ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】アントレプレナーライブ > アントレプレナーライブ 175

ベンチャー進化論 ~変化対応の経営力~
ゲスト:本郷秀之氏(スターティア株式会社 代表取締役社長兼CEO)


概要:
IT業界の変化は激しく、波に飲み込まれては消滅するベンチャー企業は多い。そんな中、時流のスピードに乗り、たくましく成長を続けている会社がある。
スターティア株式会社代表取締役社長の本郷秀之氏は、上京して就いた布団の訪問販売業で営業技術を磨き、1996年、その手腕を武器に独立、リーダーとして歩み出した。業界では珍しく男性、女性を分け隔てなく採用し、2003年以降、継続的に新卒採用も実施している。独自の企業文化を築き発展し続ける秘訣はどこにあるのか。本郷社長を招き、詳しく伺う。
日本の企業は約98%が中小企業だが、ワンストップでIT関連をサービスする企業は少ない。そこにビジネスチャンスを見いだしたのが、スターティアだ。自社製品と他社製品を組み合わせ、ネットワークやサーバー、保守等を顧客にとってベストな状態で提供する。次世代QRコードとして注目されているAR(拡張現実)作成ソフトは、2009年に設立した子会社「スターティアラボ」が集中して手掛ける。もう一つの子会社「クロスチェック」と共に、スピードがより速いコンテンツ事業に集中できるよう、あえてグループ化して独立させた。起業当時は電話産業の民営化というパラダイムシフトにいち早く目をつけ、布団営業で得た営業技術を武器に、どんどん契約数を増やしていった。その後、急成長をたどるIT業界にビジネス形態を合わせながら今に至る。「テレコムネット」という開業時の社名は、どんな時代、施策にもマッチするよう、2005年、社内公募で現社名に変更した。
順調に伸びていた事業だったが、2001年に売上が一度だけ落ちた。敏腕営業マンだった社長は結果のみを重視、人への目配りがおろそかになっていたのだ。取締役兼常務執行役員の古川征且氏は当時を「売上赤字で気がつけばオフィスはがらがら。ストイックな社長だけに、自らが課長名刺を携え営業に奔走していた」と語る。本郷氏はいま一度、起業の理念に立ち返り、各種規定の明文化等、人としての信頼を取り戻していった。2005年に東証マザーズ上場、中国を中心に、海外展開にも拍車が掛かる。最近では、岩手県滝沢市が官民一体となって企業誘致を行う「IPUイノベーションセンター」の第一号となった。2014年、東証一部に上場変更を果たす。
座右の銘は「努力できることが才能である。夢は大空へ、努力は足元に」、元プロ野球選手、松井秀喜氏の言葉であり、夢を持つことは大事だが、言葉だけではなく日々の努力が実現に導くということだ。海外展開や人材育成等、今後の進化に注目したいと講師は総評を述べた。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 ベンチャー進化論~変化対応の経営力~
0.0: 0.0: 55 ベンチャー進化論~変化対応の経営力~
0.0: 1.0: 45 スターティア株式会社 代表取締役社長 兼 最高経営責任者 本郷秀之(ほんごう ひでゆき)
0.0: 2.0: 32 スターティア株式会社
0.0: 3.0: 35 スターティアの企業理念
0.0: 4.0: 49 社名の由来
0.0: 8.0: 40 事業内容 中小企業向けのITソリューションビジネス
0.0: 11.0: 7 AR(拡張現実)作成ソフト「COCOAR」
0.0: 11.0: 35 COCOAR 採用事例
0.0: 14.0: 0 AR(拡張現実)作成ソフト「COCOAR」
0.0: 16.0: 45 成長の鍵
0.0: 24.0: 43 会社員時代
0.0: 26.0: 42 【再掲】成長の鍵
0.0: 29.0: 49 創業当時
0.0: 32.0: 49 従業員への福利厚生を強化
0.0: 33.0: 32 事業が軌道に乗り始める
0.0: 34.0: 29 毎年の新卒採用により企業文化が牽引されていく
0.0: 35.0: 5 2005年 東証マザーズ上場
0.0: 35.0: 11 2009年 子会社 スターティアラボを設立
0.0: 37.0: 27 2010年 売上の急落
0.0: 39.0: 52 継続的な成長のために事業の仕分けを実施
0.0: 40.0: 5 【再掲】2010年 売上の急落
0.0: 44.0: 4 2011年 海外展開の開始
0.0: 48.0: 20 2014年 東証一部に市場変更
0.0: 51.0: 58 2014年 岩手県滝沢市に拠点開設
0.0: 54.0: 10 2015年 コーポレートベンチャーキャピタル事業開始
0.0: 54.0: 48 継続的な成長のために従業員に投資
0.0: 55.0: 51 企業文化を支える様々な取組み
0.0: 56.0: 45 座右の銘
0.0: 57.0: 50 今後のスターティア
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学イノベーション研究センター特任教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)