ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
幸せな働き方を考える > 幸せな働き方を考える 03

社員を幸福にする企業
ゲスト:松本孝利氏(ビジネス・ブレークスルー大学大学院 教授)


概要:
ポジティブ心理学の側面から分析すると、自らが幸福であり、社員・顧客の幸福度を高めようと日夜腐心する経営者がビジネスで成功を収めていることがうかがえる。トップが公平公正であり続けることで、社員は幸福を感じながらモチベーション高く事業に取り組むことが可能になり、結果として企業の業績が向上することになる。
本番組では、インターネット機器開発企業・日本シスコシステムズを立ち上げ、在籍9年間で市場のトップシェア企業に成長させた松本氏をお迎えし、社員を幸福にする経営のコツを伺う。
松本孝利氏は、大学卒業後、企業に就職しコンピューター技術者として業務をこなす中で、ネガティブな言動を繰り返す上司を反面教師に、部下のモチベーションを高めるための接し方を研究する。
1992年に、日本シスコシステムズを設立し社長に就任。長らく温めてきた経営手法を実践し、同社をトップシェア企業に成長させた。1996年には、米国シスコシステムズ社のアジア担当副社長に就任し、日本を含め中国からインドまでの子会社を統括した。シスコシステムズ社では、自社が提供したもので顧客が成功し幸せになることを目標に、最適なソリューションを提供する。そのために、肩書に関係なく自由に意見交換が可能で風通しのよい企業文化を形成した。顧客が重大な問題に直面し困っている場合には、作業中の業務をストップさせ全社一丸となって問題解決にも取り組んだ。
松本氏は、派閥をつくり影響力を行使するなど、社員のモチベーションを下げ社風を乱す管理職には警告・是正を促し、修正されない場合は組織から排除することもためらわず実行した。トップの公正・公平な態度を日々目にすることで、社員は前向きにモチベーション高く働き、業績が向上する。フェアな評価と相当な対価が得られることで、さらに高いモチベーションと向上意欲につながるといったサイクルが動きだす。その組織では自己浄化作用が働き、やる気の無い人は居心地が悪く自然と退職していくことになる。
「自分は苦労してきたのだから社員も苦労すべき」との考えで、個人的な価値観に基づいた企業理念を掲げる経営者は成功できない。単純に高給を与えるなど、社員の満足度を追求するのではなく、人から認められ働くことに生きがいを感じられるような幸福度を高めようとする経営者が成功する。企業戦略を実現するために、企業文化をつくり上げることが重要。経営者自身が幸福を感じ、公平公正であり続けることが社員のモラル、幸福感を向上させる。
社員を幸福にする企業こそが、これからの社会で生き残っていくだろう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 社員を幸福にする企業
00: 01: 35 今回の流れ
00: 02: 11 成功する経営者とは
00: 07: 55 ポジティブ心理学から見た成功する経営者の仮説(1)
00: 08: 50 ポジティブ心理学から見た成功する経営者の仮説(2)
00: 09: 56 ポジティブ心理学から見た成功する経営者の仮説(3)
00: 10: 44 ポジティブ心理学から見た成功する経営者の仮説(4)
00: 11: 45 松本孝利氏 ご略歴(1)
00: 12: 18 松本孝利氏 ご略歴(2)
00: 13: 12 経営のコツ(1)
00: 14: 27 Cisco Systemsの企業文化
00: 26: 40 経営のコツ(2)
00: 29: 38 経営のコツ(3)
00: 34: 25 社員のモチベーション(1)
00: 40: 46 社員のモチベーション(2)
00: 44: 00 自己浄化組織(少数精鋭組織)
00: 50: 27 経営者自身の幸福(1)
00: 54: 02 経営者自身の幸福(2)
00: 57: 48 今回のまとめ
講師紹介: 川上 真史(かわかみ しんじ)
ビジネス・ブレークスルー大学 経営学部 グローバル経営学科 専任教授 同 大学院 経営学研究科 教授 Bond大学大学院 非常勤准教授 株式会社タイムズコア代表 明治大学大学院兼任講師 株式会社ヒュ-マネージ 顧問
京都大学教育学部教育心理学科卒業。産業能率大学総合研究所、ヘイ・コンサルティンググループ、タワーズワトソン ディレクター、株式会社ヒューマネージ 顧問など経て、現職。
数多くの大手企業の人材マネジメント戦略、人事制度改革のコンサルティングに従事。
近著に『コンピテンシー面接マニュアル』、『できる人、採れてますか?―いまの面接で、「できる人」は見抜けない』(共著・弘文堂)、『仕事中だけ「うつ」になる人たち―ストレス社会で生き残る働き方とは』(共著・日本経済新聞社)、『会社を変える社員はどこにいるか―ビジネスを生み出す人材を育てる方法』、『自分を変える鍵はどこにあるか』、『のめり込む力』(ダイヤモンド社)、『最強のキャリア戦略』(共著・ゴマブックス)など。

『川上 真史』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:田幸 知有紗

Copyright(c)