ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 704

< 政 治 > 農家「保護率」日本は3位 OECD推計、平均の3倍
< 経 済 > 日本企業、国際M&A加速 7~9月、3兆円超に倍増 内需型、海外で攻勢
<ビジネス> イスラエル ITで存在感 米大手が買収攻勢


概要:
*大前研一ドイツ~リトアニア~ベラルーシ訪問報告
*イスラエル情勢/ITで存在感。「フェイスブック」「アップル」など米IT大手が買収攻勢
*米国情報収集問題/ドイツ政府がメルケル首相の携帯電話を盗聴していた疑いで米政府に説明要請
*ドイツ電気料金/一般家庭と企業の負担は1キロワット時あたり前年比で18%増の約8.3円に
*訃報/福岡ソフトバンクホークス球団社長でソフトバンク取締役の笠井和彦氏が死去
*企業再編/政府が産業競争力強化法案を提出。供給過剰の解消や規制緩和による需要創出など盛り込み
*TPP/牛タン、骨付き肉など関税ゼロの有力候補に。OECDの農家保護率で日本は3位
*日欧貿易/EUが日本の自動車部品の輸入関税撤廃を提案。EU製チーズ、ワインなどの輸入関税撤廃が条件
*特定秘密保護法案/政府が法案を閣議決定。森・少子化相が西山事件の類似は処罰と応える
*貿易収支/9月の貿易収支は9321億円の赤字、15カ月連続赤字に
*個人向け国債/変動金利国債に人気、金利上昇見越しで7年ぶり高水準に
*国際M&A/日本企業の国際M&Aは7-9月で166件に。前年同期比で3割増、買収額は3兆円超で倍増
*アメリカン航空/羽田~NY便は発着時間制限で不採算、12月1日で廃止へ
*霧島連山・新燃岳/気象庁が3(入山規制)→2(火口周辺規制)へ噴火警戒レベルを引き下げ
*除染問題/IAEAが政府目標は必ずしも達成する必要なしとの見解。菅官房長官も除染目標の変更なしと応える
*福島第一原発/安倍首相が東電破綻処理を否定。東電の賠償実績は4人世帯で平均9000万円
*太陽光発電/豪「マッコーリー」と「前田建設」がメガソーラー事業で提携
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「ベネッセコーポレーションの明田英治社長」だったら、国内市場の見通しが厳しい中、国内で多角化するか?海外で受験事業を伸ばすか?
*米国サンオノフレ原発/全損害回復求め「三菱重工業」に4000億円を請求。米SCEが「ICC」に仲裁申し立て
*資生堂/仏化粧品子会社の「カリタ」「デクレオール」を「ロレアル」に約300億円で譲渡協議
*ソフトバンク/スマホゲーム世界最大手のフィンランド「スーパーセル」を買収。米「ブライトスター」とあわせ買収額は2500億円に
*ヤマダ電機/薄型テレビなど販売不振と海外店舗閉鎖が響き、4-9月期決算は連結最終赤字が42億円に
*NTTドコモ/「ABCホールディングス」を約200億円で買収しABCクッキングを動画配信
*LINE/2014年夏に東証上場へ。時価総額は1兆円規模の可能性
*ECサイト大手/「ヤフー」出店を無料化で申し入れ数が5万5000件に。「楽天」は無料化しない方針
*国内マンション市場/2014年の都心マンション仲介件数は前年比3割増に。アジア富裕層が東京新築マンションに積極投資
*フィリピン投資/外国投資受け入れ額約2100億円 ~1ー6月~ 前年同月比2.3倍
*ASEAN市場/自動車販売台数が2019年に500万台へ
*世界株式市場/独、仏、韓など株価指数が相次ぎ年初来高値更新
*欧州銀行同盟/ECBがユーロ圏主要128行を統一基準で資産査定
*欧州景気/製造業の景況感改善が鮮明に。スペインの7ー9月期GDPがプラス成長
*米ウォーレン・バフェット氏/2008年前後の投資で、約9700億円利益
*海外在留邦人/昨年10月時点で124万9577人、前年比5.7%増で過去最多に
*サウジアラビア情勢/シリア問題めぐる国連への不満など背景に、国連安保理の非常任理事国就任を拒否
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#704
0.0: 1.0: 7 向研会海外視察訪問国
0.0: 2.0: 39 向研会2013年度視察国のドイツと訪問都市
0.0: 3.0: 9 向研会2013年度視察での視察先
0.0: 5.0: 22 リトアニアとベラルーシ周辺図
0.0: 18.0: 35 イスラエル情勢
0.0: 43.0: 18 米情報収集問題
0.0: 47.0: 55 ドイツ電気料金
0.0: 49.0: 16 電気料金の各国比較
0.0: 50.0: 3 訃報
0.0: 52.0: 51 規制緩和
0.0: 53.0: 16 国家戦略特区の主な規制改革項目
0.0: 55.0: 32 TPP
0.0: 57.0: 58 主要国の農業関連収入に占める政府支援の比率
0.0: 59.0: 55 日欧貿易
1.0: 0.0: 19 EU域内を除いた主なEUの貿易相手国と貿易額
1.0: 1.0: 9 EUの対日輸出入の状況
1.0: 2.0: 2 特定秘密保護法案
1.0: 5.0: 21 貿易収支
1.0: 5.0: 54 日本の貿易収支の推移
1.0: 6.0: 35 日本の貿易収支とドル・円相場の推移
1.0: 7.0: 7 個人向け国債
1.0: 7.0: 29 個人向け国債の発行額の推移
1.0: 8.0: 42 国債M&A
1.0: 9.0: 8 アメリカン航空
1.0: 12.0: 30 霧島連山・新燃岳
1.0: 14.0: 0 噴火警戒レベル
1.0: 14.0: 54 除染問題
1.0: 17.0: 7 IAEAの除染報告書の主な助言
1.0: 19.0: 35 福島第一原発
1.0: 21.0: 58 太陽光発電
1.0: 24.0: 58 ベネッセの業績推移
1.0: 25.0: 17 ベネッセの事業セグメント別売上高
1.0: 25.0: 33 ベネッセの業績セグメント別営業利益
1.0: 25.0: 57 教育事業の売上高推移
1.0: 26.0: 17 通信教育事業の売上高詳細
1.0: 26.0: 30 年齢別人口及びベネッセ会員数の推移
1.0: 27.0: 9 ベネッセのこれまでの課題と取り組み
1.0: 27.0: 50 ベネッセのこれまでの教育事業改革の取り組み
1.0: 28.0: 8 日本の将来人口推計
1.0: 28.0: 52 校外学習市場の動向
1.0: 29.0: 34 ベネッセの課題と方向性(仮)
1.0: 30.0: 12 ベネッセの方向性①
1.0: 30.0: 34 ベネッセの方向性②
1.0: 31.0: 1 ベネッセの方向性③
1.0: 31.0: 26 ベネッセの方向性④
1.0: 31.0: 57 ベネッセの方向性⑤
1.0: 39.0: 40 米サンオノフレ原発
1.0: 41.0: 19 資生堂
1.0: 42.0: 2 ソフトバンク
1.0: 43.0: 59 ヤマダ電機
1.0: 44.0: 58 NTTドコモ
1.0: 45.0: 36 ドコモの携帯事業以外のセグメントの業績
1.0: 46.0: 12 LINE
1.0: 48.0: 58 ECサイト大手
1.0: 51.0: 14 国内マンション市場
1.0: 52.0: 16 フィリピン投資
1.0: 52.0: 32 海外からの出稼ぎ収入上位国
1.0: 52.0: 40 東南アジア主要国通貨の対米ドルでの推移
1.0: 53.0: 17 ASEAN市場
1.0: 53.0: 47 世界株式市場
1.0: 54.0: 1 ドイツ・フランス・韓国の主な株価指数の推移
1.0: 54.0: 29 欧州銀行同盟
1.0: 55.0: 15 ECBの資産査定のポイント
1.0: 55.0: 49 欧州景気
1.0: 56.0: 24 欧州主要国のGDP成長率と失業率
1.0: 56.0: 58 米フォーレン・バフェット氏
1.0: 58.0: 2 海外在留邦人
1.0: 58.0: 23 海外在留邦人数の状況
1.0: 58.0: 36 海外人口ランキング
1.0: 59.0: 4 サウジアラビア情勢
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)