ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 737

<震災関係>川内原発「新基準に適合」 安全審査、規制委が合格証 今秋再稼働へ地元と調整
< 経 済 > 日銀、増税後も物価に強気 雇用改善で 黒田総裁 「15年度にかけ2%」
<国際情勢>米主導の金融秩序に対抗 BRICS、上海に開銀 途上国へ影響力狙う


概要:
*原発再稼働問題/原子力規制委員会が川内原発の安全審査合格を決定。「九州電力」が今秋の再稼働を目指す
*広域電力運営/電力広域的運営推進機関が設立総会。電力会社の営業区域をまたぎ電力融通
*燃料電池車/「JX日鉱日石エネルギー」が水素ステーションを100カ所設置へ
*物価上昇率/日銀・黒田総裁が2015年度に2%に達する可能性が高いと現状の金融緩和を維持
*投資信託/毎月支払う投信が人気で6月の資金流入額が約4000億円に
*マレーシア航空機墜落/7月17日・ウクライナ東部に航空機が墜落。乗客・乗員298人が死亡
*パレスチナ情勢/イスラエルがパレスチナ自治区ガザ地上侵攻で90人が死亡
*シリア情勢/シリア中部・ホムス県の天然ガス田制圧でイスラム国がシリア政権側270人を殺害
*スコットランド情勢/イギリスからの分離独立めぐり9月に住民投票。通貨ポンドの使用で攻防
*BRICS開発銀行/BRICS5カ国が新開発銀行創設で合意。本部は上海に設置
*中国反腐敗運動/CCTVの有名男性キャスターが検察当局に拘束
*人口減少問題/国土交通省が過疎地の住民を5000カ所の拠点に集約など2050年の生活構想
*日米関係/ハーバード大学・ナイ教授が“日米同盟が効果的な抑止策を打ち出せていない”と指摘
*日中関係/2014年1-6月の日本からの対中直接投資額は前年同期比48.8%減の約2440億円
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ツムラの芳井順一会長」だったら、 医療用漢方製剤では圧倒的なシェアがあるが、 OTCやサプリメントではまだ伸びしろがあると思われる。どのように両輪を確立するか?
*パナソニック/人材派遣子会社を200億円で売却へ。携帯基地局事業は「ノキア」へ売却
*タカタ/リコール関連の損失で450億円を計上。2015年3月期は最終赤字が200億円見通し
*道路地図帳/「昭文社」が道路地図上に絶景ポイントやレジャー施設情報など掲載の休日ドライブ地図を発売
*山水電気/負債総額約3億5000万円で東京地裁が破産手続き開始を決定
*ベネッセHD/受講費の減額やおわびの物品送付など200億円の補償金を準備
*金融リテラシー調査/OECDのお金の価値判断テストで中国がトップ。日本は含まれず
*オクラホマ地震/オクラホマ州で7回の地震が発生。シェールガス採掘との関連指摘の声
*シェールガス・オイル業界/米「ホワイトニング」が「コディアック」を約6000億円で買収
*ギリシャ国債/「バンコ・エスピリト・サント」の健全性めぐる懸念でギリシャ国債の入札が不調
*JPモルガン・チェース/ダイモンCEOが咽頭がんを公表。取締役会で後継選定も
*IBM/法人向けモバイルで「アップル」と提携。マイクロソフトに対抗
*マイクロソフト/全社員の約14%、最大1万8000人を削減へ
*アマゾン・ドット・コム/電子書籍の定額読み放題サービスを開始。キンドル向けに月額約1000円
*日産自動車/2016年末までに高速道路で自動運転を実現へ
*フォルクスワーゲン/伊「フィアット」買収を検討。創業一族同士が買収可能性を話し合い
*台湾TSMC/2014年4-6月期決算は9四半期連続の増収増益で純利益は約2030億円
*富士通/三重工場と会津若松工場を売却し設計・開発に特化。半導体生産から撤退へ
*アッヴィ/アイルランド医薬品メーカー「シャイアー」を総額約5兆5300億円で買収
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#737
0.0: 25.0: 49 原発再稼働問題
0.0: 26.0: 34 12原発19基の審査状況
0.0: 27.0: 13 運転経過年数別の日本の原子力発電所数
0.0: 29.0: 19 広域電力運営
0.0: 31.0: 20 燃料電池車
0.0: 38.0: 45 物価上昇率
0.0: 40.0: 39 投資信託
0.0: 41.0: 21 投信への資金流入額
0.0: 41.0: 32 マレーシア航空機墜落
0.0: 49.0: 31 パレスチナ情勢
0.0: 49.0: 48 パレスチナ自治区周辺図
0.0: 51.0: 17 イスラエルとハマスを巡る相関図
0.0: 55.0: 6 シリア情勢
0.0: 57.0: 25 スコットランド情勢
0.0: 59.0: 1 スコットランド概要
1.0: 4.0: 7 BRICS開発銀行
1.0: 4.0: 40 途上国支援を行う主な国際金融機関
1.0: 6.0: 19 国別の世界銀行グループ金融機関への拠出額
1.0: 8.0: 25 中国反腐敗運動
1.0: 10.0: 14 人口減少問題
1.0: 11.0: 18 人口10万人以上の都市(圏)と人口
1.0: 13.0: 42 日米関係
1.0: 14.0: 29 日米中の防衛費の推移
1.0: 15.0: 38 日中関係
1.0: 17.0: 30 RTOCS
1.0: 18.0: 27 国内漢方製剤市場の推移
1.0: 19.0: 6 ツムラの業績推移
1.0: 20.0: 32 ツムラの売上高構成比
1.0: 21.0: 20 国内医薬品市場に占める漢方製剤の割合
1.0: 21.0: 37 漢方製剤におけるツムラのシェア
1.0: 22.0: 4 主要漢方メーカーの売上高
1.0: 22.0: 14 漢方市場の特徴と参入障壁
1.0: 23.0: 18 大手医薬品メーカーとツムラの違い
1.0: 24.0: 13 医薬品メーカーの製造原価比率
1.0: 24.0: 33 ツムラの原料生薬調達ルートと調達割合
1.0: 24.0: 47 漢方の海外市場の状況
1.0: 25.0: 20 【参考】ツムラの漢方国際化の取り組み(米国)
1.0: 25.0: 55 ツムラの現状と課題
1.0: 26.0: 15 【参考】ツムラの課題に対する取り組み状況
1.0: 26.0: 42 国内OTC及び健康食品の市場規模
1.0: 26.0: 54 ツムラの総資産とEBITDAの推移
1.0: 27.0: 4 ツムラのセグメント別営業利益推移
1.0: 27.0: 29 ツムラのコスト構造の推移
1.0: 27.0: 39 国内OTC売上ランキングTOP30
1.0: 27.0: 55 【再掲】国内OTCおよび健康食品の市場規模
1.0: 28.0: 17 ツムラの方向性(案)
1.0: 28.0: 33 漢方処方OTCの主要メーカーと販売実績
1.0: 37.0: 16 パナソニック
1.0: 38.0: 9 事務系主体の人材派遣会社の売上高
1.0: 38.0: 28 タカタ
1.0: 39.0: 56 道路地図帳
1.0: 41.0: 30 山水電気
1.0: 42.0: 23 ベネッセHD
1.0: 45.0: 27 金融リテラシー調査
1.0: 45.0: 47 金融リテラシーテストの内容
1.0: 47.0: 40 オクラホマ地震
1.0: 48.0: 48 米シェールガス・オイル業界
1.0: 49.0: 26 ギリシャ国債
1.0: 49.0: 50 欧州主要国の10年債利回りの推移
1.0: 50.0: 18 JPモルガン・チェース
1.0: 51.0: 35 米IBM
1.0: 52.0: 6 米マイクロソフト
1.0: 52.0: 22 マイクロソフトの業績推移
1.0: 52.0: 44 米アマゾン・ドット・コム
1.0: 53.0: 49 日産自動車
1.0: 54.0: 57 独フォルクスワーゲン
1.0: 55.0: 17 世界の自動車販売台数ランキング
1.0: 55.0: 30 トヨタとフォルクスワーゲンの地域別販売台数
1.0: 56.0: 26 台湾TSMC
1.0: 56.0: 55 TSMCの業績推移
1.0: 57.0: 26 富士通
1.0: 57.0: 38 半導体メーカーの売上高ランキングの変遷
1.0: 59.0: 13 米アッヴィ
1.0: 59.0: 22 世界の医薬品メーカーの売上高
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)