ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント > ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント 05

ダイバーシティ・マネジメントの本質
~「個」を活かすことができるか~


概要:
世界40カ国に拠点を持ち、組織・人事、福利厚生、資産運用などのコンサルティング・サービスを提供するマーサー。本番組ではマーサージャパンで活躍する3人のコンサルタントを講師に迎え、5回にわたって、グローバル社会での組織人事マネジメントを考察する。
第5回は同社のシニア・フェローを務める古森氏を講師に迎え、経営視点でのダイバーシティの捉え方を解説。外国人や女性の採用だけでなく、経験やスキル、考え方など、さまざまな多様性が共存する中で、「個」と向き合うことが大切だと語る。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年10月02日 (Tue) 15:00
終了 2018年09月30日 (Sun) 08:00
終了 2018年04月03日 (Tue) 15:00
終了 2018年04月01日 (Sun) 08:00
終了 2017年10月31日 (Tue) 15:00
終了 2017年10月29日 (Sun) 08:00
終了 2017年05月30日 (Tue) 15:00
終了 2017年05月28日 (Sun) 08:00
終了 2016年12月13日 (Tue) 15:00
終了 2016年12月11日 (Sun) 08:00
終了 2016年06月28日 (Tue) 15:00
終了 2016年06月26日 (Sun) 08:00
終了 2016年01月12日 (Tue) 15:00
終了 2016年01月10日 (Sun) 08:00
終了 2015年07月28日 (Tue) 15:00
終了 2015年07月26日 (Sun) 08:00
終了 2015年07月14日 (Tue) 02:00
終了 2015年06月15日 (Mon) 02:00
終了 2015年05月15日 (Fri) 02:00
終了 2015年04月10日 (Fri) 02:00
終了 2015年03月08日 (Sun) 02:00
終了 2015年02月07日 (Sat) 01:00
終了 2015年02月03日 (Tue) 11:00
終了 2015年02月01日 (Sun) 22:00
終了 2015年01月28日 (Wed) 20:00
終了 2014年12月17日 (Wed) 12:00
終了 2014年12月15日 (Mon) 23:00
終了 2014年12月11日 (Thu) 21:00
初回 2014年12月11日 (Thu) 21:00

講義資料 (297Kbyte) (要パスワード)



海外とのM&Aを行うと、通常では長期間かかる企業改革を一気に起こすこともできるが、ダイバーシティへの対応力がなければ十分な効果は得られない。グローバル化で圧倒的な多様性の波が押し寄せる昨今、個性を出すことが苦手な日本人は、存在感を発揮できず、マネジメントをすることも難しいと感じる人が多いのではないだろうか。
ダイバーシティは万能薬ではなく、例えば短期戦では、多様性を抑えた一糸乱れぬ戦略で勝率が上がる場合もある。中長期戦では、変化し続ける環境下で成長するために、多様性を許容・活用して戦略を練るといいだろう。「他社がダイバーシティに取り組んだから」ではなく、自社の狙いや位置づけを考えながら多様性を利用することが大切である。
ダイバーシティの効果を得るためには、性別や国籍、年齢といった属性だけでなく、個人の思考や行動の多様性を生かすことが鍵になるので、意見が言える場など、能力を発揮できる環境をつくることが不可欠だろう。日本人は意見を表明する・表明されることに慣れていないが、さまざまな意見を戦わせることがグローバル組織の醍醐味であるため、まず自分で考え、「私はこう思う」と表明することが肝心である。個性を生かしながら協働するためには、ぶつかり合う面倒を恐れてはならない。
成功している企業は最初からダイバーシティという言葉を掲げたわけではなく、個人の意見や個性を尊重する結果として多様化している。抽象的なスローガンよりも、「個の活性化」に重点を置くマネジメントが有効だといえよう。個性を生かすためには、属性にかかわらず、個に対してフェアでなければならない。自分と同意見を「是」とするのではなく、成果を客観的に評価するなど、誠実さと忍耐を持って接することが必要である。公平性や誠実な対応は日本人の強みでもあるので、自信を持って世界に通じるグローバル組織を目指していただきたい。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ダイバーシティ・マネジメントの本質 ~「個」を活かすことができるか~
00: 01: 21 自己紹介
00: 02: 28 ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント
00: 03: 11 「ダイバーシティ」:実質的解釈の偏向
00: 04: 53 グローバル化 = 圧倒的な多様性との同居
00: 05: 56 クロスボーダーM&Aの常態化
00: 07: 29 「ダイバーシティ」、「理念・価値観」、「個」
00: 09: 25 企業におけるダイバーシティの位置づけ
00: 09: 43 混乱のもと・・・どの視点から見たダイバーシティか
00: 12: 00 ダイバーシティは絶対に企業の役に立つのか
00: 13: 26 「女性の方が女性に売れる商品を作れる」のか?
00: 15: 24 ワークライフバランスに共通尺度はあるか?
00: 16: 59 役割固定世帯よりも共働き世帯の方が正しいのか?
00: 18: 23 時間軸によってもダイバーシティの期待効果は違う
00: 19: 56 では、どう考えればいいのか?
00: 20: 40 私の場合は、こう思います
00: 21: 53 企業においてダイバーシティを活かすには?
00: 22: 03 多様性の効果連鎖とオピニオン・ダイバーシティ
00: 25: 04 要するに…
00: 28: 05 視点を変えてみる
00: 32: 09 私の場合は、こう思います
00: 33: 56 「個の活性化」の鍵は何か?
00: 35: 30 多様性を活かすのは、「個に対するフェアネス」
00: 36: 13 何か、感じませんか?
00: 38: 56 キャリア構築における3つの考え方
00: 41: 49 海外の従業員に同じ成長機会を与えているか?
00: 43: 11 どちらが、良い人材?(1)
00: 44: 16 どちらが、良い人材?(2)
00: 45: 57 成果主義を適切に運用すると「フェアネス」になる
00: 49: 50 私の場合は、こう思います
00: 51: 58 全体としての数値目標には、意味がないのか?
00: 53: 25 (終わりに)究極的には…
講師紹介: 古森 剛(こもり つよし)
マーサー ジャパン株式会社 シニア・フェロー

『古森 剛』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)