ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 732

<国際情勢>重圧下の天安門 事件から25年、共産党批判押さえ込む
< 経  済 > 国内生保、国際競争へ 第一生命、上場4年で転機 経営変革起爆剤に
< 政  治 > 日本のCO2排出、震災後に7%増 原発停止、電力部門は3割増 温暖化交渉に影響も


概要:
*G7/首脳会談がブリュッセルで閉幕。ウクライナ情勢で結束、ロシア対応では米国と日欧にズレ
*ウクライナ情勢/ポロシェンコ氏が大統領に就任。停戦に向けて和平計画を発表
*日中関係/中国軍機が東シナ海公海上で自衛隊機に異常接近。軍の末端への統率が弱い表れか
*南シナ海情勢/安倍首相がベトナムへの中古巡視船供与に意欲。韓国がフィリピンの軍拡を支援
*中国天安門事件/朝日新聞が”重圧下の天安門、事件から25年”との記事を掲載
*中国経済/内閣府が昨年11月から景気減速と公表。中国経済に反腐敗のリスク
*日朝関係/岸田外相が安倍首相の訪朝の可能性に言及
*ローマ法王/安倍首相がローマ法王フランシスコと会談
*中東情勢/シリア初の複数候補による大統領選が実施。トルコ首相が大統領選に出馬へ
*米兵開放問題/米バーグドール軍曹がタリバン幹部5人と引き換えにタリバンから解放
*キルギス米軍基地/中央アジア唯一の駐留米軍基地、マナス空軍基地を閉鎖
*次期欧州委員長/英キャメロン首相がユンケル氏が選出ならEU残留を保証しない警告。独メルケル首相はIMF・ラガルド氏の擁立を打診
*英エネルギー政策/エリザベス女王が議会施政方針演説でシェールガス開発の推進を促す
*スペイン国王/フアン・カルロス1世国王が退位。長男のフェリペ皇太子に譲位
*インドネシア大統領選/ジャカルタ州知事・ウィドド氏と元軍人・スビアント氏の一騎打ち
*日印関係/インド・モディ首相が来日へ。経済や安全保障など重層的な関係構築を確認
*サッカーW杯/「ナイキ」「アディダス」「プーマ」3社の商戦が激化
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「セイコーエプソンの碓井稔社長」だったら、業績急回復の今、経営を安定成長軌道に乗せるためにどのような打ち手を実行するか?
*第一生命保険/米「プロテクティブ」を5000億円超で買収。公募増資で資金を調達
*東京スター銀行/中国信託商業銀行が約520億円で全株式を取得
*国際協力銀行/2014年3月期の純利益が前期比44%増の913億円に
*虎ノ門再開発/「森ビル」虎ノ門ヒルズが11日に開業。虎の門病院やホテルオークラも建て替え
*大学特許/2013年の特許申請却下数が前年比14%増の8595件に
*STAP問題/小保方氏が主論文の撤回に合意。ハーバード大・バカンティ教授も合意で研究が白紙に
*親日度ランキング/1位はベトナム、2位はマレーシア、3位はタイ。上位10カ国中6カ国が東南アジア
*温暖化対策/原発停止と火力発電の割合増で温暖化ガス排出量が2年で約7%増加
*福島第一原発事故/細野豪志氏が事故当時を振り返り首相官邸内に作業員撤退やむなしの雰囲気
*原発安全対策/原子力規制委員会の安全対策強化要請で電力10社の追加費用が2兆2000億円に
*新成長戦略/政府がリニア中央新幹線の大阪延伸を2045年→2027年に前倒し明記へ
*マイナンバー/安倍首相が医療や金融機能も統合へ関係閣僚に検討を指示
*年金問題/2013年度の企業年金運用益が前年度比5.1%減の1兆3967億円に
*後発薬/後発薬(ジェネリック医薬品)のシェアは日本が5割、ドイツは8割
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#732
0.0: 19.0: 25 G7
0.0: 21.0: 45 ウクライナ情勢
0.0: 25.0: 47 日中関係
0.0: 27.0: 56 南シナ海情勢
0.0: 30.0: 11 中国天安門事件
0.0: 36.0: 6 中国経済
0.0: 38.0: 40 日朝関係
0.0: 41.0: 29 ローマ法王
0.0: 45.0: 13 中東情勢
0.0: 46.0: 36 米兵開放問題
0.0: 48.0: 34 キルギス米軍基地
0.0: 49.0: 5 キルギスタン周辺図
0.0: 51.0: 6 次期欧州委員長
0.0: 52.0: 16 英国における欧州議会選挙の結果
0.0: 52.0: 36 欧州議会選挙の結果
0.0: 54.0: 12 英エネルギー政策
0.0: 55.0: 35 2014年議会開会式での英女王演説で言及された主な項目
0.0: 58.0: 25 スペイン国王
1.0: 1.0: 48 インドネシア大統領選
1.0: 2.0: 13 インドネシア大統領選での二人の候補者
1.0: 3.0: 9 日印関係
1.0: 4.0: 39 サッカーW杯
1.0: 7.0: 42 RTOCS
1.0: 8.0: 28 エプソンの売上高構成比
1.0: 9.0: 2 印字方式別プリンターの世界市場規模
1.0: 9.0: 25 印字方式別プリンターの世界シェア
1.0: 10.0: 29 エプソンのプロジェクター世界シェア
1.0: 10.0: 45 エプソンの業績推移
1.0: 11.0: 8 エプソンの事業別売上高推移と主な減収要因
1.0: 11.0: 27 エプソンの地域別売上高
1.0: 11.0: 43 エプソンの事業別営業利益の推移
1.0: 12.0: 8 今期営業利益の変動要因
1.0: 12.0: 30 エプソン及びHPのプリンター事業の営業利益率
1.0: 12.0: 51 インクジェットプリンターの世界生産台数推移
1.0: 13.0: 2 インクジェットプリンタの単価変動
1.0: 13.0: 15 エプソンのインクジェット事業の売上構成
1.0: 13.0: 53 インク・トナーの純正品使用状況
1.0: 14.0: 17 インクジェット各社のプリンター出荷台数と平均単価
1.0: 14.0: 41 主要メーカーのプリンター関連売上比率
1.0: 15.0: 0 セイコーエプソンの現状と課題
1.0: 15.0: 20 セイコーエプソンの方向性(仮)
1.0: 16.0: 27 プリンター事業のビジネスモデル比較
1.0: 16.0: 54 主要プリンター各社の用途向け比率(%)
1.0: 17.0: 13 プリンター各社の時価総額
1.0: 18.0: 6 MPSの世界及び国内シェア
1.0: 18.0: 24 キヤノンとエプソンのインクジェット事業
1.0: 18.0: 41 プリンター各社の時価総額
1.0: 18.0: 59 セイコーエプソンの方向性(案)
1.0: 33.0: 27 第一生命保険
1.0: 33.0: 47 日本の金融機関の海外M&A
1.0: 34.0: 49 東京スター銀行
1.0: 37.0: 15 国際協力銀行
1.0: 37.0: 39 国際協力銀行と主要行の主な経営指標の比較
1.0: 38.0: 28 虎ノ門再開発
1.0: 40.0: 45 大学特許
1.0: 41.0: 30 STAP細胞
1.0: 43.0: 56 親日度ランキング
1.0: 44.0: 27 日本に関する好感度・関心の調査
1.0: 46.0: 0 温暖化対策
1.0: 46.0: 18 日本の温室効果ガス排出量の推移
1.0: 46.0: 24 主要国・地域の二酸化炭素排出量の推移
1.0: 47.0: 9 福島第一原発事故
1.0: 53.0: 29 原発安全対策
1.0: 54.0: 46 新成長戦略
1.0: 55.0: 33 マイナンバー
1.0: 57.0: 46 年金問題
1.0: 58.0: 4 前提別の年金受給額の所得代替率将来見通し
1.0: 58.0: 30 後発薬
1.0: 58.0: 59 各国のジェネリック医薬品が占める割合
1.0: 59.0: 39 国民医療費の推移と内訳
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)