ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 起業と経営 > アントレプレナーライブ 154

あるものないもの
ゲスト:経沢香保子氏(トレンダーズ株式会社 代表取締役)


概要:
起業を志す人は自分の考え方、長所を最大限生かす構想を練るが、それだけでは事業が立ち行かないことが多い。自分自身に足りない点と持っている点をうまく組み合わせてこそ成功の鍵といえる。
本講座のゲストである経沢香保子氏は、2000年に会社を興したものの、戦略不足で一時は売却も考えたが、組織形態を再思考し、欠落していた要素を強化して東証マザーズ上場を実現させた。新時代の女性の生き方をテーマにした施策は一見華やかだが、裏にある企業の取り組みはどのようなものか。事業内容と共に運営の秘訣を伺う。
女性が新しい価値観を得て社会で輝いていくというミッションを掲げ、経沢氏は2000年にトレンダーズ株式会社を創業した。事業の柱となるのは、広告を主体としたソーシャルメディアマーケティングだ。
仕組みは、ITを活用しているユーザー約30万人とネットワークし、新商品の使用感をブログ等で発信してもらうというもの。リアルな感想は共感と商品理解を生み、企業側は短時間で最大の広告成果が得られる。昨年は第三の美容と呼ぶ「美容医療」という新たなマーケットを開拓した。新時代の美のかたちを提案するサイト「キレナビ」では病院でエステが受けられるクーポンを配布、美容医療に従事するドクターとユーザーをマッチングさせている。ソーシャルプレゼントサイト「Amaze(アメイズ)」は、旅行やカメラ撮影、モデル等、商品を非日常で味わうことができる場が用意されており、体験談の拡散によって企業は宣伝効果につなげている。
スマートフォン向けには「キニナルモン」がある。プレスリリースを読んでポイントをためるサイトだが、一般的には読まれないプレスニュースを広く知らせることができる。ネット広告市場が活況なこともあり、業績は前年比135.2%の右肩上がり、昨年10月に東証マザーズに上場した。
経沢氏の事業の特徴は、女性に特化させた内容と、ソーシャルメディア上で展開させたことだ。社員には意欲のある個性的な人間を求める一方、永遠のベンチャー宣言で成果主義に徹している。苦境の時期はゼロから組織を再構築した。明確な目標がなかった点を反省し、経営幹部をしっかり固めた。当初社員は女性だけだったが、男性を入れ営業面を強化、両者のいい面がシナジー効果を呼び、上向きへと変わった。当時を知る黒川涼子氏は、社長のアイデアは先取りすぎて認知されにくかったと言う。
松本洋介氏は、厳しい数字でも将来を語り続けていたとも話す。座右の銘は「人生を味わいつくす」。美、仕事、パートナーシップを女性の三種の神器と考え、全ての夢をかなえる社会へしていきたいと語る。
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 あるものないもの
0.0: 0.0: 54 あるものとないもの
0.0: 1.0: 37 自己紹介
0.0: 2.0: 23 会社概要
0.0: 5.0: 52 コーポレートミッション
0.0: 6.0: 28 トレンダーズのビジネスモデル
0.0: 10.0: 43 平成25年3月期 ハイライト
0.0: 12.0: 2 女性ライフスタイル支援事業 - 「キレナビ」
0.0: 13.0: 18 【再掲】平成25年3月期 ハイライト
0.0: 15.0: 37 平成25年3月期 業績ハイライト
0.0: 15.0: 56 平成25年3月期 業績概要
0.0: 16.0: 44 平成25年3月期 売上高と経常利益推移
0.0: 17.0: 0 4つの成長ドライバー
0.0: 18.0: 4 1-1 ソーシャルメディアマーケティングの現況
0.0: 18.0: 57 1-2 インターネット利用の現況
0.0: 19.0: 34 【再掲】4つの成長ドライバー
0.0: 20.0: 43 2-1 サービス開発戦略
0.0: 21.0: 55 【再掲】4つの成長ドライバー
0.0: 22.0: 4 平成25年3月期 会員数の推移
0.0: 22.0: 16 2-2 会員拡大戦略
0.0: 24.0: 52 3 人材活性化戦略
0.0: 30.0: 3 4-1 女性のライフスタイル支援メディア事業の現況
0.0: 30.0: 54 4-2 女性のライフスタイル支援メディア事業の成長戦略
0.0: 32.0: 8 成長の鍵
0.0: 45.0: 33 起業の瞬間・上場の決断
0.0: 56.0: 26 座右の銘
講師紹介: 米倉 誠一郎(よねくら せいいちろう)
法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科教授/一橋大学イノベーション研究センター特任教授
1953年、東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。1990年、ハーバード大学で歴史博士号を取得。早くからアメリカ・シリコンバレーのIT起業の状況などを見てきた。日米のベンチャー政策に詳しい。
『経営革命の構造』、『ネオIT革命』、『ジャパニーズ・ドリーマーズ』ほか、著書多数。

『米倉 誠一郎』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:名和田 知加

Copyright(c)