ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
サービス産業の海外進出 > サービス産業の海外進出 02

ゲスト対談
ゲスト:藤岡清美氏(株式会社力の源カンパニー 営業本部 ASEANグループリーダー)


概要:
ジェトロでは、わが国サービス産業における海外展開実態や課題を分析している。本番組では、「博多一風堂」というラーメン店でおなじみ、力の源カンパニーの藤岡清美氏をゲストに招き、福岡という地方から出た同社が日本での全国展開を足掛かりに、勢いに乗って、どのようにして海外進出していったかという成長過程を具体的に伺う。組織を動かすために必要な経営者の強い思いや決断力についても、飲食の先輩企業として有益なアドバイスをいただく。
「女性が一人でも気軽にラーメンを食べられたら」という顧客の一言をきっかけに、河原成美社長が1995年に福岡市にオープンさせたラーメン店「博多一風堂」が力の源カンパニーの原点だ。おしゃれでスタイリッシュな店舗を構え、誰もが昼夜を問わず、さまざまな場面で利用しやすく、食事のみならず雰囲気も楽しめるよう、デザインやサービスにもこだわりを持つ。
事業としては、ラーメン店、レストラン、サービスエリア、第3セクターなど店舗事業を中心に、共同仕入会社「CBS」運営、体験農業や農業研修ができる「くしふるの大地」経営、小学校への食育出前授業や、ラーメンづくり、パンづくり等の体験施設「チャイルドキッチン」によるCSR(企業の社会的責任)活動など、幅広く展開している。博多を拠点に日本全国約70店舗、中国や香港といったアジアを中心に8地域22店舗、ラーメンから“RAMEN”へ未来の老舗を目指して拡大している。

「変わらないために変わり続ける」という企業理念の下、海外に対しては、おいしい日本食を提供するだけでなく、日本ならではのおもてなしの心を伝える「食文化の担い手」であると自負する。海外進出するには、文化や習慣の違いを理解し、賃貸契約や雇用条件など体制的なリスクを踏まえ、その市場が自分たちのビジネスに合っているか、よく検討する必要がある。
同社は、新たなマーケットを開拓するためリスクを取って海外進出に挑戦したが、株主が発言権を有する上場企業でなかったが故に、社内だけで決断できたという面もあるという。お店は舞台、スタッフは役者という考え方から、舞台と役者を輝かせるための努力を惜しまない。周囲の声に惑わされず、見つけた市場は徹底してリサーチし、予期せぬリスクや不可避的な事態で事業がうまくいかなくなった場合は、勇気ある撤退を決断することも重要だ。
リーダーが引っ張り、組織の求心力を高めるには、しっかりしたプランと、ぶれない判断軸で、大きな志を持って事業を進めることが海外進出への鍵となると北川氏は力説する。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 ゲスト対談 藤岡清美氏(力の源カンパニー)
00: 01: 17 サービス産業の海外進出
00: 02: 23 ゲストプロフィール
00: 04: 39 株式会社力の源カンパニー 概要
00: 06: 58 企業理念・創業の精神
00: 07: 55 事業概要 紹介①
00: 08: 22 事業概要 紹介②
00: 09: 24 事業概要 紹介③
00: 11: 45 業績の推移(単体売上)
00: 12: 09 事業ドメイン
00: 12: 31 力の源カンパニーの店舗展開
00: 12: 49 一風堂 グローバル展開の状況 2013
00: 13: 56 New York 1号店( 65 Fourth Avenue ) Since 2008.3
00: 15: 50 グループ関係図
00: 16: 22 ANA機内食2013年6月1日(土)~
00: 18: 43 未来の老舗を目指して~一風堂が作る、ラーメンの新潮流
00: 19: 30 ラーメンから“RAMEN”へ。
00: 20: 20 そして、ラーメン屋ではなく、“RAMEN DINING”。
00: 21: 08 多様性のある利用シーンを創出。
00: 23: 16 つまり、ラーメンは新時代へ。
00: 24: 10 みんなのそばに、一風堂を。
00: 24: 50 世界で評価される“IPPUDO”
00: 25: 25 2013年7月、満を持してNY2号店オープン。
00: 26: 25 「未来の老舗」を目指して。
00: 27: 07 「外食産業」から「食文化の担い手」へ。
講師紹介: 北川 浩伸(きたがわひろのぶ)
北川浩伸 日本貿易振興機構(ジェトロ)生活文化・サービス産業部 サービス産業課 課長
1989年、日本貿易振興会(当時)入会。
ロンドンセンター、経営企画担当主査、海外調査部主任調査研究員、海外調査部グローバル・マーケティング課長などを経て現職。 慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位満期取得退学。 慶應義塾大学産業研究所共同研究員、早稲田大学総合研究機構 トランスナショナル HRM 研究所招聘研究員。

『北川 浩伸』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:都筑 美奈

Copyright(c)