ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
幸せな働き方を考える > 幸せな働き方を考える 04

幸福を創りだすビジネス:音楽と幸福
ゲスト:中村克哉氏(株式会社ブルーノートジャパン 取締役ゼネラル・マネージャー)
塚越慎子氏(マリンバ奏者)


概要:
人を幸福にするビジネスの条件は、企業と顧客がGive & TakeではなくWin-Winの関係になり、顧客が参加・参画の実感を持ち、事業を推進している社員も幸福であることが挙げられる。この典型と言えるのが音楽ビジネスだ。
今回はジャズクラブのブルーノートを手掛ける中村克哉氏、世界的に活躍するマリンバ奏者の塚越慎子氏をゲストに迎え、音楽ビジネスの動向や、どのように顧客の幸福をつくり上げているかを伺う。番組後半には、塚越氏のマリンバ演奏2曲、川上氏のフルートとの共演1曲も楽しめる。
音楽産業は、人を幸福にする条件がそろいやすいビジネスだ。例えばコンサートは、観客が自らの意志で集まることで演奏の場が生まれ、その場で演奏家が自分の音楽を披露する。両者が一体となって盛り上がれば、双方ともに幸せを感じるだろう。素晴らしい演奏に加え、会場の雰囲気が相乗効果となって大きな感動を生むように、コンテンツとシチュエーションの両方が大切である。
昨今ではパソコンやスマートフォンで音楽を聞く人が増え、CDが売れなくなったというが、コンサート興行には特に影響なく、公演数は年々増加し、活性化しているという。
ブルーノート東京では、昔に比べて高いお酒があまり売れなくなり、演奏後のスタンディングオベーションがよく起こるなどの変化が見られる。観客は格好や体裁よりも、純粋に音楽を楽しむことを求め、一緒になって盛り上げようとする参加意識が高まっているようだ。表面的な満足感ではなく、本質を楽しめるようなコンテンツと場を提供することは、一般のビジネスにおいても共通する要点と言えるだろう。
マリンバの起源は古く、アフリカの原住民が木を叩いたことから始まったと考えられるが、楽器として確立されたのは20世紀以降で比較的新しい。それ故、演奏曲が少なく、楽譜売り場を探してもマリンバの棚はないため、塚越氏はさまざまな曲を自分でマリンバ用にアレンジしている。前例がない編曲は苦労も多いが、自ら新しく創造する楽しさや幸福感は格別だという。自分が楽しいだけでなく、観客を楽しませるために、塚越氏は演奏技術や表現方法、作曲家のバックグラウンドまで徹底的に勉強を重ねている。普段の生活でも常にアンテナを張り、音楽以外の芸術や自然に触れるなど、自身の引き出しを増やすように心掛けている。しかし舞台上では苦労や勉強は一切見せず演奏に集中することで、観客もリラックスして音楽に身を委ねることができ、互いに幸福感が生まれるという。
顧客を幸せにするためには、自分を高めると同時に、相手の視点で考えることが不可欠である。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 幸福を創り出すビジネス:音楽と幸福
00: 01: 40 今回の流れ
00: 02: 09 顧客に幸福を創り出すビジネスの条件(1)
00: 02: 22 顧客に幸福を創り出すビジネスの条件(2)
00: 03: 02 顧客に幸福を創り出すビジネスの条件(3)
00: 03: 26 条件を満たす典型的なビジネス~音楽~(1)
00: 03: 47 条件を満たす典型的なビジネス~音楽~(2)
00: 04: 44 条件を満たす典型的なビジネス~音楽~(3)
00: 06: 13 音楽ビジネスの最近
00: 08: 44 顧客のニーズ変化について
00: 10: 02 顧客の幸福度を高めるために
00: 16: 54 これからの音楽ビジネス
00: 25: 13 演奏家はどう聴衆を幸福にしているのか
00: 32: 37 演奏家という仕事
00: 35: 25 聴衆との一体感
00: 46: 54 聴衆の幸福
00: 50: 32 演奏家としての意識
00: 54: 52 今回のまとめ
講師紹介: 川上 真史(かわかみ しんじ)
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 専任教授 同 大学院 経営学研究科 教授 Bond大学大学院 非常勤准教授 株式会社タイムズコア代表 明治大学大学院兼任講師 株式会社ヒュ-マネージ 顧問
京都大学教育学部教育心理学科卒業。産業能率大学総合研究所、ヘイ・コンサルティンググループ、タワーズワトソン ディレクター、株式会社ヒューマネージ 顧問など経て、現職。
数多くの大手企業の人材マネジメント戦略、人事制度改革のコンサルティングに従事。
近著に『コンピテンシー面接マニュアル』、『できる人、採れてますか?―いまの面接で、「できる人」は見抜けない』(共著・弘文堂)、『仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る働き方とは』(共著・日本経済新聞社)、『会社を変える社員はどこにいるか―ビジネスを生み出す人材を育てる方法』、『自分を変える鍵はどこにあるか』、『のめり込む力』(ダイヤモンド社)、『最強のキャリア戦略』(共著・ゴマブックス)など。

『川上 真史』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:田幸 知有紗

Copyright(c)