ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
楠木建のビジネスリーダー「好き嫌い」対談 > 楠木建のビジネスリーダー「好き嫌い」対談 02

ビジネスリーダー「好き嫌い」対談
ゲスト:中竹竜二氏(日本ラグビーフットボール協会 コーチングディレクター)


概要:
優れた経営者を見ていると、重要な戦略的意思決定ほど理屈では割り切れない直観(センス)に根差していることが実に多い。この対談シリーズは、そうした優れた経営者やリーダーに「好き嫌い」について聞くことで、優れた経営者が戦略や経営を考えるときに避けて通れない直観とその源泉に迫ってみようとするものである。
今回のゲストは、早稲田大学ラグビー部の監督として黄金時代を築き、現在はラグビーの指導者のコーチをする中竹竜二氏である。
SkyPerfecTV 757Ch 放送日

終了 2018年10月19日 (Fri) 05:00
終了 2018年10月17日 (Wed) 17:00
終了 2018年10月15日 (Mon) 10:00
終了 2018年05月25日 (Fri) 05:00
終了 2018年05月23日 (Wed) 17:00
終了 2018年05月21日 (Mon) 10:00
終了 2018年02月02日 (Fri) 05:00
終了 2018年01月31日 (Wed) 17:00
終了 2018年01月29日 (Mon) 10:00
終了 2017年03月30日 (Thu) 02:00
終了 2016年01月31日 (Sun) 01:00
終了 2014年12月30日 (Tue) 02:00
終了 2013年12月09日 (Mon) 12:00
終了 2013年12月07日 (Sat) 23:00
終了 2013年12月03日 (Tue) 21:00
終了 2013年11月13日 (Wed) 12:00
終了 2013年11月11日 (Mon) 23:00
終了 2013年11月07日 (Thu) 21:00
終了 2013年10月08日 (Tue) 12:00
終了 2013年10月06日 (Sun) 23:00
終了 2013年10月02日 (Wed) 21:00
初回 2013年10月02日 (Wed) 21:00




中竹竜二氏は、早稲田大学卒業後、英国留学やコンサルタントとして仕事に従事した後、早稲田大学ラグビー部の監督に就任した。高校大学を通じて、ラグビー部の主将を務めた経験があったとはいえ、身体も小さく、それ程優れた選手ではなかったという。
もともと体育会系のノリが嫌いだったし、指導者としてのオーラにも欠けると自覚していた中竹氏は、早稲田大学のラグビー部監督に就任しても、伝統的なトップダウンの指導を行うのではなく、選手やコーチ全員で考えて自律的に強くなっていこうという方法をとった。
最初は「考えるのは監督だろう」などと選手たちからの反発が強かったというが、時間をかけて課題を克服することが好きだという中竹氏は、その方法を貫いた。最初の1試合、2試合では、監督やコーチの責任にしていた選手たちも、その指導方法が続くと、自分たちで考えざるを得なくなる。次第に、選手たちが自ら考えて、練習に取り組むようになり、強い組織になっていった。
この方法を中竹氏は、お互いがフォローアップしあう「プラネット型の指導法」だという。この方法のポイントは、お互いが本音でぶつかるということである。だから中竹氏も、選手たちの気持ちを慮るばかりではなく、あえて空気を読まずに本音をぶつけてきた。
例えば、ライバル校との練習試合との前に、感極まって泣く選手が多くいたが、「練習試合で泣くことはないだろう」と発言した。当然、選手からの反発は強かったが、指導者が本音を話さないと選手も腹を割って話せない。一人一人との面談を重視し、そこで率先して本音を話すことで、お互いが建前を言わない組織になっていった。
中竹氏は、プライベートでは、スポーツをすることも観戦することもないという。仕事以外では他のスポーツ指導者との接触はないが、他の分野や若い世代の人の話は聞いてみたいと考えている。
講師紹介: 楠木 建(くすのき けん)
一橋ビジネススクール 教授
専攻はイノベーションのマネジメント。新しいものを生み出す組織や戦略について研究している。とくにコンセプトを創造する組織やリーダーシップに関心をもっている。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了(1992)。一橋大学商学部専任講師(1992)、同大学同学部およびイノベーション研究センター助教授(1996)を経て、2000年から現職。
主な著書に『Managing Industrial Knowledge』(共著・Sage 2001)、『ビジネス・アーキテクチャ』(共著・有斐閣 2001)、『知識とイノベーション』(共著・東洋経済新報社 2001)など。論文多数。

『楠木 建』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:江口 桃子

Copyright(c)