ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
インターネットスタートアップ最前線 > インターネットスタートアップ最前線 01

ゲスト:林 信行氏(ITジャーナリスト)
     武石幸之助氏(株式会社ワンオブゼムCEO)


概要:
現代では、クラウドコンピューティングなどIT技術の進歩によって、インターネット関連事業を興す敷居は低くなり、若き創業者たちが多数出現している。起業家たちによって繰り返された試行錯誤は、蓄積整理され、インターネット事業スタートアップにおける戦略として体系化されつつある。
本番組では、iPhone・スマートフォン事情に詳しいITジャーナリストの林伸行氏、株式会社ワンオブゼムを起業した武石幸之助氏の2名をお迎えし、実例を交えながら、インターネットベンチャースタートアップの最前線に迫る。
2007年に発売が開始されたiPhone・スマートフォン(スマホ)は、Twitterなどソーシャル・ネットワーク(SNS)利用をいつでもどこでも可能にし、ユーザーの生活を一変させた。Googleの調査によると、スマホ利用者の89%が、あらゆる場所で1日中端末を活用すると回答した。2011年の携帯電話国内販売台数は、150機種全て合わせても4160万台にとどまるが、iPhoneは、2機種のみでも同年下半期6カ月で3899万台を販売し、現在も加速度的に販売台数を伸ばしている。いわゆるiPhone×Twitter(IT)革命は、一過性のブームではなく、携帯電話から次世代端末へシフトする動きの表れだと捉えるべきだ。

スマホ拡大に伴い、スマホ用アプリケーションソフト市場が活況を呈している。iPhone用のアプリだけでも、既に65万本以上が販売され、年間200億を超えるダウンロードを記録した。スマホ用アプリは、個人が比較的簡単に作成でき、ボタン一つで世界へ配信が可能になるなど、ソフト開発販売システムの分野においても革命的な変化が起こった。たった5日間で1億円以上を売り上げたゲームも登場し、21世紀のゴールドラッシュなどとも呼ばれている。ドミノピザでは、スマートフォンの位置情報を利用して、公園などに滞在する顧客にピザを配達するサービスを開始し、122日で1億円の売り上げを稼ぐなど、新たなビジネスモデルが急成長している。iPhone用アプリで成功を収めたEvernoteのCEO、Phil Libin氏は、オープンソース、クラウド、スマートフォン、ソーシャルメディアによって、よい製品を提供する企業が成功する時代になったと語る。起業家にとって大切なことは、先発起業家たちとのコミュニケーションでイメージを膨らませながら、FacebookなどのSNSで情報を発信し、自らの行動につなげること。「健康計算機」というアプリを開発して世界的ヒットを飛ばしている中学生が出現する時代である。
今後も参入障壁が低下したインターネットビジネスに挑戦する若き起業家が増えれば、日本の将来も開けてくるだろう。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 インターネットスタートアップ最前線01
00: 06: 08 2007
00: 06: 29 iPhone x Twitter革命(1)
00: 06: 34 iPhone x Twitter革命(2)
00: 06: 45 iPhone x Twitter革命(3)
00: 06: 59 ブームではなくシフト
00: 07: 37 89%が1日中スマホを利用
00: 08: 08 iPhoneの製造原価:1万5000~2万円 vs 日本の全部入りケータイ:4~7万円
00: 08: 39 資料(1)
00: 08: 49 4160万/12ヶ月(1)
00: 08: 56 4160万/12ヶ月(2)
00: 09: 20 3899万/6ヶ月
00: 09: 32 3704万/3ヶ月
00: 10: 19 スマートフォン年間出荷台数
00: 10: 55 1クリックで世界へ
00: 11: 39 資料(2)
00: 11: 50 21世紀のゴールドラッシュは健在
00: 12: 08 ソフトウェア産業の融合
00: 12: 36 $39.1億
00: 13: 09 あらゆる業界を吸い込む
00: 13: 27 生活+ビジネスが変わり始めた
00: 13: 42 検索する人の10人中9人は結果が実際の行動に直結
00: 14: 15 ペーパレス化
00: 15: 41 日本交通株式會社
00: 16: 13 122日で1億円 14ヶ月で5億円
00: 16: 33 世界を変えるための 敷居↓影響力↑
00: 17: 13 よい製品が成功するとは限らない、は昔話
00: 17: 25 Geek meritocracy
00: 19: 04 資料(3)
00: 19: 18 12年前との比較
00: 19: 40 情報大洪水時代(1)
00: 19: 42 情報大洪水時代(2)
00: 20: 10 relevancy
00: 20: 21 Twitterとは何か?(1)
00: 20: 22 Twitterとは何か?(2)
00: 20: 27 Twitterとは何か?(3)
00: 20: 35 Twitterとは何か?(4)
00: 20: 38 Twitterとは何か?(5)
00: 20: 52 twitter(1)
00: 20: 53 twitter(2)
00: 20: 54 twitter(3)
00: 20: 57 twitter(4)
00: 20: 59 twitter(5)
00: 21: 04 twitter(6)
00: 21: 09 トップページや検索に変わる情報の入り口
00: 21: 19 twitter 2億ツイート/日
00: 21: 23 facebook 9億人
00: 24: 27 まずは簡単に自己紹介
00: 25: 18 学生時代からWEBメディアプロデュース
00: 25: 44 Ameba
00: 26: 47 OUR BUSINESS
00: 27: 10 Strategy(1)
00: 27: 11 Strategy(2)
00: 27: 13 Strategy(3)
00: 27: 15 Strategy(4)
00: 27: 16 Strategy(5)
00: 27: 17 Strategy(6)
00: 28: 01 Product - 海の上のカメ農園
00: 28: 52 起業を志したきっかけ①
00: 29: 40 起業を志したきっかけ②
00: 31: 02 起業を志したきっかけ③
00: 41: 54 自分そっくりキャラで楽しもう!アメーバピグ
00: 42: 18 資料(4)
00: 42: 34 【再掲】自分そっくりキャラで楽しもう!アメーバピグ
00: 42: 47 【再掲】資料(4)
00: 43: 00 【バーチャルコミュニティの成功】
00: 43: 20 浅草寺で 何故か横一列に並ぶ人々
00: 43: 23 人文字をやりはじめる人々
00: 43: 31 資料(5)
講師紹介: 小林 雅(こばやし まさし)
ICCパートナーズ株式会社代表取締役
東京大学工学部卒業後、1998年アーサー・D・リトル(ジャパン)に入社。エレクトロニクス・情報機器・通信関連の新規事業戦略立案に従事後、ベンチャー・インキュベーション事業の立ち上げを経験。2001年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ)入社。2004年同社パートナー就任。累計約400億円のベンチャーキャピタル・ファンドを運用。グリー株式会社などのインターネット・モバイル・ソフトウエア産業の投資を担当。2007年8月に独立し、2008 年1月インフィニティ・ベンチャーズLLP共同代表パートナー。インフィニティ・ベンチャーズ・サミットの企画・運営責任者を務める。2015年9月に退職し、2016年4月より現職。

『小林 雅』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:木次 真紀

Copyright(c)