ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 714

< 政 治 > 休眠預金を公的事業に 与党が議員立法へ 銀行も容認姿勢、使い道は定まらず
< 経 済 > 対インドネシア直接投資、最高の2.3兆円 昨年22%増 首位は日本、7年ぶり
<国際情勢>エジプト憲法案承認、賛成98%


概要:
*米国大統領選/共和党・クリスティー知事がジョージ・ワシントン橋をめぐるスキャンダルも出馬意欲失わず
*エジプト情勢/賛成票が98.1%、圧倒的賛成多数で新憲法案承認
*ウクライナ情勢/2013穀物年度生産量は前年度比3割増の6000万トンで過去最高に
*北朝鮮情勢/韓国社会で脱北者が積極的に活動。朝鮮日報がソウルに北朝鮮臨時亡命政府をとの記事掲載
*韓国サムスン電子/2013年10-12月期営業利益が前期比18.3%減少
*韓国クレジット情報流出事件/韓国政府が流出カード会社に最長3カ月の営業停止処分
*日ロ関係/ラブロフ外相が北方領土の領有で歴史的正当性を主張
*節約意識/”節約とケチの違いを体現できる日本人の美徳”と新華社が特集記事
*インド総選挙/苦労人・モディ氏と名門御曹司・ガンジー氏の一騎打ちに
*ブラジルW杯/W杯スタジアム建設工事の停滞でFIFAが警告
*世界経済/IMFが今年の世界経済は前回予想から0.1pt上方修正、3.7%の成長見通し
*欧米不動産投資/「GIC」が米タイム・ワーナーオフィスを約1350億円で取得。金利上昇をにらみ債券から不動産へシフト
*中国進出企業/人件費の高騰や円安で大連から撤退の日本企業が相次ぐ
*影の銀行/春節前に短期金利が上昇。高利回り商品の償還期限でデフォルト懸念
*オセアニア通貨/利上げ観測を追い風にNZドルが対円で高値に
*アルゼンチン経済/カピタニチ官房長官が為替管理の緩和を発表
*インドネシア投資/2013年の外国からの直接投資額が前年比22%増の約2兆3300億円に
*米ピムコ/エラリアンCEOが3月に退任、後任にはホッジCOOが就任へ
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「徳洲会グループの鈴木隆夫理事長」だったら、如何にして医療法人設立時の原点に戻り組織の再生を図るか?
*税制改正/2014年度税制改正大綱で給与所得控除の縮小など決定
*国債発行/財務省が前倒し債の発行枠を5兆円増に
*休眠預金/与党が銀行の休眠口座預金を公的事業に廻すことを議員立法へ
*英語教育/文部科学省が小学3年生から外国語活動、中学校の英語授業も英語で実施の計画
*中小企業支援/円滑化法終了後も企業倒産件数が減少、モラトリアム法が実質延命に
*東京都知事選/2月9日投開票へ都知事選が23日告示。新人15人が届け出
*安倍首相/ダボス会議で第一次大戦前の英独に例え、日中関係を説明
*ホテル稼働率/主要19ホテルの平均客室稼働率が前年比4.9pt増の84.8%に
*日欧EPA/欧州産ワインの輸入関税撤廃を提案へ。日本車関税撤廃の呼び水に
*ネットセリ/全国約280の漁港などで「四季旬鮮協会」を設立、オンラインシステム構築へ
*ASEAN企業/1兆円超の株式時価総額企業が2013年末で26社に
*韓国空港整備/KTXで仁川国際空港へ直行可能に。釜山から仁川まで3時間30分
*中国レノボ・グループ/米「IBM」からPCサーバー事業を約2400億円で買収
*マイクロソフト/2013年10-12月期決算は売上高が前年同期比14%増の約2兆5300億円
*ATM機器メーカー/「OKI」がインドステイト銀行にATM機を300台納入へ
*タクシーアプリ/「東京ハイヤー・タクシー協会」がアプリ提供を開始
*回線利用料/総務省が仮想移動体通信事業者(MVNO)への回線費用を半減へ
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#714
0.0: 12.0: 31 米大統領選
0.0: 16.0: 18 エジプト情勢
0.0: 19.0: 17 ウクライナ情勢
0.0: 20.0: 18 穀物輸出国の輸出量ランキング
0.0: 22.0: 48 ウクライナの穀物生産量と輸出量の推移
0.0: 24.0: 54 北朝鮮情勢
0.0: 26.0: 49 韓国サムスン電子
0.0: 27.0: 54 サムスン電子を除いた場合での韓国の経済指標
0.0: 29.0: 8 サムスンのセグメント別業績
0.0: 30.0: 34 韓国クレジット情報流出事件
0.0: 30.0: 57 主要国の決済手段の割合
0.0: 33.0: 56 日ロ関係
0.0: 41.0: 6 節約意識
0.0: 43.0: 16 インド総選挙
0.0: 45.0: 17 ブラジルW杯
0.0: 48.0: 3 世界経済
0.0: 48.0: 20 主要国・地域の経済成長の予測
0.0: 49.0: 1 欧米不動産投資
0.0: 50.0: 11 中国進出企業
0.0: 51.0: 51 主要国・地域の日系企業現地法人撤退比率
0.0: 55.0: 50 影の銀行
0.0: 57.0: 8 オセアニア通貨
0.0: 57.0: 44 対円での主要国通貨の騰落率推移
0.0: 58.0: 20 アルゼンチン経済
0.0: 58.0: 42 対ドルでの主要新興国通貨の騰落率推移
0.0: 59.0: 53 アルゼンチンの主な対外経済指標の状況
1.0: 1.0: 52 インドネシア投資
1.0: 3.0: 25 米ピムコ
1.0: 6.0: 39 徳田ファミリーおよび側近の主な役職
1.0: 7.0: 46 徳田ファミリーと能宗氏の内紛の経緯
1.0: 8.0: 52 徳田ファミリーおよび側近の主な役職
1.0: 9.0: 29 徳洲会強制捜査後の経営陣の対応
1.0: 10.0: 1 徳洲会グループの概要
1.0: 10.0: 16 徳洲会グループの業績推移
1.0: 10.0: 48 【参考】主要医療法人事業収益(売上高)トップ20
1.0: 11.0: 18 徳洲会グループの主力病院及び離島病院の利益率
1.0: 12.0: 10 徳洲会の躍進の要因
1.0: 13.0: 18 徳洲会の現状と課題
1.0: 14.0: 16 選挙活動と医療活動のシナジー効果
1.0: 15.0: 54 徳洲会の方向性(案)
1.0: 16.0: 58 【参考】創価学会のビジネスモデル
1.0: 25.0: 41 税制改正
1.0: 26.0: 35 税制改正による実質可処分所得の減少額
1.0: 28.0: 40 国債発行
1.0: 29.0: 47 休眠預金
1.0: 30.0: 27 主要国の「休眠口座」活用事例
1.0: 33.0: 1 英語教育
1.0: 33.0: 33 英語教育についてのアンケート
1.0: 35.0: 39 中小企業支援
1.0: 37.0: 1 金融機関別の不良債権比率の推移
1.0: 38.0: 32 中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)による融資条件変更の状況
1.0: 38.0: 57 東京都知事選
1.0: 46.0: 56 安倍首相
1.0: 50.0: 23 ホテル稼働率
1.0: 51.0: 42 日欧EPA
1.0: 52.0: 39 ネットセリ
1.0: 52.0: 54 水産物の卸売市場経由率の推移
1.0: 53.0: 43 ASEAN企業
1.0: 54.0: 1 ASEAN企業の時価総額ランキング
1.0: 54.0: 54 韓国空港整備
1.0: 56.0: 4 中国レノボ・グループ
1.0: 56.0: 24 PCサーバーの世界出荷台数シェア
1.0: 56.0: 52 米マイクロソフト
1.0: 57.0: 9 マイクロソフトの業績推移
1.0: 57.0: 28 国内ATM機器メーカー
1.0: 58.0: 19 タクシーアプリ
1.0: 59.0: 3 回線使用料
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)