ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
消費者から始まるユーザーイノベーション > 消費者から始まるユーザーイノベーション 05

VOCALOIDとユーザーイノベーション
ゲスト:剣持秀紀氏(ヤマハ株式会社事業開発部ニューバリュー推進室 室長)


概要:
2010年5月、バーチャルアイドルの初音ミクらが音声合成ソフトVOCALOIDで歌うアルバムが、徳永英明などの人気アーティストを押さえオリコン1位を獲得。ユーザーの音楽動画投稿ムーブメントは、仲間内の楽しみから音楽産業界に革新をもたらすに至った。
当シリーズ最終回は、ユーザーイノベーションの実例としてヤマハのVOCALOIDを取り上げる。同ソフトの開発を手掛けた剣持氏をゲストに迎え、仕組みや開発の経緯、現在の取り組みなどを伺っていく。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年08月21日 (Tue) 05:00
終了 2018年08月19日 (Sun) 17:00
終了 2018年08月17日 (Fri) 10:00
終了 2018年02月27日 (Tue) 05:00
終了 2018年02月25日 (Sun) 17:00
終了 2018年02月23日 (Fri) 10:00
終了 2017年09月05日 (Tue) 05:00
終了 2017年09月03日 (Sun) 17:00
終了 2017年09月01日 (Fri) 10:00
終了 2017年03月14日 (Tue) 05:00
終了 2017年03月12日 (Sun) 17:00
終了 2017年03月10日 (Fri) 10:00
終了 2016年09月20日 (Tue) 05:00
終了 2016年09月18日 (Sun) 17:00
終了 2016年09月16日 (Fri) 10:00
終了 2016年03月19日 (Sat) 02:00
終了 2016年02月20日 (Sat) 01:00
終了 2016年01月22日 (Fri) 02:00
終了 2015年12月17日 (Thu) 01:00
終了 2015年12月01日 (Tue) 11:00
終了 2015年11月29日 (Sun) 22:00
終了 2015年11月25日 (Wed) 20:00
初回 2015年11月25日 (Wed) 20:00

講義資料 (892Kbyte) (要パスワード)



剣持氏は、1993年に京都大学大学院修士課程を修了後、ヤマハに入社。音響関係の研究開発に従事。その後、他社に出向し音声合成の技術開発に携わり、1999年ヤマハに復職。以降、歌声や音声信号処理に関する研究開発を続け、2015年現職となっている。2004年に発売したVOCALOIDは、コンピューターに歌詞と音符を入力するだけで、合成エンジンが歌声ライブラリーから高品質な歌声を合成、人工音声で歌ってくれるソフトだ。ライセンス契約で各社が提供するライブラリーには、「あいうえお」のような単純音素以外に、伸ばす音、音素から音素に移り変わる音などの歌声断片が、さまざまな声で500個以上サンプリングされている。滑らかな音のつながりを可能にしているのがヤマハの技術だ。
スタートは2000年、信号処理技術を持つスペインの大学と共同研究で始まった。クオリティー不足から当初は仮歌やバックコーラス用を意図するも、初音ミクのキャラクターを擁するクリプトン・フューチャー・メディア社とタイアップ後、かわいい女の子などのキャラクターに合成ソフトで歌わせる投稿が動画サイトに上がり始めた。2007年第2弾発売。投稿はカバー曲から種々実験に発展し、オリジナル自作発表へと収斂されていった。曲に人気が出るとカラオケに採用されたり、大手からCD発売、CM曲として使われるまでになった。2014年発売の第4弾は、さらなる技術で、うなるような声にも対応している。現在では、モバイル版や、インターネットサイトに歌詞を入れるだけで自動的に作曲して歌ってくれるソフト・ボカロネットも開発され、ユーザーに、より身近となっている。
ユーザーイノベーションの登場により、企業だけがモノをつくっていた時代は過去となったようだ。消費者や音楽ファンのようなコミュニティーが斬新なアイデアを提供し、企業が実践の場でユーザーとともにつくる、共創の時代が始まっている。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 VOCALOIDとユーザーイノベーション
00: 00: 59 剣持秀紀プロフィール
00: 03: 38 歌声合成システムVOCALOID(1)
00: 11: 11 歌声合成システムVOCALOID(2)
00: 39: 07 VOCALOIDの合成のしくみ
00: 40: 51 断片をつなぐときの工夫(1)
00: 41: 20 断片をつなぐときの工夫(2)
00: 43: 31 タイミング調整
00: 46: 13 VOCALOID4
00: 48: 18 さらに身近に、さらに簡単に
00: 52: 50 音楽はどういう要因で変化するか?(1)
00: 52: 56 音楽はどういう要因で変化するか?(2)
00: 53: 22 音楽はどういう要因で変化するか?(3)
00: 53: 32 音楽はどういう要因で変化するか?(4)
00: 53: 35 音楽はどういう要因で変化するか?(5)
00: 55: 32 音楽はどういう要因で変化するか?(6)
講師紹介: 小川 進(おがわ すすむ)
神戸大学大学院経営学研究科 教授
神戸大学大学院経営学研究科を修了した後、1994年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院に留学。1998年経営学博士号取得。新進気鋭のマーケティング学者として多方面にて活躍中。
コンビニエンスストアなど新しい流通システムについて論文を多数発表。

『小川 進』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:小泉 陽以

Copyright(c)