ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BCG経営コンセプト > BCG経営コンセプト 04

メード・イン・アメリカ再び


概要:
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 メード・イン・アメリカ再び
00: 01: 36 本日の内容: 「メード・イン・アメリカ再び」
00: 02: 39 本日の内容 米国製造業が国内に回帰する理由
00: 03: 10 2011年春頃 BCG上海オフィスでの会話
00: 04: 37 中国製造業の経済性は急速に変化 中国揚子江デルタ地帯と米国の比較
00: 07: 30 経済性はアメリカに投資を呼び戻す方向に働いている
00: 09: 09 米国市場向け生産の米国回帰のドライバー
00: 11: 12 米国回帰の転換点に立つ7つの産業(1)
00: 13: 05 米国回帰の転換点に立つ7つの産業(2)
00: 14: 15 米国はコスト競争力を持ち始め、人件費の差は縮小傾向 例: 掃除用家電製品 (掃除機等)
00: 17: 02 米国製造業が復活しても、中国の生産拠点としての役割は変わらない
00: 20: 03 製造業の米国回帰は増加
00: 21: 59 米国製造業への新たな投資 全産業
00: 24: 26 本日の内容 世界の生産拠点の勢力図の変化
00: 24: 49 BCG生産コスト競争力指数を発表 対象とした国々で、世界の輸出量の90%近くを占める
00: 25: 42 過去10年間で、輸出上位25ヶ国の生産コスト競争力は劇的に変化
00: 28: 37 生産コストの変化の仕方により、4つのカテゴリーに分類される
00: 32: 54 米国の労働市場は、製造業の盛んな先進国の中で魅力度1位
00: 36: 17 米国の豊富な天然ガスが、国内の製造業に大きな優位性を生み出している
00: 38: 19 新 低コスト国 ("Rising Stars"): メキシコ、米国
00: 41: 10 「新 低コスト国」メキシコの優位
00: 43: 17 長年にわたりコスト競争力があった国々が、競争力を維持できなくなってきている
00: 47: 03 中国、ロシアの競争力低下は、過去10年間にわたる賃金とエネルギーコスト増加が要因
00: 49: 03 「地域内低 コスト国候補」の国々は多様
00: 50: 16 地域内 低コスト国候補: 国により変化した要素は異なる
00: 51: 58 従来から高コストであった西ヨーロッパの国々は、更に競争力を失っている
00: 52: 55 主要輸出国25ヶ国の生産コスト競争は大きく変化
00: 54: 06 主要25ヶ国の中での日本の立ち位置
00: 54: 40 「日本企業の六重苦」との関係
00: 57: 03 本日のまとめ
講師紹介: 服部 奨(はっとり すすむ)
BCG

『服部 奨』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:孫 麻耶

Copyright(c)