ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 起業と経営 > アントレプレナーライブ 164

ネットなのにストックビジネス
ゲスト:白砂 晃氏(株式会社フォトクリエイト 代表取締役社長)


概要:
インターネットビジネスは、新しい情報が次々と生み出されるフローの世界といえるが、逆にデータをストックすることで成り立つビジネスがある。株式会社フォトクリエイトは、スポーツ大会や学校行事等、イベントで撮った写真をウェブ上で管理し、展示・販売サービスを行っている。全てをデジタル化したことでユーザーの不満は軽減、プロによる撮影は、質、量とも一気に充実した。起業10年目で東証マザーズ上場を果たすが、業界はまだまだ成長途中である。社長の白砂氏を招き、詳しい業務内容や写真に込めた思いを伺う。
各種のイベントで記念写真を残したいと思う人は多い。だが、手軽に満足いくショットを手に入れるのはそう簡単ではない。学校等の教育関係ではいまだに壁貼り展示が多く、注文も面倒だ。参加者が多いマラソン大会や祭りとなると、自分が写り込んだものがないという悲劇も起こりうる。
フォトクリエイトは、プロのカメラマンが各人のベストショットを撮り、ウェブサイトにて販売サービスを展開。「感動をカタチにしてすべての人へ」という理念の基、写真に関わる作業を一貫して行っている。活動実績は、東京マラソンや全国高校総合文化祭といった大きなものから、まちの祭りや運動会等、地域に密接した行事も請け負う。撮った作品はアクセス制限を設けた専用サイトにアップされ、万全なセキュリティーの中、自由に購入できる。ただ、シェア率を見ると、例えば学校写真のEC(電子商取引)率は7.8%と低く、同社は全体の3.1%シェアにすぎない。市場規模の大きさから、今後の伸びが期待される業界だ。その他の活動では、撮影は地元の業者、展示・販売用としてプラットホームを提供する「フォトクラウド事業」。BtoBでは、顧客企業と組み、サイト内での販促活動とデータ分析を後押しする「広告・マーケティング支援」も手掛けている。フォトクリエイトは、人生のピンポイントで撮った写真をつないでいき、ライフストーリーをつくろうと考えた。撮りためたものはネット上に半永久保存され、いつでも引き出しが可能。それぞれの歴史を写真によって楽しむことができる。白砂氏は、友人からアメリカのフォトビジネス情報を得て、2002年に同社を立ち上げた。
当時の社長を知る、現取締役の小松利彰氏と大澤朋陸氏は、超ポジティブ思考で、負の事象もチャンスと捉え乗り切ったと振り返る。実際に社員にも、常に挑戦、成功の努力をしようと行動指針を示す。座右の銘は「太い幹たれ」。日本で足固めをして、今後は写真を通して日本の感性を世界に向けて発信していくと語った。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ネットなのにストックビジネス
00: 00: 49 ネットなのにストックビジネス
00: 01: 38 白砂晃プロフィール
00: 02: 28 フォトクリエイトについて
00: 03: 31 業績推移
00: 06: 30 インターネット写真サービス(1)
00: 07: 07 インターネット写真サービス(2)
00: 09: 14 当社の主な撮影実績
00: 10: 02 事業構造
00: 11: 32 収益モデル
00: 12: 47 契約カメラマン数
00: 14: 00 フォトクリエイトの基本方針
00: 14: 15 目指す3つのNo.1
00: 21: 46 学校写真領域における当社を取り巻く環境
00: 23: 31 展開イメージ
00: 25: 23 その他の重点施策
00: 26: 45 サイト紹介1 オールスポーツコミュニティ
00: 27: 54 サイト紹介2 スナップスナップ
00: 29: 09 経営理念
00: 30: 23 行動指針
00: 33: 39 ビジョン
00: 34: 27 成長の鍵
00: 41: 43 【再掲】白砂晃プロフィール
00: 48: 01 起業の瞬間
00: 55: 29 座右の銘
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学 名誉教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)