ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 745

<国際情勢>スコットランド独立否決 住民反対55% 経済へ悪影響懸念
<ビジネス> アリババ、時価総額25兆円 米トップ10に迫る 初日終値93ドル
< 経 済 > 国債、日銀シェア21%超 6月末残高、金融緩和で大量購入


概要:
*大前研一、向研会海外視察(バルト三国+ベラルーシ)報告
*訃報/日本の理論経済学の第一人者、宇沢弘文氏(86歳)が死去
*訃報/李香蘭の名で女優、歌手として一世風靡した山口淑子さん(94歳)が死去
*訃報/日産自動車の元社長・会長、久米豊氏(93歳)が死去
*スコットランド情勢/独立反対が55%、賛成は44%で独立は否決。サモンド首相が辞任表明
*ウクライナ情勢/EUとの連合協定を批准。オバマ大統領が約58億円の追加支援を表明
*欧州情勢/ポーランドがドイツに接近、自主的外交を模索。欧州の重心が東に傾く
*欧州エネルギー情勢/ロシア「ガスプロム」が東シベリア天然ガスの輸出先を中国に限定。EUがロシアからウクライナへ冬季ガス供給の条件を提案
*ロシア経済/ロシア政府が大富豪のエフトゥシェンコフ氏を在宅逮捕
*日ロ関係/安倍首相がプーチン大統領にAPECでの首脳会談を提案。国後、歯舞、色丹の移住者が増加
*イスラム国/フセイン元大統領支持者が過激思想を非難。米国が対イスラム国でイランに協力を打診
*アフガニスタン情勢/ガニ元財務相が大統領に選出。アブドラ元外相は行政長官に就任
*インド外交/中国・習近平国家主席が今後5年間でインドに約2兆円を投資。モディ首相が初訪米
*新疆ウイグル情勢/ブグル県の連続爆発事件で計50人が死亡。漢族とウイグル族が衝突の可能性
*イランネット規制/シラジ師がイスラム法に反すると懸念。ロハニ大統領は科学技術の発展こそが最重要と反論
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「モスフードサービスの櫻田厚会長兼社長」だったら、異業種格闘技の様相を呈する外食産業の中で、いかにしてマクドナルドの二の舞を避けて業績を伸ばすか?
*米ドル相場/1カ月の円相場が対ドルで7円急落。強いドルにマネー集中
*ピムコ/運用成績が低迷し投資家から風当たりが強まり、共同創業者のビル・グロス氏が退社
*日銀/6月末の国債保有残高が前年比43.8%増の215兆円。国債残高に占める割合は21.2%
*消費再増税/7月のCPI物価指数が前年同月比3.4%上昇。消費者の節約志が向浮彫りに
*中国・アリババ集団/初値が92ドル70セントで公募価格を3割上回る。時価総額は約25兆円に
*スペースシャトル/NASAが「ボーイング」CSTー100、「スペースX」ドラゴンをシャトル後継に選定
*米オラクル/1977年にオラクル創業したラリー・エリソン氏がCEO退任。今後は会長兼CTOに
*独シーメンス/家電事業から撤退しエネルギー関連に集中。合弁持ち分を独「ボッシュ」に約4200億円で売却
*英グラクソ・スミスクライン/中国湖南省・中級人民法院が約530億円の罰金刑
*配車アプリ/ウーバーに対抗しロスチャイルド氏らが「マアクシー」社に出資しアプリ開発を支援
*横浜DeNAベイスターズ/南場智子氏が球団オーナー就任へ。日本プロ野球80年で初の女性オーナー
*ソニー/2015年3月期の連結業績見通しを下方修正。1958年上場以来、初の無配に
*新型原子炉/米原子力規制委員会が「GE日立ニュークリア」社の新型原子炉を認可
*イオン/「ダイエー」を完全子会社化で調整。来春に上場廃止で早期再建を目指す
*ホンダ/日本政府のバングラ支援表明で二輪車工場建設を検討
*優良外食チェーン/外食のプロが選ぶ優良チェーン店ランキングで1位は大戸屋
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#745
0.0: 4.0: 13 向研会海外視察訪問国
0.0: 5.0: 1 向研会2014年度の海外視察国と訪問都市
0.0: 6.0: 27 向研会2014年海外視察での視察先①
0.0: 6.0: 29 向研会2014年海外視察での視察先②
0.0: 25.0: 0 ナショナリズムの奇妙な復活
0.0: 27.0: 23 訃報
0.0: 27.0: 41 故・宇沢弘文氏の経歴
0.0: 32.0: 9 訃報
0.0: 32.0: 58 故・山口淑子氏の経歴
0.0: 35.0: 9 訃報
0.0: 35.0: 35 故・久米豊氏の経歴
0.0: 39.0: 20 スコットランド情勢
0.0: 40.0: 33 スコットランドの概要
0.0: 42.0: 2 欧州の独立運動がある主な地域
0.0: 47.0: 55 ウクライナ情勢
0.0: 49.0: 39 安定化連合協定とは?
0.0: 50.0: 42 欧州情勢
0.0: 53.0: 43 欧州エネルギー情勢
0.0: 57.0: 54 ロシア経済
1.0: 0.0: 7 日ロ関係
1.0: 1.0: 43 イスラム国
1.0: 3.0: 57 アフガニスタン情勢
1.0: 4.0: 41 アシュラフ・ガニー次期大統領
1.0: 4.0: 50 アフガニスタンをめぐる近年の動向
1.0: 6.0: 41 インド外交
1.0: 8.0: 26 インドと中国が領有権を争う地域
1.0: 9.0: 25 新疆ウイグル情勢
1.0: 11.0: 57 イランネット規制
1.0: 16.0: 41 RTOCS
1.0: 17.0: 33 国内外食及びハンバーガー市場の推移
1.0: 17.0: 50 主要ハンバーガーチェーンの店舗売上高推移
1.0: 18.0: 14 ハンバーガーチェーンの市場シェア
1.0: 18.0: 26 外食市場の業績別成長率と市場規模
1.0: 19.0: 0 ファストフードの業態別成長率と市場規模
1.0: 19.0: 35 モスフードサービスの連結業績推移
1.0: 19.0: 52 モスフードサービスの売上高、原価、販管費の推移
1.0: 20.0: 12 モスバーガーの店舗数、店舗総売上、一店舗当たり売上
1.0: 20.0: 26 日本マクドナルドの業績推移
1.0: 20.0: 40 【参考】日本マクドナルドの店舗売上高、売上高、店舗構成
1.0: 21.0: 4 モスフード及びマクドナルドの経常利益推移
1.0: 21.0: 20 店舗数、店舗総売上、一店舗当り売上の比較
1.0: 22.0: 17 モスフードサービスの業績悪化の要因まとめ
1.0: 22.0: 45 「待ち時間」のイライラタイム
1.0: 23.0: 35 モスバーガーの本質的問題
1.0: 23.0: 54 類似業態と店舗数比較
1.0: 24.0: 9 類似業態との店舗売上高比較
1.0: 24.0: 32 モスバーガーの方向性(仮)
1.0: 24.0: 48 日本の家族類型別世帯構成の推移
1.0: 25.0: 8 モスバーガーの新たな顧客価値(案)
1.0: 36.0: 5 米ドル相場
1.0: 36.0: 34 米ドルの名目実効為替レート
1.0: 36.0: 43 主な通貨の対ドル為替レートの騰落率
1.0: 37.0: 8 米ピムコ
1.0: 37.0: 42 ピムコの概要
1.0: 39.0: 24 日銀
1.0: 39.0: 59 国債等の保有者内訳
1.0: 40.0: 42 消費再増税
1.0: 42.0: 43 中国・アリババ集団
1.0: 43.0: 20 主な米国ネット関連企業の時価総額
1.0: 44.0: 56 ソフトバンクの主な出資先企業
1.0: 46.0: 13 スペースシャトル
1.0: 46.0: 50 スペースXの概要
1.0: 46.0: 58 イーロン・マスク氏
1.0: 47.0: 51 米オラクル
1.0: 49.0: 28 独シーメンス
1.0: 50.0: 33 欧州重電・インフラ業界の再編
1.0: 51.0: 22 英グラクソ・スミスクライン
1.0: 52.0: 59 配車アプリ
1.0: 54.0: 10 横浜DeNAベイスターズ
1.0: 54.0: 50 ソニー
1.0: 55.0: 18 ソニーの業績推移
1.0: 55.0: 25 ソニーのセグメント別業績損益
1.0: 55.0: 56 新型原子炉
1.0: 57.0: 2 イオン
1.0: 58.0: 29 ホンダ
1.0: 59.0: 15 優良外食チェーン
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)