ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
サービス産業の海外進出 > サービス産業の海外進出 05

ゲスト対談
ゲスト:森啓次郎氏(株式会社紀伊國屋書店 常務取締役)


概要:
紀伊國屋書店は国内でも最大級の書店チェーンだが、アメリカをはじめ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、オーストラリア、台湾、ドバイにも海外展開している。
本番組では、入社当初よりサンフランシスコに派遣され、その後もロサンゼルス、シンガポールと海外赴任を長く経験された、同社常務取締役、森啓次郎氏をお招きした。地域による展開の違いやコアコンピタンス(他社にはまねができない自社ならではの価値を提供すること)について具体的に解説していただく。
紀伊國屋書店は1927年に新宿で創業。新規開業のため雑誌や売れ筋の商品を置くことができず、同人誌や文芸誌など他書店にないものを扱ったことでユニークな書店と評価され、人気となった。1964年に竣工した本社ビルは、当時としては圧倒的な広さを持つ書店にホールや画廊も併設し、文化の発信地というメッセージを打ち出した。
1969年、初めて海外出店したサンフランシスコ店は現地からの強い引き合いによるもの。戦後不当な扱いを受けることが多かった日系人町復活の一端を担うため、採算を度外視して決断した。和書、和雑誌をはじめ、BOOKS ON JAPAN(日本について書かれた洋書)のほか、将棋や囲碁、屏風、レコードなど日本ならではの物がよく売れた。その後、ロサンゼルス、ニューヨークにも展開。アメリカにおける日本への関心が高まるにつれ、近隣大学に日本語学習書を大量に販売するなど販路も拡大していった。
1983年にはシンガポールへ進出。そこでは、ニューヨークで人気だったBOOKS ON JAPANや伝統的な日本の品物は売れず、家具カタログや一般洋書がよく売れるなど、ニーズが異なり、品ぞろえを大きく変更した。日系百貨店が次々と海外進出するブームに乗り、引き合いを受けて台湾やタイへも出店するが、1997年、アジア通貨危機で一気に危機に陥った。国際的大規模書店ボーダーズがアメリカから進出し、さらなる打撃を受けた。そこで複数店舗を集約し、1200坪を擁する大店舗で対抗。和書・中文書をそろえ、漫画に関しては多言語展開し、アジア民話を中心とした児童書を配置、他書店との差別化を図ることでピンチをチャンスに変えた。シドニー店では、コスプレのイベントや人気作家によるサイン会・トークショーなどで集客に成功している。
海外では日本企業にサービスにおける期待感がある。顧客の評価はフロントラインにいる現地従業員だ。日本からの出向社員は、現地情報にアンテナを張り、現地従業員とコミュニケーションをうまく取ることが大切となる。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ゲスト対談 森啓次郎氏(株式会社紀伊國屋書店 常務取締役)
00: 00: 41 サービス産業の海外進出
00: 01: 18 ゲストプロフィール
00: 03: 33 『新宿から文化の情報発信基地へ』
00: 05: 05 株式会社 紀伊國屋書店設立
00: 06: 41 1964年 紀伊國屋本社ビル竣工
00: 08: 47 1969年 サンフランシスコへ初の海外出店
00: 21: 39 パシフィック・エイシアン地区への展開拡大
00: 21: 57 シンガポール開設30周年
00: 38: 56 ドバイ店
00: 41: 35 オーストラリア紀伊国屋書店 シドニー店
講師紹介: 北川 浩伸(きたがわひろのぶ)
北川浩伸 日本貿易振興機構(ジェトロ)生活文化・サービス産業部 サービス産業課 課長
1989年、日本貿易振興会(当時)入会。
ロンドンセンター、経営企画担当主査、海外調査部主任調査研究員、海外調査部グローバル・マーケティング課長などを経て現職。 慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位満期取得退学。 慶應義塾大学産業研究所共同研究員、早稲田大学総合研究機構 トランスナショナル HRM 研究所招聘研究員。

『北川 浩伸』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:都筑 美奈

Copyright(c)