ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 組織人事 > 組織人事ライブ576

現場から見た非正規雇用の課題と解決
ゲスト:平田未緒氏(株式会社働きかた研究所 代表取締役)


概要:
あらゆる仕事がサービス業化している現代、効果的な人材活用として非正規雇用が欠かせない時代になってきた。今回は求人広告企業として知られる株式会社アイデムを経て、2013年7月に「株式会社働きかた研究所」を設立した平田未緒氏をゲストに迎え、非正規雇用の人材マネジメントについて考える。前職で顧客満足・従業員満足、人事制度、能力開発、パート・アルバイトの戦力化などをテーマに、数多くの企業や従業員を取材してきた平田氏が、事例を交えて非正規雇用の実態とマネジメントを解説する。
正社員の特徴はフルタイム勤務と定年までの無期労働契約で、一般的に昇進・昇格や転勤があり、福利厚生や教育・研修制度が整い、賞与・退職金があることも多い。一方、非正規社員はパート、アルバイトの短期労働者、契約社員、派遣労働者などを指し、有期労働契約、短時間・短日の労働、日給・時給制の賃金という特徴が挙げられる。
景気が低迷する日本では、ここ20年でコスト削減のための非正規雇用が男女ともに増加し、今後も増え続けると予想される。これを受けて2013年4月に労働契約法が改正され、有期労働契約を5年更新すると、本人の申し出により無期労働契約に転換できるようになった。
これまで多くの企業は非正規社員を人件費低減の手段として使い捨て感覚で捉え、人材マネジメントの対象としていなかった。非正規でも商品の品質や顧客接点を担うことに変わりはなく、きちんと教育をしないとマイナスイメージになりかねない。短期間でも責任感・成長意欲・参画意識を持って働いてもらうためには、雇用する側の意識改革が必要である。
労働条件や環境を整えることはもちろん、パートやアルバイトも重要な戦力だと認識し、経営理念を含めてしっかり教育を行い、一人一人とコミュニケーションを取って、働きに対する正当な評価をすることも忘れてはならない。非正規社員の定着率が高まると、教育が行き届いて仕事の質が向上し、結果的にロスも減って利益率の向上につながるだろう。企業側が従業員に「あなたに働いてほしい」と伝え、働く側も「ここで働きたい・役に立ちたい」という意識を持つ「相思相愛」の関係を築くことが何より大切である。

これからの人材マネジメントは「採用・定着・戦力化」を目指し、企業は従業員に対して仕事や役割を「期待する」、成長を援助し「教育する」、経営や顧客満足に「参画させる」ことを心掛けるといいだろう。企業ごとに独自性のあるマネジメントを考え、従業員・顧客・会社が互いに満足できる好サイクルをつくりあげるべきである。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 現場から見た非正規雇用の課題と解決
00: 01: 10 平田未緒氏 プロファイル
00: 02: 58 現場から見た非正規雇用の課題と解決
00: 03: 04 今日の流れ
00: 04: 01 正社員と非正規社員 違いと概況を再確認
00: 04: 22 正社員とは? 非正社員とは?
00: 07: 32 増える非正規社員(比率)(1)
00: 08: 14 増える非正規社員(比率)(2)
00: 08: 34 増える非正規社員(比率)(3)
00: 08: 51 非正規社員という働き方・雇い方 雇用形態の特性と企業対応
00: 08: 57 雇用形態としての特性
00: 13: 13 雇用形態の必然・・・? ~私の日雇い労働体験~
00: 19: 14 企業が「非正規社員」に求めるもの
00: 20: 56 こんなに違う!?活用実態 成功・失敗・改善 事例
00: 21: 06 「成功」事例
00: 27: 41 「失敗」事例
00: 33: 33 「改善」事例
00: 40: 53 成功・失敗 違いはどこに? ポイントは 「相思相愛」
00: 41: 40 成功事例の共通点
00: 42: 31 働く側の「相思相愛」判断基準
00: 43: 09 多様化するパート・アルバイト
00: 45: 23 環境別「相思相愛」の3ポイント
00: 46: 35 なぜ相思相愛が必要か 非正規社員を戦力化するために
00: 46: 54 戦力化が必要なわけ
00: 50: 16 経営環境も変わっている
00: 51: 43 企業力を高めるこれからのマネジメント 3つの満足
00: 51: 50 新たな課題 「正社員」とは?
00: 54: 07 これからの人材マネジメント
00: 56: 55 目指すところは?
00: 59: 04 今日のまとめ
講師紹介: 高橋 俊介(たかはし しゅんすけ)
慶應義塾大学SFC研究所上席所員
組織・人事に関する日本の権威の一人。プリンストン大学大学院工学部修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー、ザ・ワイアット・カンパニーに勤務後、独立。
人事を軸としたマネジメント改革の専門家として幅広い分野で活躍中。
主な著書に『自由と自己責任のマネジメント』、『自立・変革・創造のマネジメント』、『キャリアショック』、『組織改革』、『人材マネジメント論』など。

『高橋 俊介』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:岩崎 里衣

Copyright(c)