ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 747

< 経 済 > ノーベル物理学賞 赤崎・天野・中村氏 日本の3人、青色LEDを発明 照明など広く応用
<震災関係>規制委、地震での電源喪失否定 中間報告書
<国際情勢>「イスラム国」トルコに迫る シリア領、国境付近で市街戦 米の空爆に限界


概要:
*金沢市長選挙/山野之義氏が再選。場外車券場めぐり8月に辞任、任期は12月9日まで
*ノーベル物理学賞/青色LED発明の赤崎勇氏(名城大学教授)、天野浩氏(名古屋大学教授)、中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)の3氏が受賞
*特許法改正/特許庁が社員の発明に報奨を義務付けへ
*福島第一原発事故/原子力規制委員会が事故原因分析の中間報告書を確定
*太陽光発電/経済産業省が太陽光発電の参入凍結を検討。新増設を凍結、買取価格も値下げへ
*LNG調達/「東京電力」と「中部電力」が火力発電燃料の共同調達会社を設立へ
*日米防衛協力/日米両政府が自衛隊の米軍支援を拡大などガイドライン改定へ中間報告
*従軍慰安婦報道問題/「朝日新聞」が慰安婦報道検証へ、第三者委員会が初会合
*法人減税/財務省が財源確保で2015年度と2017年度の2段階で実施
*消費増税/公明・山口代表が党税調の3人をソウルに派遣。韓国の付加価値税を現地調査
*社会保障制度改革/政府が65歳の年金受給開始年齢の引き上げなど年金制度改革を議論
*景気動向/8月の景気動向指数は増税や天候不順などが響き前月比で1.4pt低下
*カジノ法案/推進派議員連盟が日本人のカジノ利用で再修正。経済効果と弊害めぐり綱引き
*国家戦略特区/外国人による家事代行の解禁、保育士の試験回数増などの追加規制緩和策
*地方創生/移住、雇用、子育て、行政集約、地域連携の重点5分野や打ち出す
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「静岡県浜松市の鈴木康友市長」だったら、製造業の斜陽化に対してどのような打ち手で経済と雇用の反転を目指すか?
*イスラム国/トルコ・エルドアン大統領が米国主導の空爆では解決せず、地上軍を派遣しクルド人支援へ
*ロシア情勢/新興財閥への損失補填で外国資産を接収する法案準備
*オバマ政権/パネッタ前国防長官が2011年のイラク完全撤退でオバマ大統領を批判
*インドネシア情勢/政権交代で国会では多数派工作が難航し政策実行力への不安が高まる
*ブラジル大統領選/ルセフ氏が得票率で首位。過半数には届かず2位のネベス氏と決選投票へ
*EU法人税制/欧州委員会が[「アマゾン」への優遇策でルクセンブルクの法人税優遇策を調査
*世界経済/G20財務相・中銀総裁会議で世界経済見通しに各国から懸念の声
*米ドル相場/為替が対円で約6年、対ユーロで約2年ぶりの高水準に
*インド通貨政策/インド政府がルピー取引規制を緩和へ。海外からの投融資拡大に弾み
*中国不動産市場/地方都市での過剰供給は深刻で景気減速の主因に警戒感が高まる
*日本マクドナルドHD/2014年12月期決算見通しは94億円の連結営業赤字
*すかいらーく/8年ぶりに再上場。初値が1200円で時価総額は2330億円に
*日立製作所/自動走行の新技術を初公開。世界のメーカーに売り込み収益の柱に
*オフィス空室率/9月の都心5区の空室率は前月末比0.37pt低下の5.65%に
*成田空港/羽田空港に対抗しLCCターミナルの利用促進へ。国際線では既存ターミナル比の約40%安に
*港湾整備/国土交通省が海上輸送網を効率化へ。全国10港に集中投資
*米ヤフー/「アリババ」株の売却資金をチャットアプリ開発の新興企業「スナップチャット」に投資
*韓国サムスン電子/京畿道平沢市に約1兆6000億円投資の半導体新工場を建設へ
*台湾メディアテック/9月の連結売上高が前年同月比42%増の約666億円に
*フィアット・クライスラー/伊「フィアット」と米「クライスラー」が統合。販売台数で世界7位
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#747
0.0: 12.0: 28 金沢市長選
0.0: 14.0: 0 ノーベル物理学賞
0.0: 18.0: 45 ランプサーブ概要
0.0: 19.0: 52 特許法改正
0.0: 22.0: 30 福島第一原発事故
0.0: 26.0: 55 太陽光発電
0.0: 28.0: 20 電源別の発電コスト
0.0: 30.0: 2 LNG調達
0.0: 30.0: 45 会社別のLNG輸入量
0.0: 32.0: 40 日米防衛協力
0.0: 34.0: 17 日米防衛協力のための指針の見直しに関する中間報告の概要
0.0: 35.0: 25 従軍慰安婦報道問題
0.0: 35.0: 57 朝日新聞の慰安婦報道検証第三者委の委員
0.0: 37.0: 40 法人減税
0.0: 40.0: 27 消費増税
0.0: 42.0: 40 社会保障制度改革
0.0: 44.0: 12 主要国の年金受給開始年齢
0.0: 46.0: 57 国民医療費の推移
0.0: 48.0: 58 景気動向
0.0: 52.0: 38 カジノ法案
0.0: 55.0: 21 各国のカジノ合法化への事後評価
0.0: 57.0: 33 国家戦略特区
0.0: 58.0: 1 国家戦略特区での追加規制改革の主な項目
0.0: 59.0: 30 地方創生
1.0: 5.0: 17 RTOCS
1.0: 6.0: 17 浜松市の位置
1.0: 6.0: 47 浜松地域の企業・創業者
1.0: 7.0: 52 都道府県別製造品出荷額ランキング
1.0: 8.0: 1 市町村別の輸送用機器出荷額
1.0: 8.0: 20 浜松市製造業に占める輸送用機器の割合
1.0: 8.0: 34 浜松市の製造業の状況
1.0: 8.0: 57 浜松市及び全国の製造品出荷額推移
1.0: 9.0: 15 日系自動車メーカーの内外生産台数推移
1.0: 9.0: 34 日系自動車メーカーの内外生産台数推移
1.0: 9.0: 47 浜松市の輸送用機器出荷額と外国人人口の推移
1.0: 10.0: 28 浜松市産業の課題と現状の取り組み
1.0: 11.0: 56 新幹線各駅の一日平均乗客数
1.0: 13.0: 45 これまでの浜松産業の発展経緯
1.0: 14.0: 3 クオリティ・シティとしての浜松の基本方針
1.0: 14.0: 34 【参考】浜松市の産官学連携構想
1.0: 14.0: 45 浜松市の産官学連携の在り方(案)
1.0: 14.0: 48 【参考】横須賀リサーチパークの事例
1.0: 15.0: 50 浜松市産業の方向性(案)
1.0: 22.0: 40 イスラム国
1.0: 25.0: 59 ロシア情勢
1.0: 26.0: 40 米国・EUの対ロ制裁の主な対象企業
1.0: 27.0: 30 米オバマ政権
1.0: 29.0: 54 インドネシア情勢
1.0: 30.0: 30 インドネシアの金融指標
1.0: 32.0: 34 ブラジル大統領選
1.0: 33.0: 3 決選投票で争う2候補
1.0: 34.0: 33 EU法人税制
1.0: 36.0: 39 世界経済
1.0: 39.0: 23 米ドル相場
1.0: 41.0: 8 インド通貨政策
1.0: 44.0: 11 中国不動産市場
1.0: 46.0: 22 日本マクドナルドHD
1.0: 49.0: 28 日本マクドナルドの業績推移
1.0: 49.0: 40 日本マクドナルドの売上高前年同期比の推移
1.0: 50.0: 10 すかいらーく
1.0: 50.0: 37 すかいらーくの株主構成の推移
1.0: 51.0: 41 日立製作所
1.0: 52.0: 49 オフィス空室率
1.0: 53.0: 10 都心5区のオフィスビル空室率と平均賃料の推移
1.0: 53.0: 51 成田空港
1.0: 54.0: 16 空港使用料の国際比較
1.0: 54.0: 55 港湾整備
1.0: 55.0: 33 米ヤフー
1.0: 55.0: 49 アリババの株主構成
1.0: 56.0: 20 韓国サムスン電子
1.0: 56.0: 48 サムスン電子の連結業績
1.0: 56.0: 55 サムスンのセグメント別営業損益の推移
1.0: 57.0: 53 台湾メディアテック
1.0: 58.0: 33 フィアット・クライスラー
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)