ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 696

<国際情勢>エジプト対応、割れる中東 欧米の影響力が低下
< 経 済 > 政府系ファンド膨張 総資産、アジアが世界の4割、市場に大きな影響
<ビジネス> ピーチ、利用率84%に 4~7月、LCCで一人勝ち


概要:
*薄熙来被告/収賄、横領、職権乱用で起訴もすべてがフィクションと起訴内容を全面否認
*エジプト情勢/22日にムバラク元大統領が保釈。23日には暫定政権への抗議デモが発生
*アルジャジーラ/アメリカ版放送を開始。4800万世帯に24時間体制でニュースを放送
*ロシア・メドベージェフ首相/7月の支持率が半年前比5pt減の52%。就任依頼の最低水準に
*オーストラリア総選挙/与党・労働党が総選挙で大敗見通し
*フィリピン情勢/台風12号でマニラ首都圏では主要道路で冠水相次ぐ。約60万人被災、8人死亡
*TPP/全12カ国合意文書案で国有企業の優遇廃止へ最大5年の猶予
*消費増税/総論、経済・金融、国民生活・社会保障など5テーマに集中点検会合
*大阪維新の会/国会議員の参加認めるよう規約改正へ。日本維新の分裂は否定
*福島第一原発/原子力規制委員会が汚染水漏れで事象評価をレベル3に見直し
*電力問題/「関西電力」が中部電力など4社から合計50万キロワットを緊急融通
*ルネサスエレクトロニクス/車載機器、産業機器向けに絞り再建めざし、鶴岡と甲府工場を閉鎖へ
*シャープ/電動工具大手の「マキタ」がシャープへの出資を決定。「デンソー」も出資へ
*ソニー/非接触ICカード・フェリカの技術を活かし、ビッグデータ分析に参入
*三菱航空機/MRJがエンジンなど部品調達が遅れ、初号機納入を1年以上延期に
*LCC/「ピーチ・アビエーション」の4-7月の平均利用率が84%。「ジェットスター」などは60~70%
*HIS/「アジア・アトランティック」が2回の延期から成田-バンコク線を就航
*JT/配当性向を2016年3月に50%へ株主配分を強化の方針
*イオン/「ダイエー」へのTOBが成立。「丸紅」などから総額130億6100万円分の株式取得
*ヤマダ電機/4-6月期決算はネット通販との価格競争連結営業赤字が38億円に
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「伊藤園の本庄大介社長」だったら、どのような長期戦略のもとに世界のティーカンパニーとなるか?
*ミツバチ消滅問題/ウイルス、ダニ、電磁波に加え、農薬のネオニコチノイド説が浮上
*国内株式市場/消費増税、五輪などが変動要因で9月相場は乱気流入りと日経新聞が記事掲載
*携帯通話/ドコモの4-6月期の月間平均通話時間は109分で10年前から53分減少
*為替相場/19日に新興国通貨が大幅安。インドルピーは過去最安値、インドネシアルピアは4年ぶり安値に
*政府系ファンド/世界の政府系ファンド資産残高は約539兆円でヘッジファンドの2.3倍に
*米国株投資信託/7月の資金流入は約3兆9000億円で債券から株への資金シフトが鮮明に
*JPモルガン・チェース/SECが中国党幹部の子息らを縁故採用した疑いで調査
*中国経済改革/李首相の“リコノミクス”に期待も金融機関の窓口指導が強化の傾向
*中国小売業/1-6月期決算は客単価低下で大手小売り47社中20社が最終減益か赤字に
*リーダー像研究/デューク大とカリフォルニア大が男性CEO約800人を調査。声が低いと給料が高いとの結果に
*グーグル/悪質順位操作の一掃へルールを改定。自社サイトへの過剰リンク削除の動き
*ヤフー/メイヤーCEOが新興企業の買収でサービス刷新を進め、7月の訪問者数で首位に
*LINE/ネット通販、音楽配信、ビデオ通話を年内に開始へ
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#696
0.0: 19.0: 14 薄熙来被告
0.0: 25.0: 33 エジプト情勢
0.0: 26.0: 55 エジプトとイスラエルの国境周辺図
0.0: 28.0: 10 アルジャジーラ
0.0: 30.0: 9 ロシア・メドベージェフ首相
0.0: 30.0: 22 ロシアの実質GDP成長率の推移
0.0: 31.0: 15 豪州総選挙
0.0: 34.0: 9 フィリピン情勢
0.0: 39.0: 17 TPP
0.0: 40.0: 47 消費税
0.0: 44.0: 5 大阪維新の会
0.0: 48.0: 45 福島第一原発
0.0: 54.0: 42 電力問題
0.0: 57.0: 20 主な電力会社の7月~8月電気使用率の推移
0.0: 57.0: 45 ルネサスエレクトロニクス
0.0: 58.0: 38 ルネサスエレクトロニクスの生産工場と出身母体
1.0: 0.0: 27 シャープ
1.0: 0.0: 54 シャープの現金・預金と株価の推移
1.0: 1.0: 23 シャープへの最近の主な出資・出資検討企業
1.0: 3.0: 47 ソニー
1.0: 8.0: 39 三菱航空機
1.0: 9.0: 23 MRJの契約先と契約機数
1.0: 10.0: 15 各社の受注状況
1.0: 11.0: 44 LCC
1.0: 12.0: 12 国内LCC各社の概要
1.0: 15.0: 48 HIS
1.0: 17.0: 55 JT
1.0: 18.0: 30 JTの財務状況
1.0: 19.0: 54 イオン
1.0: 20.0: 55 ヤマダ電機
1.0: 27.0: 20 国内清涼飲料の市場規模推移
1.0: 27.0: 27 清涼飲料の品目別生産量とトレンドの変遷
1.0: 28.0: 8 伊藤園の売上高推移
1.0: 28.0: 41 国内主要メーカーの清涼飲料販売量
1.0: 29.0: 19 伊藤園の売上構成比
1.0: 29.0: 54 伊藤園の海外事業の状況
1.0: 30.0: 30 伊藤園の現状と課題
1.0: 30.0: 53 国内飲料メーカーの売上高と時価総額
1.0: 31.0: 35 伊藤園の方向性(案)
1.0: 31.0: 52 World Tea Companies TOP10
1.0: 39.0: 40 ミツバチ消滅問題
1.0: 41.0: 52 国内株式市場
1.0: 42.0: 40 主なマーケット指標の状況
1.0: 43.0: 1 携帯電話
1.0: 43.0: 33 ドコモのARPU*の推移
1.0: 44.0: 7 為替相場
1.0: 45.0: 41 主な新興国の対米ドル相場の推移
1.0: 48.0: 50 政府系ファンド
1.0: 49.0: 13 政府系ファンド(SWF)の概況
1.0: 49.0: 33 政府系ファンド(SWF)の資産規模
1.0: 50.0: 43 米株投資信託
1.0: 51.0: 7 JPモルガン・チェース
1.0: 53.0: 25 中国経済改革
1.0: 54.0: 18 中国小売業
1.0: 55.0: 4 リーダー像研究
1.0: 56.0: 45 米グーグル
1.0: 57.0: 45 米ヤフー
1.0: 58.0: 10 米国のウェブサイト別ユニークユーザー*数
1.0: 58.0: 53 LINE
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)