ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 691

< 経 済 >  時価総額、米企業が躍進 上位10社中9社、中国勢後退 6月末時点 トヨタ、18位に浮上
<ビジネス> 「印刷機器に課金」容認 EU裁判所 日本企業に影響も
<国際情勢>移民受け入れで人口拡大、豪経済にもたらす「成長の果実」


概要:
*訃報/福島第一原発の吉田昌郎元所長が食道がんで死去。原発事故収束作業を現場で指揮
*参院選/民主党・海江田代表が東京選挙区の候補者を鈴木寛氏に一本化。同選挙区の大河原氏は無所属で立候補に
*日本維新の会/石原共同代表が街頭演説で北朝鮮を批判
*道州制/全国知事会議では与党案に賛否示せず
*消費税率/10%への段階的引き上げで浜田宏一氏が“日本経済へのショックはかなり大きい”と示唆
*非嫡出子問題/最高裁大法廷で婚外子の相続格差めぐり弁論。司法判断で合憲を見直す可能性も
*自転車事故/自転車事故で神戸地裁が賠償金9500万円の判決
*永住権/日本に3年間滞在で申請、配偶者の就労などが可能な永住権創設を検討
*オーストラリア経済/毎年約25万人の移民受け入れが成長要因の一つ
*捕鯨問題/ハーグ国際司法裁判所の捕鯨裁判でオーストラリアの主張に日本側が反論
*ウィンブルドン選手権/アンディ・マリーが初優勝。77年ぶりの英国人王者が誕生
*エジプト情勢/暫定政権首相にビブラウイ元財務相を指名。クウェートがエジプトに4000億円支援
*米中関係/経済対話でホットラインの開設、投資協定締結協議を加速など合意
*ルクセンブルク情勢/ユンケル首相が議会から情報機関による通信傍受の監督責任問われ、内閣総辞職の意向表明
*中国鉄道収賄事件/劉志軍被告の賄賂額を約10億6000万円と認定。執行猶予付きの死刑判決
*中国環境問題/広東省江門市政府が核燃料工場建設反対の住民デモで撤回
*朝鮮半島情勢/韓国と北朝鮮が開城工業団地の正常化で基本合意
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「パーク24の西川光一社長」だったら、20万人を超えたカーシェアリングサービス会員を今後どのようにして増やすか?
*世界時価総額ランキング/トップ10に米国企業が9社。「トヨタ」が「サムスン電子」を抜き アジアの製造業では首位に
*米国経済/FRB・バーナンキ議長が緩和が必要と、早期の緩和縮小観測を鎮める狙い
*債券運用大手/FRBの金融緩和縮小による金利上昇観測で「PIMCO」が6月に145億ドル流出超過に
*中国貿易/水増し輸出が正常に戻ったとの見解
*アシアナ航空機事故/サンフランシスコ空港に着陸失敗で大破、炎上
*ボーイング787型機/英ヒースロー空港でエチオピア航空機が駐機中に出火
*フィリピン航空/安全基準問題で2010年に乗り入れ禁止以来、欧州乗り入れをEUが解禁
*EU著作物保護/EU司法裁判所が印刷機器メーカーへの複製補償金課金を容認へ
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#691
0.0: 34.0: 23 訃報
0.0: 41.0: 36 参院選
0.0: 50.0: 29 日本維新の会
0.0: 52.0: 24 道州制
0.0: 54.0: 14 消費税率
0.0: 56.0: 56 非嫡出子問題
0.0: 58.0: 14 欧州各国の新生児における婚外子の割合
1.0: 0.0: 53 自転車事故
1.0: 2.0: 4 自転車での加害事故と賠償額の事例
1.0: 2.0: 38 自転車と歩行者の事故件数の推移
1.0: 4.0: 49 永住権
1.0: 6.0: 4 外国人労働力人口の割合
1.0: 7.0: 8 オーストラリア経済
1.0: 8.0: 7 豪州の正味移民流出入数*の推移
1.0: 8.0: 20 豪州のGDP成長率の推移
1.0: 9.0: 19 捕鯨問題
1.0: 13.0: 51 ウィンブルドン選手権
1.0: 16.0: 45 エジプト情勢
1.0: 19.0: 48 米中関係
1.0: 22.0: 40 ルクセンブルク情勢
1.0: 23.0: 44 中国鉄道賄賂事件
1.0: 25.0: 1 中国で検挙された汚職官僚の事例
1.0: 26.0: 24 中国環境問題
1.0: 28.0: 14 朝鮮半島情勢
1.0: 31.0: 19 パーク24の業績推移
1.0: 31.0: 29 パーク24の沿革
1.0: 31.0: 57 カーシェアとレンタカーの違い
1.0: 32.0: 34 タイムズプラス(カーシェアリング事業)の現況
1.0: 32.0: 48 パーク24のセグメント別売上構成・営業利益
1.0: 33.0: 12 国内ステーション数、車両数、会員数ランキング
1.0: 33.0: 49 国内外のカーシェアの歴史
1.0: 34.0: 14 世界のカーシェアリングの現況
1.0: 34.0: 44 スイスにおけるカーシェア普及の背景
1.0: 35.0: 9 スイスにおける普及拡大の要因
1.0: 35.0: 36 国内カーシェア大手各社の鉄道連携の取り組み
1.0: 36.0: 8 【参考】Mobility Car Sharing(スイス)社の業績
1.0: 36.0: 25 カーシェア事業の課題
1.0: 36.0: 51 パーク24(カーシェア事業)の方向性(案)
1.0: 38.0: 55 パーク24(カーシェア事業)の方向性(案)(車両、会員の確保)
1.0: 43.0: 1 情報監視問題
1.0: 45.0: 37 タイ僧侶
1.0: 51.0: 36 世界時価総額ランキング
1.0: 52.0: 11 世界の時価総額上位20社
1.0: 52.0: 35 米経済
1.0: 53.0: 35 債権運用大手
1.0: 54.0: 13 米10年物国債の利回り推移
1.0: 54.0: 49 中国貿易
1.0: 55.0: 41 アシアナ航空機事故
1.0: 57.0: 44 ボーイング787号機
1.0: 58.0: 35 フィリピン航空
1.0: 58.0: 59 EUに乗り入れが禁止・一部航空会社に制限されている主な国
1.0: 59.0: 23 EU著作物保護
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)