ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント > ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント 04

クロスボーダーM&Aの勘所(2)
~経営者リテンションと経営者に対するガバナンス~


概要:
世界40カ国に拠点を持ち、組織・人事、福利厚生、資産運用などのコンサルティングサービスを提供するマーサー。本番組ではマーサージャパンで活躍する3人のコンサルタントを講師に迎え、グローバル社会での組織人事マネジメントをテーマにM&Aを考察する。
講師は前回に引き続き同社の竹田氏。M&A後も経営を任せたい買収先経営者のリテンション(保持)と、当経営者に対する買い手側のガバナンス(支配)、残留をお願いしておきながらコントロールするという心情的に相反するタスクに取り組むポイントを解説する。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年09月25日 (Tue) 15:00
終了 2018年09月23日 (Sun) 08:00
終了 2018年03月27日 (Tue) 15:00
終了 2018年03月25日 (Sun) 08:00
終了 2017年10月24日 (Tue) 15:00
終了 2017年10月22日 (Sun) 08:00
終了 2017年05月23日 (Tue) 15:00
終了 2017年05月21日 (Sun) 08:00
終了 2016年12月06日 (Tue) 15:00
終了 2016年12月04日 (Sun) 08:00
終了 2016年06月21日 (Tue) 15:00
終了 2016年06月19日 (Sun) 08:00
終了 2016年01月05日 (Tue) 15:00
終了 2016年01月03日 (Sun) 08:00
終了 2015年07月21日 (Tue) 15:00
終了 2015年07月19日 (Sun) 08:00
終了 2015年07月14日 (Tue) 01:00
終了 2015年06月15日 (Mon) 01:00
終了 2015年05月15日 (Fri) 01:00
終了 2015年04月10日 (Fri) 01:00
終了 2015年03月08日 (Sun) 01:00
終了 2015年02月06日 (Fri) 02:00
終了 2014年12月10日 (Wed) 12:00
終了 2014年12月08日 (Mon) 23:00
終了 2014年12月04日 (Thu) 21:00
終了 2014年11月19日 (Wed) 12:00
終了 2014年11月17日 (Mon) 23:00
終了 2014年11月13日 (Thu) 21:00
初回 2014年11月13日 (Thu) 21:00

講義資料 (331Kbyte) (要パスワード)



海外企業や一部事業を買収した場合、現実問題としてすぐに日本側主導の経営を行うのは荷が重い。現地の優れた経営者にマネジメントを任せ、当事者に買い手側はガバナンスをかける二重構造の迅速な確立が、M&A成功の鍵になるだろう。買収交渉のどたばたの中で、外国人経営者を相手にこれをやり遂げるところに、日本企業のチャレンジがある。
買い手側は現経営者が最適かを見極め、手順を踏んで手堅くリテインする必要があるが、決済完了のクロージング時に多額の報酬を見込めるケースが多い現経営者は、続投の条件を模索するだろう。お互いの腹を探り合いながら限られた時間内での合意形成成約にリテンションの難しさがある。船出直後の翻意に備え、プランB(代替人事)想定も不可欠だ。
経営は任せても、品質、安全、法令遵守等の部門には買い手側が積極的に介入しないと、一度の不祥事が命取りになる。ガバナンスとマネジメントの峻別は必須になるだろう。
傾けた板に水を流す際、板に切り込みを入れておくと無為に広がらずコントロールして流せるように、ガバナンスもクロージング前に骨組みを決めておくと円滑に進めやすい。いわゆるハードウエアとしてルールや権限、会議体、可視化の仕組み、ソフトウエアには任免権、評価権、報酬決定権の人事三権が挙げられる。クロージング時に買い手側から出す「100日プラン」も、経営統合へ向けての重要なソフトとなる。通常新体制後に従業員の期待感が薄れない3カ月間(100日)で策定する会社の基本計画は、今後の展望を共有して現場のコミットメントを引き出すためになくてはならない。事前にリーダー融合ワークショップ等でプランの検討をしておけば、合併買収への準備運動として申し分ないはずだ。
M&Aにおける人事部門の役割は多岐に及ぶが、優秀な経営陣の確保と包括的なガバナンスの確立は、M&Aの成功を左右すると言っても過言ではない。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 クロスボーダーM&Aの勘所(2) ~経営者リテンションと経営者に対するガバナンス~
00: 00: 53 ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント
00: 01: 25 本日のテーマ
00: 03: 20 M&Aの全体像と組織・人事タスク
00: 04: 15 本日の討議内容
00: 05: 00 経営者リテンションの難しさ
00: 10: 06 経営者リテンションの具体的なステップ
00: 17: 20 Principal to Principal Meeting (PtoP Meeting)
00: 21: 36 経営者リテンションにおける「プランB」
00: 23: 45 本日の討議内容(2.マネジメントとガバナンスの峻別)
00: 24: 01 日本企業の抱える買収後の課題 (1/2)
00: 24: 56 日本企業の抱える買収後の課題 (2/2)
00: 26: 03 マネジメントとガバナンスの峻別
00: 28: 57 本日の討議内容(3.ガバナンスのハードウェア)
00: 29: 06 ガバナンスのハードウェア
00: 33: 38 ガバナンスのソフトウェア
00: 37: 11 【再掲】M&Aの全体像と組織・人事タスク
00: 38: 51 【再掲】ガバナンスのソフトウェア
00: 40: 34 100日プランとは何か
00: 46: 03 100日プラン検討・実行体制例
00: 48: 18 100日プラン検討体制の意味
00: 49: 41 【再掲】100日プラン検討・実行体制例
00: 50: 21 【再掲】100日プラン検討体制の意味
00: 52: 33 リーダーシップ融合ワークショップ 100日プラン検討の準備運動
00: 55: 12 本日の討議内容(5.M&Aで人事部門が果たす役割とは?(下))
00: 55: 15 M&Aで人事部門が果たす役割とは?(下)
講師紹介: 竹田 年朗()
マーサー ジャパン株式会社 グローバルM&A コンサルティング部門 プリンシパル

『竹田 年朗』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)