ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント > ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント 03

クロスボーダーM&Aの勘所(1)
~HRデューデリジェンスと案件のクロージング~


概要:
世界40カ国に拠点を持ち、組織・人事、福利厚生、資産運用などのコンサルティング・サービスを提供するマーサー。本番組ではマーサージャパンで活躍する3人のコンサルタントを講師に迎え、5回にわたって、グローバル社会での組織人事マネジメントを考察する。
第3回の講師は同社のグローバルM&Aコンサルティング部門プリンシパルを務める竹田氏。M&Aでの買収前に対象を調べるデューデリジェンスや、契約合意のサイニングから決済を完了するクロージングまでの期間に行うべきポイントを解説する。
M&Aにおいて買収対象を精査するデューデリジェンス(DD)は、買う・買わないの判断に影響するTransaction Risk、価格を見極めるPricing Impact、買収後の課題となるIntegration Riskという三つの視点を考えることが重要である。M&Aでは、まずLOI(基本合意書)で互いに調査・検討することを約束した後、一定期間で結論を出すため、手当たり次第に調べるのではなく、結論に向けて効率よく調査しなければならない。情報を求めても相手がすぐに開示しない場合もあり、限られた時間で判断するためには、プロのアドバイザーを交えて、どのように意思決定するのかを議論するといいだろう。特に買収先が複数国に展開している場合は、各国の事情に精通した専門家をそろえ、グローバルチームでDDを実施することが不可欠である。
経営統合で付加価値を生むのは既存人材であり、事業面では申し分のない案件でも、HR(組織人事)に問題があれば買収リスクは高まる。例えば研究開発に優れた企業を買う場合、研究チームが辞めずに残ってくれるか、高いモチベーションで開発を続けてくれるかが鍵になるだろう。HR面での協力が得られなければ、M&Aが逆効果になることもある。
サイニング後からクロージングまでに取り組むべき課題として、経営者をコントロールするガバナンス体制の設計や、リストラなどの組織改革準備が挙げられる。企業全体ではなく一部の事業や子会社のみを買収する場合は、従業員の転籍、年金・健康保険等のベネフィット、給与支払いなどのHR機能を整備することが円滑なクロージングにつながる。水槽に水を張ってから魚を入れるように、まずは受け入れ拠点を整えることが先決だ。
M&Aは、何より先読みと準備が大切である。専門性の高いアドバイザーと組み、効率よく調査・検討して課題を予測、しっかりと対応策を準備することで、大幅にリスクを下げることができるだろう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 クロスボーダーM&Aの勘所(1)~HRデューデリジェンスと案件のクロージング~
00: 00: 47 自己紹介
00: 02: 29 マーサーとM&A関連サービス
00: 03: 55 ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント
00: 04: 03 本日のテーマ
00: 07: 36 本日の討議内容
00: 07: 38 本日の討議内容 (1.デューデリジェンスとは何か?)
00: 07: 44 1.デューデリジェンスとは何か?(1)
00: 19: 34 1.デューデリジェンスとは何か?(2)
00: 21: 08 M&Aの全体像と組織・人事タスク
00: 22: 15 本日の討議内容 (2.HRデューデリジェンスとは?)
00: 22: 19 2.HRデューデリジェンスとは?
00: 28: 06 典型的なデューデリジェンス項目(例示)
00: 30: 08 資料(1)
00: 32: 04 本日の討議内容 (3.サイニング後からクロージングまでの間に、組織・ 人事上、・・・)
00: 32: 10 3.サイニング後からクロージングまでの間に、組織・ 人事上、・・・
00: 33: 09 【再掲】M&Aの全体像と組織・人事タスク
00: 35: 21 【再掲】3.サイニング後からクロージングまでの間に、組織・ 人事上、どのような課題があるのか?
00: 37: 16 本日の討議内容 (4.カーブアウト(Carve-out)/アセットディールには、組織・人事上、・・・)
00: 37: 21 4.カーブアウト(Carve-out)/アセットディールには、組織・人事上、・・・
00: 44: 15 カーブアウト案件における拠点毎の対象従業員数
00: 46: 01 資料(2)
00: 53: 13 本日の討議内容 (5.M&Aで人事部門が果たす役割とは?(上))
00: 53: 17 5.M&Aで人事部門が果たす役割とは?(上)(1)
00: 56: 12 5.M&Aで人事部門が果たす役割とは?(上)(2)
00: 59: 38 参考資料
講師紹介: 竹田 年朗()
マーサー ジャパン株式会社 グローバルM&A コンサルティング部門 プリンシパル

『竹田 年朗』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)