ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
イマドキ女子とどう付き合うか > イマドキ女子とどう付き合うか 01

いま、日本の女子はどんな状況なのか


概要:
日本では、少子高齢化社会が叫ばれる中、労働人口の減少が懸念材料の一つとなっている。問題解決に移民政策が必要などとの声もあるが、国内事情をよく見ると、即戦力となり得る多くの女性たちが働き場所を見つけられずにいる。政府与党は、女性力発揮を経済成長の具体策の一つに掲げているものの、あまりにも実現性は薄く、掛け声だけに終わっている感が否めない。
本番組では、「肉食女子」の名付け親でもあり、女性をテーマにした著書も多い深澤氏を講師に、イマドキ女子の現状と、本当の「女性活用」策を考える。
深澤氏は1967年生まれ、早稲田大学卒業後、いくつかの会社で編集者を務め、1998年企画会社タクト・プランニングを設立、代表取締役社長に就任する。2006年には日経ビジネスオンラインで「草食男子」を命名、2009年流行語大賞トップテンを受賞するなど国内外で話題となり、米CNNなど多くのメディアで取り上げられる。大学在学中に女子学生がつくる就職情報誌『私たちの就職手帖』副編集長を務めるなど、女性雇用の実態に詳しい。現在は、コラムニストとして若者・女性などをテーマにした執筆と講演活動も行っている。
「平成24年版子供・子育て白書(内閣府)」によると、年齢別未婚率、生涯未婚率とも上昇を続け、結婚する意思はあっても結婚できない男女が増えている。収入が低く雇用が不安定な男性や、育児休業制度が利用できない職場で働く女性の未婚率が高い。当然、出生数は減少を続け、2010年の合計特殊出生率は1.39となり、少子高齢化に拍車がかかる。
女性の社会進出が進み、子育て支援が充実するスウェーデンや、イギリス、フランスなどでは、合計特殊出生率が2.0前後を維持できている。日本では、育児を支援する仕組みが不足するため、30歳前後の子育て世代女性の就業率が極度に低下する。子育て後に女性が就業できたとしても、非正規雇用など条件が悪く収入が安定しない職場が多く、教育関連の支出を心配する家庭では、第2子以降の出産意欲が低くなり、少子化をさらに加速させる。
そもそも日本においては、正社員であっても女性の給与水準は不当に低く、男性正社員の7割程度のレベルにある。世界経済フォーラムが発表した、「世界男女格差報告(グローバル・ジェンダー・ギャップ・レポート)2012」では、日本は調査対象135カ国中101位と女性の地位は極端に低く位置している。働く女性たちの待遇を見れば、企業経営者は、本気で女性を活用したいと思っていないようだ。労働力不足から来る日本経済の低迷を防止するためにも、政府は本気で女性に働いてもらえる環境を整備すべきだろう。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 いま、日本の女子はどんな状況なのか
00: 00: 51 講師紹介
00: 02: 47 「働くオンナの処世術~輝かない がんばらない 話を聞かない~」 「女はオキテでできている」
00: 02: 59 イマドキ女子とどう付き合うか 本当の「女性活用」を考える
00: 03: 58 (1)女性の結婚出産を「平成24年版 子供・子育て白書」(内閣府)から見ていく
00: 04: 25 第1-2-9図 年齢別未婚率の推移(女性)
00: 06: 18 第1-2-10図 生涯未婚率の年次推移
00: 08: 21 第1-2-17図 調査別にみた、未婚者の生涯の結婚意思
00: 09: 42 第1-2-1図 出生数及び合計特殊出生率の年次推移
00: 11: 37 第1-2-15図 主な国の合計特殊出生率の動き(欧米)
00: 12: 38 第1-2-16図 主な国・地域の合計特殊出生率の動き(アジア)
00: 15: 22 第1-2-35図 各国の家族関係社会支出の対GDP比の比較(2007年)
00: 17: 48 第1-2-30図 結婚や出産・子育てをめぐる国民の希望と現実とのかい離
00: 21: 51 (2)女性の労働状況を「平成23年版 働く女性の実情」(厚生労働省)から見ていく
00: 22: 08 図表1-2-13 非正規の職員・従業員の割合の推移
00: 22: 45 図表1-4-3 一般労働者の正社員・正職員の所定内給与額及び男女間賃金格差の推移
00: 24: 02 図表2-2-2 男女別25~44歳の就業率の推移
00: 25: 49 図表2-2-3 年齢階級別就業率の変化
00: 29: 26 図表2-2-4 年齢階級別就業率及び潜在的労働力率
00: 30: 26 図表2-2-8 出産後の就業継続意欲、就業形態別にみた出産した妻の就業継続の状況
00: 31: 20 図表2-2-1 16歳未満の子を持つ妻・夫の家事関連(うち育児)時間、仕事等時間(週全体)
00: 34: 13 厚生労働省
00: 36: 15 「自民党政策BANK」の中に、経済成長の具体策の1つ「女性力の発揮」として、…
00: 39: 22 (3)日本の女性の地位は低い
00: 40: 50 The Global Gender Gap Report 2012
00: 41: 09 日本は調査対象となった135カ国中101位となり、前年より順位を3つ下げた。
00: 42: 55 Economic Participation and Opportunity 102位(経済活動への参加と機会)
00: 44: 03 Educational Attainment 81位(教育達成)
00: 45: 22 Health and Survival 34位(健康と生存)
00: 45: 40 Political Empowerment 110位(政治への関与)
講師紹介: 深澤 真紀(ふかさわ まき)
タクト・プランニング代表取締役社長 早稲田大学第二文学部社会専修卒業・在学中に「私たちの就職手帖」副編集長を務める。幾つかの会社で編集者を務め、1998年、企画会社タクト・プランニングを設立。コラムニストとして、若者、女性、職、旅など様々なテーマの執筆、講演、テレビのコメンテーターを務める。

『深澤 真紀』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:梅田 奈佑

Copyright(c)