ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 736

< 経 済 > JR九州、16年度までに上場へ 政府、株売却益を整備新幹線に充当
<ビジネス>「巨人」サムスン変調 9年ぶり減収減益 低価格スマホ台頭、先端部品調達も難航
<国際情勢>焦点:親ロ派の支援要請に沈黙のプーチン大統領、目的達成か


概要:
*大前研一 北海道訪問報告
*日中関係/習近平国家主席がろ溝橋事件式典で“侵略の歴史を美化する者は決して認めず”と演説
*米中関係/米中戦略・経済対話で投資協定の大枠を年内に固める方針で一致
*米独関係/独連邦検察庁がBND機密文書を218件持ち出した疑いでBND職員を逮捕
*ロシア輸入規制/モルドバの精肉製品輸入を大幅制限。ウクライナ製乳製品も輸入禁止に
*イラク情勢/クルド自治政府治安部隊が2油田を制圧
*アフガニスタン大統領選/米ケリー国務長官がガニ、アブドラ両陣営と協議
*インドネシア大統領選/ウィドド氏が9日の開票速報で優勢に
*ミャンマー情勢/テイン・セイン大統領が仏教徒とイスラム教徒の衝突で危機感
*タイヤ世界大手/「ブリヂストン」が仏「ミシュラン」をROEで逆転
*ソニー/電子ペーパー、教材やテストは無線でやり取りする教育用システムを開発し大学に販売へ
*JR九州/収益力が高まり、国土交通省が2016年度までの上場を検討
*次世代型原子炉/米原子力規制委員会が「GE日立ニュークリア・エナジー」が設計した原子炉の審査を終え9月認可へ
*日立製作所/電力消費量2割減、エネルギー効率96%の世界最高性能の産業用モーターを開発
*半導体製造装置大手/「東京エレクトロン」と米「アプライドマテリアルズ」の統合新会社は「エタリス」に決定
*ソフトバンク/「TモバイルUS」の買収で親会社「ドイツテレコム」と大筋合意
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「もしも私が「京阪電気鉄道の加藤好文社長」だったら、 好調に見える業績に甘んじることなくどのような飛躍戦略を描くか?
*特許連合/「グーグル」「キヤノン」「SAP」などがLOTネットワークを設立
*韓国サムスン電子/2014年4-6月期の連結営業利益は前年同期比24%減の約7200億円
*中国家電大手/中国テレビ販売が5年ぶりの前年割れ見通し
*インド総合小売業/仏「カルフール」がインド卸売事業から撤退
*日産・ルノー/グループコストの削減で相乗効果が約3989億円
*フォルクスワーゲン/天津市と青島に約2800億円投資し工場新設へ
*米国量的金融緩和策/FRBが米経済の回復条件に量的緩和を10月終了
*シティグループ/住宅ローン担保証券の不正販売めぐり、米司法省と和解へ調整
*世界M&A市場/2014年1-6月の世界M&A額は約170兆円
*EU企業税制/EUの企業税制調査でルクセンブルクが調査への対応を渋り、ユンケル氏にジレンマ
*訪日外国人/2015年にタクシー運転手の有料通訳ガイドを解禁へ
*外国人宿泊者数/2013年の外国人延べ宿泊者数が前年比27%増の3351万人泊
*国内景気/駆け込み需要による反動が予想以上の可能性と海外メディアが報道
*法人税率/自民党・石破幹事長が法人税率に地域差つける案を提起
*集団的自衛権/日米防衛相会談で日米防衛協力指針を年末までに改定へ
*民主党/民主党・玄葉前外相が代表選前倒しを重ねて要求
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#736
0.0: 26.0: 43 日中関係
0.0: 28.0: 37 中国と周辺地域の関係
0.0: 30.0: 2 米中関係
0.0: 30.0: 19 米中戦略対話での習近平氏の発言
0.0: 32.0: 47 米独関係
0.0: 36.0: 25 ロシア輸入規制
0.0: 39.0: 17 イラク情勢
0.0: 41.0: 30 テロ・戦闘によるイラク民間人死亡者数の推移
0.0: 41.0: 58 アフガニスタン大統領選
0.0: 42.0: 40 アフガニスタンの民族構成
0.0: 44.0: 28 インドネシア大統領選
0.0: 45.0: 1 インドネシア大統領選での二人の候補者
0.0: 46.0: 44 ミャンマー情勢
0.0: 47.0: 29 ミャンマーの民族構成と民族分布図
0.0: 53.0: 33 タイヤ世界大手
0.0: 54.0: 28 ブリヂストンとミシュランの業績比較
0.0: 56.0: 27 ソニー
1.0: 0.0: 25 JR九州
1.0: 1.0: 2 JR九州の経常利益の推移
1.0: 2.0: 22 次世代型原子炉
1.0: 6.0: 1 日立製作所
1.0: 7.0: 50 半導体製造装置大手
1.0: 8.0: 13 半導体製造装置メーカーのシェア
1.0: 9.0: 13 ソフトバンク
1.0: 9.0: 59 米国の主な携帯電話会社の契約者数
1.0: 13.0: 25 RTOCS
1.0: 14.0: 15 京阪電気鉄道の路線図
1.0: 14.0: 41 関西大手私鉄の路線網
1.0: 15.0: 13 京阪電気鉄道のセグメント別業績推移
1.0: 15.0: 35 近畿圏の鉄道輸送人員の推移
1.0: 17.0: 29 関西主要鉄道の輸送人員推移
1.0: 17.0: 42 近畿圏の将来人口推計(万人)
1.0: 18.0: 4 京阪電鉄の課題と方向性(仮)
1.0: 18.0: 31 関西鉄道各社の補完性及び相乗効果の検討
1.0: 18.0: 50 関西各社の鉄道事業の事業規模
1.0: 19.0: 10 大阪市営地下鉄の純損益の推移
1.0: 19.0: 21 市営地下鉄の収支状況
1.0: 19.0: 35 地下鉄事業民営化収支の要因分析
1.0: 20.0: 2 関西各社の鉄道事業の生産効率
1.0: 20.0: 38 大阪市営地下鉄及び大手私鉄の売上構成比
1.0: 20.0: 58 大阪市営バスの経営状況推移
1.0: 21.0: 3 バス事業の収支比較分析
1.0: 21.0: 34 大阪市営バスの事業性のある系統
1.0: 22.0: 5 京阪電気鉄道の方向性(案)
1.0: 22.0: 54 京阪および大阪市営地下鉄・バスのSWOT
1.0: 24.0: 31 【参考】大阪市営交通の企業価値・時価総額推計
1.0: 36.0: 5 特許連合
1.0: 36.0: 41 米国における特許告訴件数の推移
1.0: 37.0: 24 韓国サムスン電子
1.0: 38.0: 33 サムスン電子の連結業績
1.0: 38.0: 39 サムスンのセグメント別営業損益の推移
1.0: 40.0: 38 中国家電大手
1.0: 42.0: 37 インド総合小売業
1.0: 44.0: 10 日産・ルノー
1.0: 46.0: 32 主な中東欧諸国の自動車生産台数の推移
1.0: 47.0: 5 独フォルクスワーゲン
1.0: 47.0: 23 中国におけるフォルクスワーゲンの状況
1.0: 48.0: 29 米量的緊急緩和策
1.0: 49.0: 9 FRBの総資産とダウ平均の推移
1.0: 50.0: 8 米シティグループ
1.0: 50.0: 38 世界M&A市場
1.0: 51.0: 55 EU企業税制
1.0: 52.0: 59 訪日外国人
1.0: 54.0: 41 訪日外国人の旅行形態
1.0: 55.0: 35 外国人宿泊者数
1.0: 56.0: 1 外国人延べ宿泊者数の状況
1.0: 56.0: 18 国内景気
1.0: 56.0: 39 法人税率
1.0: 57.0: 40 集団的自衛権
1.0: 59.0: 7 民主党
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)