ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 753

< 政 治 > 脱デフレ優先、財政ゆがみ 首相、消費増税先送り表明 「雇用・賃金が重要」
<ビジネス> 東レ、炭素繊維1兆円受注 ボーイングから 1000億円投じ米に新工場
<国際情勢>中国共産党、党員の宗教禁止徹底 民族対立の深刻化恐れ


概要:
*アイコトバ/ABS卒塾生の田中謙二氏が起業した「アイコトバ」が音声入力アプリで「ファミリーマート」とキャンペーン展開
*国内経済/7-9月期の実質GDP成長率が年率換算でマイナス1.6%。来年度から法人税率を20%台へ
*衆院解散・総選挙/アベノミクス解散で12月14日に投開票。消費税率10%への引き上げは1年半先送り
*不動産銘柄/東証REIT指数が約7年ぶりの高値に。「三菱地所」など不動産株が大きく値上がり
*沖縄県知事選/前・那覇市長の翁長雄志氏が初当選。辺野古への移設反対を掲げ、仲井真氏らを大差で破る
*原発再稼働問題/原子力規制委員会が敦賀原発2号機の直下に活断層を再認定
*再生可能エネルギー/電力5社が供給制限策の導入などを条件に買い取り手続き再開へ
*日立製作所/伊「フィンメカニカ」の鉄道車両・信号事業を約2000億円で買収
*米マイクロン/旧エルピーダの広島工場に1000億円投資。最先端微細加工技術のDRAM増産へ
*宏輝/資源の豊富なカザフスタンに生薬加工工場を新たに増設し事業を拡大
*航空機リース/「SMBCアビエーションキャピタル」が米「ボーイング」から航空機80機を調達。 保有機数で世界3位に
*東レ/炭素繊維で「ボーイング」から約1兆円受注。787、777Xの主翼部分を今後10年以上独占供給
*オリックス/会計ソフト大手「弥生」を800億円超で買収。120万社の顧客基盤生かす
*アサヒビール/老舗料亭「なだ万」を買収。ブランド力を生かし海外出店を拡大へ
*サントリーHD/スポーツクラブ大手「ティップネス」を「日本テレビHD」に約350億円で売却見通し
*新経済連盟/三木谷代表理事がエストニアを視察。イルベス大統領と会談
*米アップル/「島野製作所」がアップルを特許侵害で提訴。米IT大手の下請けで日本の中小企業がリスクに晒される
<Realtime On-line Case Study>「ワタミ創業者(現在は参議院議員)の渡邉美樹」だったら、二期連続赤字の現状をどう立て直すか?
*日本航空/「スカイマーク」と業務提携へ向け交渉。羽田発着便の共同運航などを検討
*全日空/北陸新幹線の開業で羽田ー小松線と羽田ー富山線の2路線の運賃を引下げ
*LINE/高級料理の宅配を開始。「LINE WOW」で注文受け、弁当をバイクで配達
*東芝/人工光合成で世界最高の変換効率。改良を重ね2020年の実用化目指す
*中国共産党/習近平国家主席がキリスト教やイスラム教など信者増で党中央の求心力が弱まり、党員の宗教禁止を徹底
*米国移民政策/オバマ大統領が移民制度改革を発表。不法移民約500万人に3年間の滞在許可
*米パイプライン建設/カナダからテキサスに原油運ぶ「キーストーンXLパイプライン」の法案を否決
*資源装置・サービス大手/米「ハリバートン」が「ベーカー・ヒューズ」を約4兆円で買収。売上げで業界首位に
*製油所建設/タイ石油公社がベトナムで約2兆5300億円投資し製油所を建設へ
*韓国独身税/何年か後には導入の必要性も独身税に韓国が騒然
*G20首脳会議/ブリスベンで11月16日に首脳宣言採択し閉幕
*ベトナム観光業界/ロシアから初のチャーター便。年間100万人受け入れ体制へ
*中国金融政策/中国人民銀行が貸出金利を0.4%引き下げ5.6%、預金金利は0.25%引き下げ2.75%に
*リージョナルジェット/中国産ジェット「ARJ21」が年内に運航開始へ
*韓国サムスングループ/「サムスンSDS」が韓国株式市場に上場。時価総額が約2兆6700億円で 韓国企業で第6位に
*ウォーレン・バフェット氏/「バークシャー」が米P&Gの電池事業「デュラセル」を買収
*グーグル/欧州議会が検索結果表示の独占的地位乱用を懸念し、企業分割求める決議案を検討
*世界クラウド市場/「アマゾン」は大企業や官庁へ、「マイクロソフト」はライバル企業と提携
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#753
0.0: 15.0: 15 アイコトバ
0.0: 15.0: 35 声に出すブランディング広告アイコトバの特徴
0.0: 17.0: 2 【告知】11月18日からはじまるファミリーマートでのキャンペーン
0.0: 29.0: 2 国内経済
0.0: 31.0: 3 円ドル相場の推移
0.0: 31.0: 19 実質GDP成長率の推移
0.0: 31.0: 28 主な内訳別の成長率の推移
0.0: 31.0: 43 衆院解散・総選挙
0.0: 33.0: 19 今回の衆院解散、なんと呼ぶか?
0.0: 34.0: 54 アベノミクスの評価
0.0: 37.0: 20 不動産銘柄
0.0: 38.0: 7 J-REIT市場全体の時価総額の推移
0.0: 40.0: 47 沖縄知事選
0.0: 44.0: 43 原発再稼働問題
0.0: 47.0: 14 再生可能エネルギー
0.0: 47.0: 54 再生可能エネルギー発電設備の導入状況
0.0: 48.0: 25 電源別発電コスト推計
0.0: 53.0: 21 日立製作所
0.0: 53.0: 38 世界の主な鉄道車両メーカーの売上高
0.0: 54.0: 51 米マイクロン
0.0: 56.0: 42 宏輝
0.0: 56.0: 58 宏輝概要
0.0: 57.0: 45 中国産原料生薬の価格指数*
0.0: 58.0: 13 航空機リース
0.0: 58.0: 35 世界の航空機数規模とリース機の比率
1.0: 0.0: 9 東レ
1.0: 0.0: 34 東レの主なセグメント別の業績推移
1.0: 1.0: 31 オリックス
1.0: 2.0: 22 オリックスのセグメント別業績
1.0: 3.0: 14 アサヒビール
1.0: 4.0: 39 サントリーHD
1.0: 5.0: 24 サントリーの主な外食・サービス事業
1.0: 6.0: 33 新経済連盟
1.0: 8.0: 6 米アップル
1.0: 10.0: 9 RTOCS
1.0: 11.0: 1 ワタミの事業別売上高
1.0: 11.0: 11 ワタミの事業別営業利益
1.0: 11.0: 20 ワタミの国内外食事業の状況
1.0: 11.0: 34 ワタミの国内外食事業の状況
1.0: 11.0: 56 国内居酒屋業界の市場規模
1.0: 12.0: 7 国内居酒屋業界の市場規模店舗数
1.0: 12.0: 32 新旧居酒屋御三家の店舗総売上高
1.0: 13.0: 0 大手居酒屋チェーンの店舗ブランド
1.0: 13.0: 35 【参考】新興居酒屋チェーンの事例
1.0: 14.0: 38 【参考】ワタミの主要ブランドの既存店舗前年比実績
1.0: 14.0: 58 飲酒に関する顧客トレンドの変化
1.0: 15.0: 24 ワタミのブランド別店舗構成
1.0: 15.0: 33 【参考】過労死事件への対応の比較
1.0: 16.0: 5 ワタミの方向性(案)
1.0: 18.0: 21 【参考】ワタミの方向性(案)
1.0: 18.0: 51 【参考】飲食店の開業費用の内訳
1.0: 23.0: 16 米大寒波
1.0: 24.0: 12 CDランキング
1.0: 29.0: 37 日本航空
1.0: 30.0: 10 スカイマークの空港別便数
1.0: 30.0: 43 全日空
1.0: 31.0: 31 北陸新幹線の主な区間の価格
1.0: 31.0: 35 LINE
1.0: 33.0: 13 東芝
1.0: 34.0: 19 中国共産党
1.0: 35.0: 6 宗教信仰を持つ中国共産党党員への対処方法
1.0: 35.0: 54 米移民政策
1.0: 36.0: 25 米国における不法移民数と出身国
1.0: 37.0: 24 参考:米大統領選における主な属性別の投票行動
1.0: 38.0: 21 米パイプライン建設
1.0: 40.0: 3 カナダの原油埋蔵量と生産量
1.0: 40.0: 12 原油価格・WTI先物の推移
1.0: 40.0: 18 カナダの原油輸出先
1.0: 40.0: 51 資源装置・サービス大手
1.0: 41.0: 7 油田開発技術に関する特許件数推移
1.0: 41.0: 50 製油所建設
1.0: 42.0: 42 韓国独身税
1.0: 43.0: 40 G20首脳会議
1.0: 44.0: 55 ベトナム観光業界
1.0: 46.0: 37 国別のベトナムへの訪問者数
1.0: 47.0: 10 中国金融政策
1.0: 48.0: 14 リージョナルジェット
1.0: 49.0: 49 韓国サムスングループ
1.0: 51.0: 10 ウォーレン・バフェット氏
1.0: 52.0: 40 米グーグル
1.0: 57.0: 14 世界クラウド市場
1.0: 57.0: 57 法人向けクラウド・サービスの市場規模予測
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)