ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント > ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント 01

グローバル化した組織における日本発人材のリーダーシップ
~自己の個性の再認識と異環境への適応~


概要:
世界40カ国に拠点を持ち、組織・人事、福利厚生、資産運用などのコンサルティング・サービスを提供するマーサー。本番組ではマーサージャパンで活躍する3人のコンサルタントを講師に迎え、5回にわたって、グローバル社会での組織人事マネジメントをテーマに考察する。
第1回の講師は同社のシニア・フェローを務める古森氏。日本人リーダーが身に付けるべき強みなど、日本発人材のリーダーシップについて、自身の経験を交えながら解説する。
グローバル社会でのリーダーシップは、何よりも「Respect & Trust」が必要であり、尊敬や信頼を得られる人は、どこに行ってもフォロワーが生まれる。加えて、仕事を進める上での論理的かつ客観的な視点も備えておくべき資質といえよう。
日本で育ったリーダーは、他人の意見に耳を傾け、全体の合意形成のために譲歩する姿勢、CSRや会社の将来を考える思考、厳格な時間感覚などを持つ人が多い。これらを長所として認識し、自分の価値としてアピールすることが世界の舞台で尊敬を得る種になるだろう。一方で、グローバルリーダーとして活躍するためには、日本人が苦手な面を克服することも必要である。第1に、経営理念や価値観を日本語圏外で説明すること。日本語特有の抽象概念を伝えるには、単なる翻訳ではなく、自分の体験を話すのが効果的だ。第2に、個を生かした多様性。ダイバーシティの本質は、異なる属性の集合ではなく、多様な意見や見解からシナジーを生むことであり、まず自分の意見を出すことが第一歩となる。第3に、信頼・損得・安全など人類共通の根本的力学の理解。言語や文化の違いを超えるために必要な感覚だ。第4に、決断力の向上。論理的な「判断」は練習可能だが、不透明な世の中で十分な情報がないまま、意を決する「決断」は、意識的に経験を積んで感覚を磨くしかない。第5に、仕事を部下に任せる権限移譲。指示の出し過ぎや放任主義になることなく、継続的に報告とアドバイスを続けることがポイントだ。第6に、契約条件の明言。米国では契約書が千ページに及ぶこともある。法務家を活用し、相手の立場も理解しつつ、リスク分析をしながら細部の条項までしっかり吟味しよう。第7に、多様な人々の心を動かすコミュニケーション。発音の正確さよりも配慮の利いた言葉や感動の共有が大切だ。変化を起こすためには、積極的に海外経験を積み、自分の意見を明示することを心掛け、改善のための努力や練習は、一過性でなく習慣化することを意識するといいだろう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 グローバル化した組織における日本発人材のリーダーシップ ~自己の個性の再認識と異環境への適応~
00: 00: 46 自己紹介
00: 03: 20 ボーダーレス時代の組織・人事マネジメント
00: 05: 18 グローバル化した人間関係の「通貨」
00: 06: 31 グローバル化した仕事の共通言語
00: 07: 53 グローバル組織で失われがちな視点
00: 10: 05 日本企業のグローバル化は、どういう姿か
00: 11: 19 「グローバル化」における日系・外資系共通の悩み…
00: 12: 15 日本の環境で育ったリーダーが比較的得意なこと
00: 15: 31 日本の環境で育ったリーダーが比較的苦手なこと
00: 16: 12 日本語で形成された考え方を日本語圏外で説明する
00: 17: 12 会社の経営理念や価値観・・・正しく伝えられるか?
00: 18: 15 文脈の共有がない相手に抽象概念を伝えるには?
00: 20: 05 「個」として認知されながら、多様性を活かして成果を出す
00: 20: 39 「ダイバーシティ」、「理念・価値観」、「個」
00: 21: 57 多様性の効果連鎖とオピニオン・ダイバーシティ
00: 24: 27 多様性を「活かす」とは、どういうこと?
00: 25: 15 人類の根本的力学を理解してカルチャー・ギャップを超える
00: 25: 29 言語やカルチャー・ギャップの向こうにあるもの
00: 28: 06 不確実・不透明な中で、誠実なる洞察に賭けて「決断」する
00: 28: 52 「判断」と「決断」の違いは?
00: 32: 21 エンパワーメントを継続的な営み(戦い)として理解する
00: 32: 57 意思決定の自由度に対する期待値の違い(1)
00: 32: 59 意思決定の自由度に対する期待値の違い(2)
00: 33: 02 意思決定の自由度に対する期待値の違い(3)
00: 33: 04 意思決定の自由度に対する期待値の違い(4)
00: 33: 05 意思決定の自由度に対する期待値の違い(5)
00: 37: 07 契約事は、相手の立場を理解しつつ、言うべきことを明言する
00: 37: 30 「契約センス」はグローバル・プレイの必須要件の一つ
00: 40: 22 日本語の通じない人々の心を動かすコミュニケーションを行う
00: 41: 33 たかが英語、されど英語?目的によりジャンルも違う
00: 48: 40 変化を起こしていくためのポイント
00: 48: 43 変化を起こしていくためのポイント
講師紹介: 古森 剛(こもり つよし)
マーサー ジャパン株式会社 シニア・フェロー

『古森 剛』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)