ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
雇用から見た日本社会の構造 > 雇用から見た日本社会の構造 02

年功階段の功罪


概要:
若者の非正規雇用問題が日本型雇用の問題点として取りざたされているが、そこには大きな誤解がある。日本の企業は年功階段を上り高給になった年配者を定年退職させ、給料の安い新卒を一括採用してきた。そのため世界各国と比較すれば若者の失業率は著しく低いのが実情だ。日本型雇用の問題は別のところにある。
本講義では、多くのデータに基づき日本型雇用のメリットとデメリットを明らかにしたうえで、欧米型雇用と比較しながら今後日本が歩むべき雇用形態の道を探る。
欧米では、新卒ですぐに大企業に就職できるのは、超高学歴・高成績のエリートだけである。エリートの賃金は年齢が上がれば順調に増えるが、ノンエリートの場合、経験年数は賃金にほとんど反映されず、職種を変えない限りずっと低賃金のままだ。企業は熟練者を低賃金で雇用できるので、働いた経験がない若者をいきなり正規雇用しようとはしない。そのためノンエリートの若者には、インターンやGAPイヤーのような修業期間が必要になる。このように欧米では、未来の経営人材であるエリートと生涯低賃金で働くノンエリートの間に歴然とした差があるが、日本では、ホワイトカラーとして一括採用された社員は全て幹部候補生となる。年功序列により役職に就けるし給料も上がるので、若い社員は必死で働くが、熟年になると実務が減り仕事内容に不釣り合いな報酬を得るようになる。そのままでは経営が困難になるので、企業は定年制度によって高給の年配者を退職させる。

欧米型雇用と日本型雇用にはこのような基本的構造の違いがあり、それぞれにメリットがありデメリットがある。例えば欧米型ノンエリートは生涯低賃金で働かなければいけないという点では不利だが、熟練者であればいったん退職してもいつでも就職できるため、ワークライフバランスを考えやすい。日本型雇用の場合は誰にでも出世の可能性があるためモチベーションを保ちやすいが、会社に縛られて生きなくてはならない。
女性が出産育児のために退職すると、その後は非正規雇用の仕事にしか就けなくなるというのも深刻な問題だ。日本型雇用は、年功階段を上って出世したい男性や主婦願望の強い女性には有利だが、競争から下りたい男性や仕事への意欲が強い女性には不利であるし、高齢者の再就職にも厳しい。少子高齢化はさらに進むので、女性や高齢者の労働力を活用しなければいけないのは明らかだ。働く意欲のある人は誰でもワークライフバランスを考えて働けるように、日本型雇用のメリットを生かしながら社会を変えることを考えなければいけない。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 年功階段の功罪
00: 00: 49 雇用から見た日本社会の構造~日本型雇用とは何か~
00: 01: 35 日本には、欧米で起きたことをつい直輸入してしまう悪い癖があります。
00: 02: 09 高名な経済学者のありがちな論説
00: 03: 08 「非正規は若年の問題」という誤解
00: 05: 02 本当の非正規問題とは?
00: 08: 34 学歴・性別でくっきり現れる格差(1)
00: 09: 17 学歴・性別でくっきり現れる格差(2)
00: 10: 31 学歴・性別でくっきり現れる格差(3)
00: 10: 47 若年(20~25歳)失業率の日・欧米格差
00: 12: 38 欧米では、 若年の失業率が著しく高い。
00: 13: 07 日・欧米の年齢別賃金の相違点(1)
00: 13: 41 日・欧米の年齢別賃金の相違点(2)
00: 13: 43 日・欧米の年齢別賃金の相違点(3)
00: 13: 57 日・欧米の年齢別賃金の相違点(4)
00: 13: 59 日・欧米の年齢別賃金の相違点(5)
00: 14: 08 日・欧米の年齢別賃金の相違点(6)
00: 14: 10 日・欧米の年齢別賃金の相違点(7)
00: 14: 32 欧米の年功カーブの問題(1)
00: 15: 04 欧米の年功カーブの問題(2)
00: 15: 07 欧米の年功カーブの問題(3)
00: 15: 14 欧米の年功カーブの問題(4)
00: 15: 21 欧米の年功カーブの問題(5)
00: 15: 27 欧米の年功カーブの問題(6)
00: 15: 29 欧米の年功カーブの問題(7)
00: 15: 34 欧米の年功カーブの問題(8)
00: 17: 13 欧米の年功カーブの問題(9)
00: 17: 30 日本型年功カーブの功罪(1)
00: 17: 33 日本型年功カーブの功罪(2)
00: 18: 34 日本型年功カーブの功罪(3)
00: 18: 40 日本型年功カーブの功罪(4)
00: 18: 45 日本型年功カーブの功罪(5)
00: 18: 50 日本型年功カーブの功罪(6)
00: 18: 53 日本型年功カーブの功罪(7)
00: 18: 57 日本型年功カーブの功罪(8)
00: 19: 01 日本型年功カーブの功罪(9)
00: 19: 38 欧米で顕著な「若悲」「熟楽」の構造(1)
00: 20: 07 欧米で顕著な「若悲」「熟楽」の構造(2)
00: 21: 28 欧米で顕著な「若悲」「熟楽」の構造(3)
00: 21: 34 欧米で顕著な「若悲」「熟楽」の構造(4)
00: 21: 58 欧米の勤続傾向(男性雇用者)(1)
00: 22: 01 欧米の勤続傾向(男性雇用者)(2)
00: 22: 32 欧米の勤続傾向(男性雇用者)(3)
00: 22: 35 欧米の勤続傾向(男性雇用者)(4)
00: 22: 45 欧米の勤続傾向(男性雇用者)(5)
00: 22: 51 欧米では出世しない低賃金な熟年は長期勤続。
00: 25: 27 日米の年功昇給の実態を比較。(1)
00: 25: 30 日米の年功昇給の実態を比較。(2)
00: 27: 02 日米の年功昇給の実態を比較。(3)
00: 27: 06 日米の年功昇給の実態を比較。(4)
00: 27: 14 日米の年功昇給の実態を比較。(5)
00: 27: 51 日米の年功昇格状況を比較(男性フルタイマー雇用者)(1)
00: 29: 22 日米の年功昇格状況を比較(男性フルタイマー雇用者)(2)
00: 29: 25 日米の年功昇格状況を比較(男性フルタイマー雇用者)(3)
00: 29: 28 日米の年功昇格状況を比較(男性フルタイマー雇用者)(4)
00: 29: 31 日米の年功昇格状況を比較(男性フルタイマー雇用者)(5)
00: 30: 05 欧米は、出世する・しないが、早期に決まってしまう社会。
00: 30: 25 エリート・ノンエリートという入口の在り方
00: 31: 42 欧米型にはなぜインターンが必要か?(1)
00: 31: 52 欧米型にはなぜインターンが必要か?(2)
00: 31: 56 欧米型にはなぜインターンが必要か?(3)
00: 32: 14 欧米型にはなぜインターンが必要か?(4)
00: 32: 17 欧米型にはなぜインターンが必要か?(5)
00: 32: 24 欧米型にはなぜインターンが必要か?(6)
00: 32: 28 欧米型にはなぜインターンが必要か?(7)
00: 33: 21 学歴別賃金に見る、日米の階層構造の違い(1)
00: 33: 22 学歴別賃金に見る、日米の階層構造の違い(2)
00: 34: 12 学歴別賃金に見る、日米の階層構造の違い(3)
00: 35: 14 GAPイヤーとインターン(1)
00: 35: 16 GAPイヤーとインターン(2)
00: 35: 17 GAPイヤーとインターン(3)
00: 35: 24 GAPイヤーとインターン(4)
00: 35: 26 GAPイヤーとインターン(5)
00: 35: 28 GAPイヤーとインターン(6)
00: 35: 31 GAPイヤーとインターン(7)
00: 35: 36 GAPイヤーとインターン(8)
00: 35: 39 GAPイヤーとインターン(9)
00: 35: 40 GAPイヤーとインターン(10)
00: 35: 41 GAPイヤーとインターン(11)
00: 35: 42 GAPイヤーとインターン(12)
00: 35: 49 GAPイヤーとインターン(13)
00: 37: 17 GAPイヤーとインターン(14)
00: 41: 07 新卒採用→総合職のメリット(1)
00: 41: 14 新卒採用→総合職のメリット(2)
00: 41: 15 新卒採用→総合職のメリット(3)
00: 41: 33 日本型雇用の優位点
00: 50: 41 日本型雇用をめぐる論考の問題点(1)
00: 50: 48 日本型雇用をめぐる論考の問題点(2)
00: 52: 26 日本型雇用をめぐる論考の問題点(3)
00: 53: 14 もちろん日本型雇用にも問題は多々あります。
00: 54: 03 日本型雇用が生み出す3つの問題(1)
00: 54: 05 日本型雇用が生み出す3つの問題(2)
00: 54: 10 日本型雇用が生み出す3つの問題(3)
00: 54: 23 日本型雇用が生み出す3つの問題(4)
00: 55: 10 日本型雇用が生み出す3つの問題(5)
00: 58: 40 こうした日本特有の問題を忘れ、構造が異なる欧米の問題「若年雇用」「グローバル教育」・・・
講師紹介: 海老原 嗣生(えびはら つぐお)


『海老原 嗣生』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)