ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 723

< 政 治 > 車関税、撤廃の用意 豪首相、日豪EPA妥結へ全力 牛肉関税で譲歩迫る
<ビジネス> ヤマト、中国全土に宅配 中国郵政と提携 日本のネット通販、最短3日で
<国際情勢>台湾・馬政権、逆風強く 学生強制排除、市民に不信感 対中融和進展に足かせ


概要:
*戸田市長選/子育て支援策や災害対策など公約に一新塾卒塾生・神保国男氏が5選
*大阪市長選/橋下徹氏が再選。投票率は23.59%で過去最低
*みんなの党/渡辺喜美代表が「DHC」吉田会長から計8億円借り入れ
*安倍政権/日経世論調査で“対ロシアで独自の外交をすべき”が54%。”対中国、韓国で関係改善を急ぐ必要ない”が51%
*中韓関係/オランダ・ハーグで中国と韓国首脳が会談。中国・習近平国家主席が独講演で南京事件の犠牲者数を30万人と強調
*G8/G7緊急首脳会議で6月のソチG8に不参加との首脳宣言を採択
*ウクライナ情勢/ウクライナ政府が武闘派極右集団幹部を殺害。クリミアではルーブルが公式通貨に
*ラトビア情勢/国連人権理事会がラトビア語を話せない者への差別をやめるよう勧告
*米サウジ関係/米オバマ大統領とアブドラ国王がイランの核問題めぐり会談
*エジプト情勢/モルシ前大統領の支持者529人に死刑判決。シシ国防相が次期大統領選への出馬を表明
*ミャンマー投資/2013年度の中国からの直接投資が前年度の1割以下に低下
*台湾情勢/馬政権が台湾行政院庁舎へ侵入した学生らを強制排除。対中協定に事前監査制を検討へ
*韓国情勢/新政治民主連合が結成大会。金ハンギル氏と安哲秀氏が共同代表に就任
*マレーシア不明航空機/ナジブ首相がインド洋南部で飛行を終えたと声明
*米ピッツバーグ市/ピッツバーグ大学とカーネギーメロン大学を起点に医療や工学産業が育ち再生
*日豪EPA/豪アボット首相が自動車関税撤廃の用意を示唆、牛肉関税で譲歩を迫る
*国家戦略特区/東京圏、関西圏、沖縄県、新潟市、兵庫県養父市、福岡市の6地域を指定
*2014年度予算/政府が公共工事や物品購入など対象に予算執行10兆円を前倒し
*相続税改正/2015年1月1日施行では相続税基礎控除が4割縮小に
*ベビーシッター問題/田村厚生労働相が全てのベビーシッター業に届け出制の導入を検討
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「広島県の湯崎英彦知事」だったら、今後どのように広島県ブランドを構築し、物産や観光客の興隆をはかるか?
*山の日/与野党9党がお盆休み前の8月11日を「山の日」にする法案を提出
*エネルギー問題/「関西電力」が総事業費1000億~2000億円で火力発電所の新設入札を実施へ
*原発廃炉問題/「中国電力」苅田社長が運転開始から40年を迎えた島根原発1号機の廃炉を検討。「四国電力」が伊方1号機の廃炉を含め検討
*太陽光発電/群馬県渋川市や太田市などで太陽光パネルに雪害
*福島第一原発/福島県漁業協同組合が地下水バイパスを容認。放射性物質濃度の目標順守など5項目の要望書を提出
*ヤマトHD/「中国郵政集団公司」と提携、4月から中国全土への宅配サービスを開始
*イトーヨーカ堂/戸井和久氏が社長兼COOに就任。消費増税による事業環境変化に備える
*コンビニ大手/「セブン-イレブン・ジャパン」が「JR西日本」と提携し駅構内にコンビニ出店。「ファミリーマート」が韓国市場から撤退
*小売大手/「H2O」と「イズミヤ」が6月1日に経営統合へ。年間売上高は1兆円規模に
*ファーストリテイリング/小売業界の人出不足で1万6千人を地域限定で正社員化
*ベネッセHD/日本マクドナルドHD会長で社外取締役の原田泳幸氏が会長兼社長就任へ
*クラウドファンディング/個人向け3Dプリンター開発に3週間で計1050万円など資金とアイデアを調達
*ダイキン工業/中南米に約100億円で新工場を3カ所建設へ
*ヤフー/「ソフトバンク」から「イー・アクセス」買収に具体的成長戦略みえず株価が急落
*イオン/端末代、定額ネット、通話基本料を合計で月2980円の格安スマホを4月から販売
*アマゾンジャパン/最大で5000万円、最短3営業日で入金の出品事業者向け融資サービスを開始
*商業不動産投資/2013年の世界投資額が約57兆5000億円で4年連続の増加
*フィリピン新空港/「サンミゲル・コーポレーション」がマニラ首都圏に新国際空港を建設へ
*米国銀行大手/FRBが「シティバンク」「HSBC」など米国銀行持ち株5社の資本計画を却下
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#723
0.0: 11.0: 36 戸田市長選
0.0: 13.0: 36 大阪市長選
0.0: 14.0: 13 大阪市長選の投票率の推移
0.0: 17.0: 25 みんなの党
0.0: 21.0: 59 安倍政権
0.0: 25.0: 7 中韓関係
0.0: 33.0: 40 G8
0.0: 37.0: 1 サミットの歴史
0.0: 38.0: 21 ウクライナ情勢
0.0: 40.0: 16 ラトビア情勢
0.0: 44.0: 6 米サウジ関係
0.0: 45.0: 10 中東主要国における信仰する宗教の比率
0.0: 46.0: 52 エジプト情勢
0.0: 48.0: 38 米国によるエジプトへの援助の状況
0.0: 49.0: 46 ミャンマー情勢
0.0: 51.0: 8 台湾情勢
0.0: 57.0: 57 韓国情勢
0.0: 58.0: 52 マレーシア不明航空機
1.0: 2.0: 36 米ピッツバーグ市
1.0: 4.0: 52 日豪EPA
1.0: 6.0: 8 豪州におけるメーカー別新車販売台数シェア
1.0: 7.0: 9 国家戦略特区
1.0: 7.0: 40 国家戦略特区に選ばれた地区とテーマ
1.0: 11.0: 0 2014年度予算
1.0: 11.0: 52 相続税改正
1.0: 13.0: 27 ベビーシッター問題
1.0: 15.0: 9 広島県の観光客数の推移
1.0: 15.0: 16 県内客・県外客・外国人客の推移
1.0: 15.0: 26 都道府県別延べ宿泊客数
1.0: 15.0: 34 延べ宿泊客数の分布図
1.0: 15.0: 44 都道府県別「外国人」延べ宿泊客数
1.0: 15.0: 57 「外国人」延べ宿泊客数の分布図
1.0: 16.0: 10 観光資源評価と観光資源の地域分布
1.0: 17.0: 4 観光資源評価B級以上の観光資源数
1.0: 17.0: 12 【参考】広島県の主な観光資源
1.0: 17.0: 23 Q.広島県の観光の現状に関する問題点は?
1.0: 18.0: 15 広島県観光改革の現状と課題
1.0: 19.0: 34 中・四国地域におけるB級以上の観光資源分布
1.0: 19.0: 44 中国・四国の主要高速道路網
1.0: 20.0: 47 瀬戸内周遊ルートの例
1.0: 21.0: 44 瀬戸内海クルーズ
1.0: 22.0: 4 広島県完成政策の方向性(案)
1.0: 23.0: 44 広島県の新たな取り組みと観光客数の目標
1.0: 24.0: 9 広島県の新たな取り組み①
1.0: 24.0: 19 広島県の新たな取り組み②
1.0: 30.0: 1 山の日
1.0: 30.0: 50 主要国の公休日の日数
1.0: 31.0: 23 主要国の有給休暇取得率
1.0: 32.0: 49 エネルギー問題
1.0: 33.0: 18 電源別の発電コスト
1.0: 33.0: 35 世界と主要国の発電量に占める石炭の割合
1.0: 34.0: 15 原発廃炉問題
1.0: 35.0: 6 運転経過年数別の日本の原子力発電所数
1.0: 35.0: 50 太陽光発電
1.0: 37.0: 8 福島第一原発
1.0: 38.0: 57 ヤマトHD
1.0: 41.0: 47 イトーヨーカ堂
1.0: 42.0: 53 コンビニ大手
1.0: 43.0: 20 主なコンビニエンスストアの国内店舗数の推移
1.0: 43.0: 29 ファミリーマートの国別海外店舗数
1.0: 44.0: 11 小売大手
1.0: 44.0: 57 H2Oリテイリングとイズミヤの主な経営指標
1.0: 45.0: 49 ファーストリテイリング
1.0: 46.0: 14 ファーストリテイリングの売上高推移
1.0: 48.0: 58 ベネッセHD
1.0: 51.0: 48 クラウドファンディング
1.0: 52.0: 38 ダイキン工業
1.0: 53.0: 23 ヤフー
1.0: 54.0: 13 ヤフーのイー・アクセス買収による資本関係の変化
1.0: 54.0: 45 ソフトバンクの有利子負債の推移
1.0: 56.0: 6 イオン
1.0: 56.0: 21 イオンと大手携帯電話会社の標準的なスマートフォンサービスの比較
1.0: 57.0: 11 アマゾンジャパン
1.0: 57.0: 22 日本におけるBtoCのEC市場規模
1.0: 57.0: 41 商業不動産投資
1.0: 58.0: 12 主要都市での商用不動産投資額
1.0: 58.0: 22 フィリピン新空港
1.0: 58.0: 59 米銀行大手
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)