ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 717

< 政 治 >  在宅医療へ移行促す 診療報酬改定、「主治医」を導入 中医協が答申 抑制できず
<震災関係>大飯「活断層でない」確定 規制委、報告書了承 再稼働へ前進
<ビジネス> 造船受注高、今期上振れ 環境対応や円安 追い風に


概要:
*気象異変/米国の寒波、日本の大雪、英国の洪水、南米の高温・乾燥など自動車生産や穀物収穫に影響及ぼす
*大飯原発/原子力規制委員会が活断層ではないと昨年9月の有識者報告書を了承
*東京都知事選挙/舛添要一氏が初当選。東京の福祉、防災、経済を世界一にと抱負を語る
*診療報酬/中央社会保険医療協議会が全体で0.1%増額の診療報酬改定を答申
*シェールガス/米国エネルギー省が「キャメロン」「三井物産」などが参画のルイジアナ州LNG輸出計画を認可
*オバマ大統領/アジア歴訪で4月22日に来日。続いて韓国、フィリピン、マレーシアを訪問予定
*日韓関係/政府が日韓首脳会談の3月開催を韓国に打診へ、伊原・アジア大洋州局長がソウル訪問
*労働力問題/保育所建設などが遅れ、政府が予算執行期限を設定
*国内造船大手/「三井造船」の2014年3月期受注高が前期比16%増の4800億円見通し
*国産養殖マグロ/割安なメキシコ産に需要奪われ、築地のセリで買い手つかずに
*外国人観光客/2013年1ー3月の宿泊数上位は東京、大阪、北海道が独占
*流通系銀行/「イオン銀行」「セブン銀行」が過去最高益、「楽天銀行」も増益基調
*NTTグループ/総務省が携帯電話と固定電話のセット割引を「NTT」に解禁へ
*ジャパンディスプレイ/3月中に東証上場へ。時価総額が最大7000億円規模に
*SUMCO/2013年12月期決算は連結営業利益が175億円に
*キヤノン/露光技術開発の米「モレキュラー」を100億円超で買収
*ニコン/「日本電子」と資本業務提携。顕微鏡技術を融合し解析機器を共同開発
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「日本郵船の工藤泰三社長」だったら、外国クルーズ船などの参入で激化している国内旅客船市場でどのようにして地位を固めていくか?
*日立マクセル/「日立製作所」が「日立マクセル」を再上場へ。時価総額は1000億円超見通し
*住友ゴム工業/米「グッドイヤー」との提携解消へ。日米欧6つの合弁会社を見直し
*ブリヂストン/米国司法省が独禁法違反で罰金約430億円の支払い命令
*国内生保大手/少子高齢やネット専業との価格競争など低価格化で海外に活路
*製造業人材/「日本精工」が大学院並みの教育機関を新設。「日立建機」は物理や数学の学力試験
*楽天/無料対話アプリ大手「バイパー・メディア」を約920億円で買収。2013年12月期の営業利益が前期比80%増の902億円に
*ゼネラル・エレクトリック/弘前大などと協同で日本で認知症研究を開始
*楽曲代作問題/佐村河内氏から報酬を受け取り、桐朋学園大・新垣氏が20曲以上を提供
*中台関係/中台の政策担当が閣僚級会談。1949年の分断後初の直接対話ルート確立へ
*日中関係/中国には日本以上の強敵が”腐敗”と新華社が報道
*世界がん報告/がん発症で中国が突出。2012年の肺がん新規患者の36%が中国人
*韓国経済/韓国国債のCDSが75.77bpで昨年9月以来の高水準に
*イタリア情勢/レッタ首相が辞任を表明。次期首相には民主党・レンツィ氏が有力
*ロシア情勢/ロシアとエジプトがモスクワで外務、防衛閣僚協議。中東諸国と関係強化が狙い
*トヨタ自動車/豪ドル高や人件費上昇など背景に豪州生産を2017年末で終了へ
*米国通信大手/「ベライゾン」「AT&T」がLTE整備で顧客増。「スプリント」は独り負け
*スマートフォンOS/2013年の世界シェアはアンドロイドが78.6%
*低価格スマホ/印「マイクロマックス」が70ドルのスマホで販売台数が急増
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#717
0.0: 15.0: 20 気象異変
0.0: 19.0: 12 大原原発
0.0: 22.0: 6 東京都知事選
0.0: 24.0: 35 診療報酬
0.0: 25.0: 10 国民医療費の推移と内訳
0.0: 29.0: 6 シェールガス
0.0: 29.0: 37 米国の供給源別のエネルギー供給量の推移
0.0: 31.0: 6 米オバマ大統領
0.0: 34.0: 9 日韓関係
0.0: 35.0: 29 労働力問題
0.0: 38.0: 46 国内造船大手
0.0: 40.0: 33 国産養殖マグロ
0.0: 42.0: 0 外国人観光客
0.0: 42.0: 38 外国人の延べ宿泊者数
0.0: 45.0: 22 流通系銀行
0.0: 45.0: 47 主な新規参入銀行の業績
0.0: 47.0: 25 NTTグループ
0.0: 48.0: 20 携帯電話・PHS・BWA*の契約者数シェアの推移
0.0: 49.0: 45 ジャパンディスプレイ
0.0: 50.0: 9 ジャパンディスプレイの株主構成
0.0: 51.0: 48 SUMCO
0.0: 53.0: 29 市場需要が業界の生産能力以上の場合
0.0: 54.0: 5 市場需要が業界の生産能力以上の場合
0.0: 54.0: 9 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 54.0: 25 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 54.0: 51 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 54.0: 59 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 55.0: 28 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 55.0: 43 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 56.0: 22 市場需要が業界の生産能力以下の場合
0.0: 56.0: 25 マーケットシェアを押さえることが必ずしも利益を最大化するとは限らない
0.0: 57.0: 11  
1.0: 0.0: 14 キャノン
1.0: 1.0: 1 光源別半導体露光装置の市場シェア
1.0: 3.0: 55 ニコン
1.0: 7.0: 13 日本郵船の客船(クルーズ)事業の概要
1.0: 7.0: 35 日本郵船の事業別売上高推移
1.0: 8.0: 20 日本郵船の客船(クルーズ)事業の業績推移
1.0: 8.0: 40 【推計】日本郵船の客船(クルーズ)事業の損益分岐点
1.0: 8.0: 48 日本のクルーズ人口推移
1.0: 9.0: 23 世界のクルーズ人口推移
1.0: 10.0: 5 主要先進国のクルーズ人口と人口普及率
1.0: 10.0: 41 世界のクルーズ客船の事業者別保有数シェア
1.0: 12.0: 9 米三大クルーズ事業者と日本郵船の比較
1.0: 13.0: 5 日本郵船の現状と課題
1.0: 14.0: 30 日本郵船の方向性(案)
1.0: 34.0: 29 日立マクセル
1.0: 35.0: 13 日立の主なグループ再編の動き
1.0: 36.0: 0 日立製作所の連結業績推移
1.0: 36.0: 28 住友ゴム工業
1.0: 37.0: 28 住友ゴムとグッドイヤーの地域別業績
1.0: 37.0: 54 住友ゴムとグッドイヤーの地域別営業利益率
1.0: 39.0: 22 ブリヂストン
1.0: 41.0: 20 国内生保大手
1.0: 42.0: 5 形態別保険会社の保険料設定の比較
1.0: 42.0: 31 主な生命保険会社の基礎利益と三利源
1.0: 43.0: 56 製造業人材
1.0: 44.0: 52 楽天
1.0: 47.0: 12 米ゼネラル・エレクトリック
1.0: 48.0: 23 楽曲代作問題
1.0: 49.0: 28 中台関係
1.0: 49.0: 39 中台対話をめぐる主な動き
1.0: 50.0: 42 日中関係
1.0: 51.0: 19 腐敗認識指数における主要国の順位
1.0: 52.0: 9 世界がん報告
1.0: 52.0: 58 韓国経済
1.0: 53.0: 33 主な新興国と南欧諸国のCDSスプレッド
1.0: 54.0: 11 イタリア情勢
1.0: 55.0: 23 ロシア情勢
1.0: 56.0: 3 トヨタ自動車
1.0: 56.0: 45 米通信大手
1.0: 57.0: 36 スマートフォンOS
1.0: 57.0: 50 OS別のスマートフォン出荷台数シェア
1.0: 58.0: 39 低価格スマホ
1.0: 58.0: 47 地域別のスマートフォン平均販売価格
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)