ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 724

< 政  治 > 調査捕鯨、日本が敗訴 国際司法裁判所、南極海で中止命じる
<国際情勢>仏地方選、与党が大敗 極右躍進 「失業」など国民不満
<震災関係>福島原発事故によるがん増加「予想せず」、国連科学委が報告書


概要:
*BBT大学・大学院合同入学式、大学院卒業式など式典の模様を紹介
*調査捕鯨問題/国際司法裁判所が日本の現行方式での調査捕鯨の中止を命じる判決
*集団的自衛権/政府有識者会議で憲法が認める必要最小限度の自衛権を定義、発動に6条件を設定
*武器輸出新原則/米国務省が日本の防衛装備移転三原則の閣議決定を歓迎
*河野談話/石原・元官房副長官が慰安婦の強制性明確化を韓国が要請と国会で答弁
*野党再編/「日本維新の会」と「結いの党」が会期内に合併へ。新党は衆院で民主党を抜き野党第1党に
*福島第一原発事故/国連科学委員会が被曝によるがん増加は予測せずと報告書に記載
*電力問題/「関西電力」「九州電力」が今夏の電力需給が厳しい見通しで東日本からの電力融通を検討
*原発輸出/原子力協定承認案が衆院を通過。「三菱重工業」「アレバ」連合のトルコ原発建設が本格始動へ
*ロシア天然ガス/独ガブリエル経済相が実用的代替は見当たらず、ロシアが輸出停止する可能性は低いとの見解
*ロシア情勢/プーチン大統領取り巻く企業家を米国とEUが追加制裁へ。米ラッセル国務次官補が対ロ制裁は中国への警告
*クリミア情勢/キエフ時間から2時間進め、3月29日にモスクワ時間へ移行
*ウクライナ大統領選/ポロシェンコ元経済発展貿易相が支持率25%でリード、ティモシェンコ元首相は8%との予測
*モルドバ情勢/独メルケル首相がプーチン大統領と電話会談。ロシアによるモルドバ介入の牽制も平行線に
*中東和平交渉/米ケリー国務長官が今月末の交渉期限を控え、イスラエルとパレスチナの行動を批判
*トルコ地方選挙/3月30日投開票で与党・公正発展党が全土で約45%得票し勝利
*フランス統一地方選挙/失業率の高止まりで国民が不満、与党・社会党が大敗。オランド大統領が新首相にバルス氏を起用
*ミャンマー情勢/フライン国軍総司令官が改憲に消極的でスー・チー氏復権に暗雲
*インド総選挙/モディ氏が率いるインド人民党がリード。経済の立て直しや汚職対策が争点に
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「スカイマークの西久保慎一社長」だったら、良からぬ噂と話題などを振りまいている現状に対して、LCCとの競争に備えてどのような本格的戦略を構築するか?
*中国情勢/周永康氏の親族や部下ら300人以上が拘束。習近平国家主席が一党支配の正統性を強調
*中国経済/中国4大銀行が元本保証ない理財商品の販売残高を初開示。2013年12月末時点で合計約45兆円
*中国アリババ集団/中国百貨店大手「銀泰商業集団」に約710億円出資
*日本株投資/3月末で海外投資家の日本株投資は5155億円の売り越し
*国債市場/異次元金融緩和から丸1年、国債取引の落ち込みが鮮明に
*農業改革/特区法成立や農業参入促進も厚い規制に阻まれる。米フロマン通商代表部が日本に市場開放の約束履行を要求
*カルテル問題/欧州委員会が日本企業含む11社にカルテル行為で約430億円の支払い命令
*STAP論文問題/理化学研調査委員会が小保方氏の不正を認定
*外資カジュアル/「GUESS」「Stradivarius」が日本へ上陸
*超高速取引/米ホルダー司法長官が1000分の1秒単位で売買繰り返す超高速取引の違法性を調査
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#724
0.0: 28.0: 25 調査捕鯨問題
0.0: 30.0: 56 主な捕鯨の歴史
0.0: 31.0: 58 集団的自衛権
0.0: 35.0: 30 武器輸出新原則
0.0: 36.0: 2 防衛装備移転三原則の概要
0.0: 37.0: 22 河野談話
0.0: 40.0: 12 野党再編
0.0: 44.0: 44 福島第一原発事故
0.0: 45.0: 54 福島第一原発事故の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)報告書の概要
0.0: 47.0: 49 放射線と生活習慣による発がんのリスク
0.0: 49.0: 45 電力問題
0.0: 50.0: 27 主要電力会社の電源構成
0.0: 50.0: 56 各電力会社管内での最高気温と供給予備率
0.0: 54.0: 45 原発輸出
0.0: 55.0: 29 日本と原子力協定を締結した国
0.0: 57.0: 1 ロシア天然ガス
0.0: 58.0: 16 ドイツの電源構成内訳
0.0: 58.0: 47 主要国の天然ガス輸入量に占めるロシアの比率
0.0: 59.0: 14 ロシア情勢
1.0: 1.0: 57 クリミア情勢
1.0: 4.0: 0 ウクライナ大統領選
1.0: 5.0: 4 ウクライナ大統領選の主な候補者
1.0: 6.0: 25 モルドバ情勢
1.0: 7.0: 9 モルドバ
1.0: 9.0: 13 中東和平交渉
1.0: 10.0: 53 トルコ地方選
1.0: 11.0: 58 トルコの主要県の人口と粗付加価値の割合
1.0: 12.0: 38 フランス統一地方選
1.0: 15.0: 37 ミャンマー情勢
1.0: 17.0: 24 インド総選挙
1.0: 17.0: 59 インド下院選挙における主な政党
1.0: 20.0: 44 ピーチ・アビエーション
1.0: 21.0: 17 スカイマークの就航路線数と運航便数の推移
1.0: 21.0: 42 スカイマークの売上推移
1.0: 22.0: 4 スカイマークの営業利益推移と赤字の要因
1.0: 22.0: 19 スカイマークの有効座席キロ、有償旅客キロ、搭乗率
1.0: 22.0: 32 【再掲】スカイマークの就航路線数と運航便数の推移
1.0: 22.0: 43 スカイマークの主要路線搭乗率
1.0: 23.0: 19 スカイマークの路線数・便数の内訳推移
1.0: 23.0: 44 スカイマークと新興LLCの主な就航路線
1.0: 23.0: 54 国内LCCの旅客運送実績
1.0: 24.0: 8 国内主要エアラインのユニットコスト比較(FY2012)
1.0: 24.0: 52 国内主要エアラインの客単価とユニットコスト比較(FY2012)
1.0: 25.0: 36 【参考】海外主要LCCのユニットコスト比較(FY2012)
1.0: 26.0: 5 国内線定期航空客数の推移
1.0: 26.0: 57 スカイマークの現状と課題
1.0: 27.0: 15 新興LCCとスカイマークの路線の特徴
1.0: 27.0: 48 スカイマークの方向性(案)
1.0: 28.0: 21 JALの東京発着の短距離国際路線
1.0: 28.0: 37 JALの福岡発着の短距離国際路線
1.0: 29.0: 9 ANAの東京発着の短距離国際路線
1.0: 29.0: 24 ANAの福岡発着の短距離国際路線
1.0: 29.0: 32 スカイマークの国際路線設定(案)
1.0: 35.0: 0 笑っていいとも!
1.0: 45.0: 40 中国情勢
1.0: 47.0: 38 中国経済
1.0: 48.0: 40 中国アリババ集団
1.0: 49.0: 3 アリババが開発した“余額宝(Yu'E Bao)”
1.0: 51.0: 9 日本株投資
1.0: 51.0: 29 対内証券投資(株式)*の状況
1.0: 51.0: 46 国際市場
1.0: 52.0: 17 農業改革
1.0: 53.0: 23 カルテル問題
1.0: 54.0: 12 STAP論文問題
1.0: 55.0: 15 外資力カジュアル
1.0: 56.0: 48 主要ブランドのポジショニング
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)