ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 Information Technology > ITライブ213:江崎 浩

住宅の未来のあり方
ゲスト:飯島雅人氏(株式会社ミサワホーム総合研究所 環境デザイン研究室 主幹研究員)


概要:
現在、日本の新築住宅は年間80万戸程度で推移しているが、ストック住宅5700万戸のうち約13%が空き家となっている。2025年には、65歳以上が人口の半数を超えるといわれている時代、住宅のあり方は変わらざるを得ない。住宅をITがどう変えていくのか?あるいは、住宅がITのようにどう変わっていくのか?南極の昭和基地で快適な住宅の実現実験を行うなど業界をリードする株式会社ミサワホーム総合研究所飯島雅人氏に聞く。
日本の約7割の人が、住宅においては空調のエネルギー消費が最も大きいと考えているようだが、実際には、空調はエネルギー消費の主役ではない。エアコンや暖房器具の省エネルギー技術が進み、消費エネルギーは劇的に下がっている。いまや本当の主役は、IT機器や一般電灯であるが、そこでも省エネルギー技術の各段の進歩がみられる。
実際、省エネルギー技術の採用と太陽光発電などの自然エネルギーの活用を組み合わせることで、今やゼロエネルギー住宅を実現させることは難しくない。
むしろ今日では、ゼロエネルギー住宅実現のさらにその先として、居住者が本来家にほしいと思う機能が差別化要因となる。
すなわち、それは、生活空間の快適性であり、人間活動を守る安全性であり、財産を守る安全性である。このようなすまいの基本に立ち返った原点回帰が今、必要とされることであり、住宅メーカーは「もの」(住宅)から「こと」(住空間)への挑戦を求められているのである。
海外ではIT機器やスマートフォンと住宅の諸機能を組み合わせた新しいビジネスが多く生まれてきている。しかし、そのような製品やビジネスをパーツとして日本に持ってきても、うまく機能しないことが殆どである。パーツレベルではなく、住宅全体を総合的に捉える必要性がある。
そうしたオープンな管理制御の実現が住宅の快適性につながる。また自立エネルギーや畜エネルギーシステムの構築がまさかの時の安全性につながる。あるいは、クラウドサービスのシームレスな活用が財産を守ることにつながる。さらには、技術の進化や居住者の経年変化への対応にあわせて住宅機能をアップグレードしていくことも重要である。
既に住宅メーカーは住宅と自動車を組み合わせた新たなシステムを開発しているという。未来の住宅の姿が楽しみである。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 住宅の未来のあり方
00: 03: 56 飯島雅人プロフィール
00: 04: 49 今日のキーワード
00: 09: 08 快適な省エネルギー住宅の実現
00: 10: 36 住宅のエネルギー消費はどうなっているか(1)
00: 12: 04 住宅のエネルギー消費はどうなっているか(2)
00: 13: 11 住宅のエネルギー消費はどうなっているか(3)
00: 14: 46 快適な省エネルギー住宅の実現(1)
00: 15: 56 快適な省エネルギー住宅の実現(2)
00: 16: 38 快適な省エネルギー住宅の実現(3)
00: 18: 03 快適な省エネルギー住宅の実現(4)
00: 18: 55 快適な省エネルギー住宅の実現(5)
00: 20: 07 快適な省エネルギー住宅の実現(6)
00: 22: 04 快適な省エネルギー住宅の実現(7)
00: 23: 45 快適な省エネルギー住宅の実現(8)
00: 25: 35 快適な省エネルギー住宅の実現(9)
00: 26: 00 ゼロ・エネルギー住宅の実現(1)
00: 28: 19 ゼロエネルギー住宅の実現(2)
00: 28: 50 ゼロエネルギー住宅の実現(3)
00: 29: 29 快適性・自然との共存
00: 30: 12 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(1)
00: 32: 00 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(2)
00: 32: 13 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(3)
00: 33: 28 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(4)
00: 34: 12 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(5)
00: 35: 54 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(6)
00: 36: 03 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(7)
00: 37: 29 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(8)
00: 37: 37 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(9)
00: 38: 32 ゼロ・エネルギーの更にその先へ(10)
00: 39: 53 生活の場である住宅には様々な機能・性能がある エネルギーは居住者の最大の関心事なのか?
00: 40: 01 すまいの基本に立ち返る(1)
00: 40: 18 すまいの基本に立ち返る(2)
00: 42: 39 すまいの基本に立ち返る(3)
00: 43: 09 すまいの基本に立ち返る(4)
00: 43: 53 すまいの基本に立ち返る(5)
00: 44: 28 21世紀の住宅の標準を創る(住宅の基本機能の底上げ)(1)
00: 49: 04 21世紀の住宅の標準を創る(住宅の基本機能の底上げ)(2)
00: 50: 32 海外の新しいビジネスの胎動(1)
00: 50: 50 海外の新しいビジネスの胎動(2)
00: 50: 59 海外の新しいビジネスの胎動(3)
00: 51: 10 海外の新しいビジネスの胎動(4)
00: 52: 11 日本の教訓、ノウハウを生かした新しい展開(1)
00: 53: 14 日本の教訓、ノウハウを生かした新しい展開(2)
00: 54: 13 日本の教訓、ノウハウを生かした新しい展開(3)
00: 56: 28 住宅のエネルギー消費はどうなっているか
00: 57: 56 まとめ(1)
00: 58: 55 まとめ(2)
講師紹介: 江崎 浩(えさき ひろし)


『江崎 浩』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:植村 智子

Copyright(c)