ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
【HD】アントレプレナーライブ > アントレプレナーライブ 171

未来の働き方がやってきた
ゲスト:秋好陽介氏(ランサーズ株式会社 代表取締役CEO)


概要:
世界はインターネットを中心に、目まぐるしく進化している。情報が日々更新される中で、労働環境も変化に対応しているかと思えば、意外と旧態依然のままである。人口減に伴い労働力不足が叫ばれる昨今、多様な働く場の創造は必須となるだろう。ゲストの秋好陽介氏は、この状況にいち早く反応していた。2008年、日本初クラウドソーシングの会社となるリート(後にランサーズと改称)を創業、以後、場所を選ばない働き方を提供し続けている。クラウドソーシングに目を付け起業したときの思い、成長著しい市場の全容を聞く。
クラウドソーシングとは、ネットを介して不特定多数の人に業務を発注することであり、ランサーズは、依頼者と受注者をつなぐ会員制プラットホームの提供を業務としている。市場規模は国内で現在約650億円、2018年には1800億円を超えると予測されている。メリットは、発注・受注・納品と、全てがネット上で実行されるスピード性だ。依頼側は作業者を評価等で見える化された会員から選べるので、品質も問題ない。報酬の支払いは「エスクロー決済」という、同社が仲介に立って行う安全性の高い方式を採用している。双方が納得した上で完結する「完全成果報酬型」のビジネスモデルであり、安心安全の観点から10万社超の企業が利用しているという。
仕事のカテゴリーは現在141種あり、会員属性はフリーランスが半数以上だが、副業・兼業も22%おり、新しい働き方としての特徴が見える。例えば家業を継いだ人の兼業、子育て中の主婦の隙間時間、定年を迎えたシニアのライフワーク等、個人の力を発揮できる場だ。依頼主の54%は東京、受注者は地方在住が多いという東京一極集中の反対現象も起こっており、地方創生の一環として期待される。
秋好氏は大学時代に見たテレビでネットの存在を知る。目に飛び込んだ「IT」という文字に反応し、即PCを購入、のめり込んでいった。在学中にWeb関連の事業を経験して、卒業後はニフティへ入社するも、企業と個人ワーカーとの契約問題を痛感した。それなら逆にビジネスにしようと起業を決心する。掲げたビジョンの勢いとは裏腹に、起業後は何度もピンチが訪れた。リスク問題や信用問題等、開業2年間は月の売上が約10万円だったが、諦めずにマッチングプランを約千社へ直メールし、徐々に事業が回り出した。取締役の足立和久氏は、社長の会社に対する思いに共感し、一緒に新しい労働環境の担い手になりたいと話す。
座右の銘は「人事を尽くして天命を待つ」。人材のオープン化で企業の力になるために力を出し切りたい。今後は世界規模のプラットホームをつくる予定とのこと。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 未来の働き方がやってきた
0.0: 0.0: 54 未来の働き方がやってきた
0.0: 1.0: 43 ランサーズ株式会社 代表取締役社長 CEO秋好陽介
0.0: 2.0: 20 会社紹介
0.0: 6.0: 17 クラウドソーシングとは
0.0: 7.0: 46 日本のクラウドソーシング市場は、2018年に1,800億円超への成長見込み
0.0: 8.0: 28 日本初のクラウドソーシングプラットフォーム
0.0: 8.0: 58 ビジネスモデル
0.0: 9.0: 43 マネタイズ
0.0: 10.0: 32 メリット
0.0: 12.0: 36 ランサーズ会員
0.0: 13.0: 11 東京から地方への「仕事の再分配」
0.0: 14.0: 11 新しい働き方(1)
0.0: 14.0: 53 新しい働き方(2)
0.0: 15.0: 25 新しい働き方(3)
0.0: 15.0: 56 新しい働き方(4)
0.0: 17.0: 2 10万社をこえる利用企業と大手事例
0.0: 18.0: 43 依頼の利用傾向
0.0: 19.0: 4 クライアント企業様 事例(1)
0.0: 19.0: 35 クライアント企業様 事例(2)
0.0: 20.0: 7 クライアント企業様 事例(3)
0.0: 22.0: 1 法人様向けサービス
0.0: 24.0: 1 安心・安全の取り組み
0.0: 25.0: 5 自治体・地域パートナーと「仕事機会の創出」
0.0: 27.0: 5 成長の鍵
0.0: 43.0: 39 起業の瞬間
0.0: 45.0: 18 2008年REET(現・ランサーズ)起業
0.0: 46.0: 10 起業後の困難① 立ち上げ問題
0.0: 47.0: 4 起業後の困難② リスクコントロール問題
0.0: 47.0: 51 起業後の困難③ 信用問題
0.0: 48.0: 35 2008年12月16日サービスの立ち上げ日本初クラウドソーシング「Lancers」
0.0: 49.0: 1 ただ、リリースで少し会員は増えたが依頼がまったく増えない
0.0: 49.0: 17 最初の2年間は売上が月10万円…
0.0: 50.0: 49 起業後の困難の乗り越え方
0.0: 51.0: 27 2013年渋谷に移転
0.0: 55.0: 4 ランサーズ、新しいビジネス創造
0.0: 58.0: 18 座右の銘
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学イノベーション研究センター特任教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)