ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ 680

<ビジネス> 川重・三井造船、統合交渉へ 連結売上高2兆円 合併軸に詳細詰め
< 経 済 > 「物価上昇に期待」 物価連動国債、海外勢が関心
<国際情勢>中国、米に「朝鮮半島統一の議論用意」 韓国紙報道


概要:
*大前研一 沖縄・石垣島、竹富島訪問報告
*九州経済連合会/「麻生セメント」社長の麻生泰氏が会長就任へ
*歴史認識問題/朝鮮日報が過去の侵略さえ否定都の社説。韓国・朴槿恵大統領が“アジア諸国との関係を難しくしている”と批判
*日台関係/沖縄県・仲井真知事が日台漁業協定めぐり抗議
*内閣支持率/安倍内閣支持率が前回の調査から7pt上昇し76%に
*参議院選挙/「日本維新の会」「みんなの党」が96条改正や道州制導入など共通公約めぐり協議
*憲法改正/民主党が96条改正反対で調整。公明党は先行改正に反対の方針
*道州制/全国知事会が道州制推進基本法案で意見交換
*日ロ関係/安倍首相がプーチン大統領との平和条約交渉へ意欲
*医療技術輸出/「住友重工」開発の放射線治療設備を導入した最先端がん治療施設をモスクワに建設へ
*原子力政策/新潟県・泉田知事が原子力規制庁に不快感を示す
*東京電力/安倍首相と会談で汚染水問題での東電対応を陳謝。下河辺会長が続投見通し
*電力大手/代替発電の燃料費が膨らみ2013年3月期決算は各社大幅赤字
*メガソーラー/2012年の工場立地面積は前年比約3倍の3144ヘクタールでメガソーラーなど電気業が前年比66倍に
*造船大手/「川崎重工業」「三井造船」が経営統合へ交渉入り。連結売上高が2兆円規模に
*日産・ルノー連合/カルロス・ゴーンCEOが夏までに仏ルノー工場で日産車の生産を明言
*ヤクルト本社/仏「ダノン」と出資比率めぐり条件が折り合わず海外での提携を解消
*米ボーイング/787の運航再開へ向け改修作業が完了。航空会社との補償交渉や信頼回復が課題
*ANA/2013年3月期決算は連結営業利益が前期比約1割増の1100億円に
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「すかいらーく のラルフ・アルパレス取締役会長」だったら、どのようにして新規株式公開または出口戦略を実行するか?
*任天堂/2013年3月期決算は営業赤字が364億円で2期連続の赤字に
*大垣共立銀行/ドライブスルー型ATMや離婚専用ローンなど顧客本位を重視した商品サービス提供で実績
*エムスリー/キャリアコンサルタントを6割増の約250人体制で医師の転職支援を拡大
*東京スカイツリー/試験放送で想定超える受信障害。地デジ送信所移転が延期の可能性
*クレーン車事故訴訟/てんかん発作で意識失い小学生6人はねる事故で宇都宮地裁が元運転手の母親にも責任の判決
*耕作放棄地/政府が耕作放棄地を強制集約し、農業生産法人などに貸し出しへ
*国内金融市場/日経平均株価が1万4000円目前で推移。好業績銘柄を中心に株価が上昇
*物価連動国債/財務省が早ければ今夏再開を検討、海外機関投資家に需要
*国内生保大手/「日本生命保険」が今年度の国債購入抑制し外債投資を増加へ
*三井住友銀行/インドネシアの中堅銀行「BTPN」の株式を約1500億円で取得へ交渉
*三菱UFJ FG/米「モルガン・スタンレー」と信託財産を約3900億円で取得へ交渉
*外国人観光客/3月の訪日外国人客数が前年同月比26%増の85万7000人に
*朝鮮半島情勢/北朝鮮への対応方針で中国が米国に“南北統一含めた未来を議論する用意ある”と表明
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
0.0: 0.0: 0 大前ライブ#680
0.0: 20.0: 50 九州経済連合会
0.0: 31.0: 3 歴史認識問題
0.0: 41.0: 34 日台関係
0.0: 47.0: 5 内閣支持率
0.0: 47.0: 27 第二次安倍内閣政権発足以来の各種支持率の推移(%、月)
0.0: 49.0: 24 参院選
0.0: 51.0: 10 憲法改正
0.0: 53.0: 22 道州制
0.0: 56.0: 45 日ロ関係
0.0: 57.0: 20 ロシアの8連邦管区の面積と人口(2012年)
0.0: 58.0: 23 医療技術輸出
0.0: 59.0: 10 医薬品と医療機器の輸出入の状況(億円、年)
0.0: 59.0: 21 主要国におけるMRIの普及状況(台/100万人、2012年調査)
1.0: 1.0: 27 原子力政策
1.0: 2.0: 35 東京電力
1.0: 3.0: 56 電力大手
1.0: 4.0: 30 電力9社の債務超過までの期間(億円、12年度と降水量の赤字が継続した場合の試算)
1.0: 5.0: 38 メガソーラー
1.0: 6.0: 30 造船大手
1.0: 6.0: 58 近年の国内造船の主な再編・提携の動き
1.0: 7.0: 19 造船所の竣工量ランキング(千総トン、2010年実績ベース)
1.0: 8.0: 16 日産・ルノー連合
1.0: 9.0: 7 ルノーの純利益算定の構造(億ユーロ、年)
1.0: 11.0: 27 ヤクルト本社
1.0: 12.0: 1 ヤクルト本社とダノンの提携関係
1.0: 14.0: 12 米ボーイング
1.0: 17.0: 42 ANA
1.0: 18.0: 14 ANAホールディングスの業績推移(各年3月期(13年は見込み))
1.0: 19.0: 48 「すかいらーく」沿革
1.0: 20.0: 55 すかいらーくの業績推移(12月期、億円)
1.0: 21.0: 19 大手外食の時価総額及びPER(億円、倍)
1.0: 21.0: 57 すかいらーくの時価総額試算①(業界のPERから試算)
1.0: 22.0: 39 大手外食の企業価値及びEBITDA(億円、倍)
1.0: 23.0: 6 すかいらーくの時価総額試算②(EBITDA=380億円で試算)
1.0: 23.0: 19 【参考】円ドルレートの推移
1.0: 24.0: 1 【参考】すかいらーくの時価総額試算③
1.0: 25.0: 55 ペインキャピタルの選択肢
1.0: 26.0: 30 ラルフ・アルバレス(Ralph Alvarez)氏の略歴
1.0: 27.0: 20 ラルフ・アルバレス(Ralph Alvarez)氏の主な実績(米マクドナルド社長時代の実績)
1.0: 28.0: 2 外食及び中食の市場規模推移
1.0: 28.0: 15 家族型類型別の世帯数推移
1.0: 28.0: 21 年齢階級別単身世帯数の推移
1.0: 28.0: 25 世帯別の外食及び中食支出の推移(2002年=100)
1.0: 28.0: 48 外食大手の業態別売上・利益の増減
1.0: 29.0: 28 主要外食大手の営業利益率(%)
1.0: 30.0: 6 すかいらーくの方向性(案)
1.0: 43.0: 8 任天堂
1.0: 43.0: 55 任天堂の業績推移(各年3月期)
1.0: 44.0: 29 任天堂の主なゲーム機の販売台数の推移(万台、各年3月期)
1.0: 45.0: 6 大垣共立銀行
1.0: 46.0: 45 エムスリー
1.0: 48.0: 46 東京スカイツリー
1.0: 50.0: 9 クレーン車事故訴訟
1.0: 51.0: 43 耕作放棄地
1.0: 52.0: 14 耕作放棄地と耕作放棄地面積率の推移(年)
1.0: 52.0: 35 主要国の平均経営農地面積の比較(ヘクタール)
1.0: 54.0: 17 国内金融市場
1.0: 55.0: 11 主なマーケット指標の状況(日)
1.0: 55.0: 51 物価連動国債
1.0: 57.0: 8 国内生保大手
1.0: 57.0: 20 日本の生保保有の有価証券の推移(兆円、年度)
1.0: 57.0: 28 三井住友銀行
1.0: 57.0: 58 三菱東京UFJ FG
1.0: 58.0: 18 外国人観光客
1.0: 58.0: 39 訪日外国人数の推移(万人、年)
1.0: 58.0: 47 主要国・地域の訪日外国人の推移
1.0: 59.0: 19 朝鮮半島情勢
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:野中 美里

Copyright(c)