ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
スマートフォンを用いた決済市場の現状 > スマートフォンを用いた決済市場の現状 02

スマートフォン決済事例(2)Square
ゲスト:水野博商氏(Square株式会社 カントリーマネージャー)


概要:
本番組では、スマートフォン決済の草分け的存在であるSquareの日本法人代表水野博商氏を招いた。同社のシステムは、中小企業・個人事業者を主な対象に、決済から売上分析まで事業運営の支援に幅広く応え、新レジシステムも、一般のPOSシステムと比べてコスト面での優位性が高い。同社は、米国での成功体験を、そのまま日本には持ち込まない。カード決済の普及が欧米ほど進まない日本顧客特有の要望を丁寧に聞く。信頼関係が基礎にあって初めて、決済後の送金の早さ、使いやすさなどの利点が評価されると氏は語る。
水野氏は、新日鉄ソリューションズ株式会社でインターネットシステムを数多く手掛け、2009年ペイパルジャパン株式会社日本オフィスで日本社員1号として入社、加盟店獲得や新システムのマーケティング戦略策定などに従事する。
2012年シンガポールのペイパルアジアパシフィック本社でアジア全体を統括する営業部門を担当した後、2013年10月より現職のSquare株式会社カントリーマネージャーに就任する。米国Squareが産んだスマホ経由のカード決済システムは、二人の創業者ジャック・ドーシーとジム・マッケルビの間で交わされた、簡単な決済手段が欲しいという一消費者としての会話から始まる。Squareシステムの利便性が認知され始め、業績が拡大しても、二人の顧客志向は不変。水野氏が日本で販路拡大する際にも、創業者の信念は常に意識されている。米国市場では、ウェブと口コミを媒介にすれば十分に事業展開できたが、カード決済の普及に広がりを欠く日本では事情が異なる。
システムの利点としては、ウェブ上で完結する審査、費用は手数料の3.25%のみ、初期・固定費は無料、決済後入金は最短翌営業日、など数多いが、「簡単過ぎて怖い」との反応もあるのが実情。氏は、地道に直接訪問して説明する活動を続ける。
対話と体験が目的の「タッチ&トライ」というキャンペーンも、カメラ系家電量販店と提携して実施した。提携はコンビニエンスストア、カジュアル衣料販売店、グルメ情報サイトにも広がってきた。アイパッドの使用が増えると、サインや数字を入力するときの滑らかなタッチ感や、手順の自然さなど、ユーザーの使い勝手を徹底して追求した。
「最大の特長」と氏は差別化に自信を見せ、リクルート社と提携した「Airレジ」で具現化、従来POSシステムからの置き換えをも狙う。同社と共通するテーマは、ユーザー視点に立ちながら、中小・個人事業者を盛り立てていくこと。売上データはクラウド上にあり、販売分析はリアルタイムで可能だ。システムの高度化も顧客との信頼関係が第一と氏は語る。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 スマートフォン決済事例(2)Square
00: 03: 55 Squareのミッションと特長のご紹介
00: 04: 33 資料(1)
00: 05: 59 資料(2)
00: 06: 06 資料(3)
00: 09: 32 Square
00: 09: 59 日本での展開
00: 14: 45 資料(4)
00: 16: 09 Squareによるカード決済の特徴
00: 16: 37 資料(5)
00: 16: 48 カード決済の新しいカタチ
00: 16: 55 クレジットカード決済手数料
00: 16: 59 クレジットカード決済入金
00: 17: 44 利用開始に必要な手続き
00: 19: 09 利用にかかる費用
00: 19: 34 利用可能なクレジットカード
00: 19: 50 セキュリティー
00: 20: 26 ハードウェアとの対応
00: 20: 57 通常のレジ同様にSquareをご利用頂けます
00: 21: 05 カード情報の直接入力
00: 21: 13 商品番号
00: 21: 15 支払い
00: 21: 21 カードスワイプ
00: 21: 24 サイン
00: 21: 31 レシート
00: 25: 16 レポート
00: 25: 27 資料(6)
00: 25: 31 Squareで出来る売上分析
00: 25: 35 Squareデータ
00: 26: 10 データ分析
00: 26: 22 商品別の売上トレンドもリアルタイムに把握可能
00: 29: 37 導入事例
00: 48: 35 【再掲】日本での展開
講師紹介: 平野 敦士 カール(ひらの あつし かーる)
株式会社ネットストラテジー 代表取締役/ビジネス・ブレークスルー大学 教授/ハーバードビジネススクール 招待講師/早稲田大学ビジネススクール(MBA)非常勤講師
元楽天オークション取締役、元ドコモ・ドットコム、元タワーレコード取締役。
日本における「プラットフォーム戦略」の第一人者。
米国イリノイ州生まれ。麻布中学・高校卒業。東京大学経済学部卒業。日本興業銀行を経て、NTTドコモに転職。アライアンス推進担当部長として、おサイフケータイの普及に成功。2006年、米国コンサルティング会社MPDシニアアドバイザー就任。007年、ハギウハーバードビジネススクール准教授とともに戦略コンサルティング会社株式会社ネットストラテジーを創業。
著書に『プラットフォーム戦略』(東洋経済新報社)、『新・プラットフォーム思考』(朝日新聞出版)など多数。

『平野 敦士 カール』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:孫 麻耶

Copyright(c)