
00: 26: 09 価値観を変えて人を動かす
00: 30: 20 GE Beliefsを日本の社員が自分事にする、自分のアクションに落とし込む
00: 33: 41 社員からの日本語訳の公募
00: 38: 10 FastWorks
00: 40: 31 変化しないもの
00: 42: 19 人は行動とチャレンジを通じて成長する
00: 44: 37 オフィサー(副社長級)への昇進スピード
00: 46: 59 CEO候補者を急成長事業のグローバルリーダーに抜擢
00: 48: 45 日本GEでの次世代リーダー育成
00: 50: 17 目標管理プロセス 成長促進プロセス
00: 54: 01 GEの新しい評価ツール(スマホも対応)
00: 56: 03 これからの人事の役割(個人的な信条)
00: 58: 58 今日のまとめ
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)