ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 766

<ビジネス> きしむホンダ 伊東社長退任「研究開発に課題」 拡大路線、品質問題に影
<震災関係>太陽光買い取り価格、下げ幅最大 来年度、企業向け27円に
< 経 済 > 「伝統的統計」雇用や電力 景気とズレ 代役は心理指標 ウオッチャー調査に脚光


概要:
*大前研一 メキシコ講演報告
*ホンダ/欧州研究開発部門のトップなどを歴任した八郷隆弘氏が社長昇格。伊東社長は取締役相談役に
*スカイマーク再建/「ANA」が包括的支援策を提案。「エアアジア」「デルタ」などとも交渉
*雪国まいたけ/米「ベインキャピタル」がTOBを実施。株式の取得額は最大で約95億円
*日立製作所/伊「フィンメカニカ」の鉄道車両と信号事業を約2500億円で買収
*NTTコミュニケーションズ/データセンター大手の独「イーシェルター」を約1000億円で買収
*旭化成/絶縁材製造の米「ポリポア」を約2600億円で買収。シェアを約50%に引き上げ
*ニコン/眼科向けカメラ世界最大手の英「オプトス」を約480億円で買収。医療機器事業に本格参入
*洋上風力発電/「三菱重工業グループ」が英国中部の大規模発電計画を受注へ
*ヤマハ発動機/2019年に欧州で四輪車事業を開始。世界の小型車需要に対応
*西武HD/株価が再上場後の高値圏に。米「サーベラス」が時価総額1兆円超で対話型を模索
*インド高速鉄道/ムンバイ~グジャラート区間の約500キロに新幹線方式が採用有力
*インド理系人材/モディ政権のメーク・イン・インディア政策で欧米製造業などがインド工科大学生を 積極採用
*燃料電池車/トヨタ「ミライ」発売1カ月で受注が約1500台に。水素製造時のCO2排出減が難題
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ブッキングドットコムのダレン・ヒューストンCEO」だったら、楽天トラベルやじゃらんが席巻する日本国内をどのように開拓するか?
*景気指標/雇用、電力など景気の動きに映さず。景気ウオッチャー調査など注目
*国内株式市場/2月27日の東京株式市場で14年10カ月ぶりの高値に
*米国金融政策/FRBイエレン議長があと数回のFOMCでの利上げは困難と表明
*オートバイ市場/国内の新車バイク購入者の平均年齢は約51歳との調査
*ゴルフ業界/団塊世代が年金受給者になる2015年にゴルフ離れの懸念
*シンガポール取引所/ボツカーCEOが6月の任期で退任。後任は国内外から検討
*韓国企業/ウォン高で海外事業の採算が悪化。「サムスン電子」「現代自動車」も減益
*スマートウォッチ/2014年下半期の出荷台数は72万台。iPhoneの1日当たり販売台数と同数
*米国カジノ業界/ラスベガスはビジネス会議場など持つ総合リゾートに脱皮。マカオはVIP客減少で冷え込む
*ゼネラル・モーターズ/インドネシア生産から再度撤退。「上海汽車」と合弁では工場新設
*マイクロソフト/中国で旧ノキアの携帯2工場を3月末までに閉鎖。ベトナム・ハノイに移管
*国民負担率/2015年度に43.4%。社会保障費、消費増税、保険料率引き上げなど6年連続で増加
*地方議会/地方議員の議会出席は年85日。平均報酬はボーナスを除き月額41万4千円の実態
*滋賀県/県議会本会議で近江県へ名称変更を提案。自民党県議も近江は知名度高いとの意見
*沖縄県与那国島/陸上自衛隊配備めぐり住民投票。賛成が632票、反対は445票
*ウクライナ情勢/中国国家開発銀行から国営「ナフトガス」に約4300億円融資で基本合意
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#766
0.0: 20.0: 22 ホンダ
0.0: 21.0: 1 主要自動車メーカーの業績推移
0.0: 24.0: 0 主要自動車メーカーの株価推移
0.0: 24.0: 23 スカイマーク再建
0.0: 27.0: 11 雪国まいたけ
0.0: 34.0: 21 日立製作所
0.0: 35.0: 0 世界の主な鉄道車両メーカーの売上高
0.0: 36.0: 28 NTTコミュニケーションズ
0.0: 38.0: 42 旭化成
0.0: 39.0: 30 旭化成の時価総額と有利子負債の推移
0.0: 39.0: 59 ニコン
0.0: 40.0: 34 ニコンの主なセグメント別業績推移
0.0: 41.0: 29 デジタルカメラの出荷台数・金額の推移
0.0: 41.0: 46 洋上風力発電
0.0: 42.0: 19 風力発電メーカーの市場シェア
0.0: 44.0: 17 ヤマハ発動機
0.0: 47.0: 4 西武HD
0.0: 47.0: 40 西武ホールディングスの株価推移
0.0: 49.0: 57 インド高速鉄道
0.0: 55.0: 26 インド理系人材
0.0: 58.0: 30 太陽光発電
0.0: 59.0: 30 再生可能エネルギーの買い取り価格
1.0: 0.0: 15 電源別発電コスト推計
1.0: 1.0: 6 燃料電池車
1.0: 5.0: 2 RTOCS
1.0: 5.0: 50 Priceline Groupの概要
1.0: 6.0: 37 Pricelineの予約取扱件数
1.0: 6.0: 57 Pricelineの売上高
1.0: 7.0: 22 Pricelineの営業利益、営業利益率
1.0: 8.0: 3 旅行業者取扱高の世界市場規模
1.0: 8.0: 19 旅行取扱高の国別ランキング
1.0: 8.0: 39 旅行業者取扱高の世界ランキング
1.0: 9.0: 43 旅行業者取扱高の地域別TOP10
1.0: 10.0: 39 国内オンライン宿泊予約サイト取扱実績
1.0: 11.0: 27 日本の旅行市場と参入難易度
1.0: 11.0: 58 日本の旅行者数の変遷
1.0: 12.0: 17 Booking.comの方向性(仮)
1.0: 13.0: 12 【参考】国内大手旅行業者の旅行取扱高ランキング
1.0: 13.0: 45 【参考】Pricelineの手元流動性
1.0: 13.0: 56 【参考】主要旅行業者の時価総額
1.0: 14.0: 39 主要ポイントプログラムと宿泊予約サイトの関係
1.0: 15.0: 52 中国系大手旅行業者の取扱高
1.0: 16.0: 9 Booking.comの方向性(案)
1.0: 25.0: 41 景気指標
1.0: 30.0: 49 国内株式市場
1.0: 31.0: 36 東京証券取引所の時価総額の推移
1.0: 34.0: 50 米金融政策
1.0: 35.0: 30 オートバイ市場
1.0: 38.0: 0 国内二輪車販売台数の推移*
1.0: 38.0: 17 ゴルフ業界
1.0: 41.0: 14 シンガポール取引所
1.0: 41.0: 39 マグナス・ポッカー氏の略歴
1.0: 44.0: 27 韓国企業
1.0: 46.0: 29 スマートウォッチ
1.0: 48.0: 21 米カジノ業界
1.0: 49.0: 7 米国の地域別のカジノ収益
1.0: 49.0: 18 マカオのカジノ収入に占めるVIPバカラの割合
1.0: 50.0: 21 米ゼネラル・モーターズ
1.0: 50.0: 51 インドネシアの新車販売台数
1.0: 51.0: 22 米マイクロソフト
1.0: 52.0: 56 国民負担率
1.0: 53.0: 15 潜在的な国民負担率の国際比較
1.0: 54.0: 9 地方議会
1.0: 55.0: 49 滋賀県
1.0: 57.0: 2 沖縄県与那国島
1.0: 57.0: 29 与那国島
1.0: 59.0: 16 ウクライナ情勢
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)