ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 大前研一ライブ > 大前研一ライブ579:開局12周年公開特別番組

今週の主なニュース:
<地震関連>首相、福島原発20~30キロ圏住民に屋内退避要請
<地震関連>米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出
<地震関連>日経平均終値1015円安、下落率3番目 原発問題を嫌気 時価総額、2日で51兆円減


概要:
*東日本巨大地震/震災発生から1週間、死者・行方不明者が1万6893人(18日・警察庁)。生活物資や情報不足など被災地で深刻化
*福島原発/燃料棒貯蔵プールへの注水作業に全力。「東芝」が700人体制で復旧支援
*東京電力/1都8県を5つに分け計画停電を実施。企業の工場操業停止が相次ぐ
*国内金融市場/15日の日経平均は前日比1015円安の8605円に。16日の外国為替市場は一時1ドル=76円台の円高
*世界原発政策/~仏サルコジ大統領が地震問題でG20会合を提案
*国際震災支援/「カタールガス」がLNG供給増の用意を表明。米「GE」が移動電源車10台を福島原発へ移送
<Realtime On-line Case Study>もしも私が「日立の中西宏明社長」だったら、業績回復を持続させ、本物とさせるために引き続きどのような手を打ち続けるか?
 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 タイトル
00: 03: 18 資料:YouTube
00: 04: 09 資料:東洋経済オンライン
00: 05: 41 資料:日経BPネット(1)
00: 07: 50 資料:日経BPネット(2)
00: 18: 10 東日本巨大地震
00: 21: 17 新しい東北地方
00: 25: 37 福島原発
00: 31: 42 福島第一原発事故
00: 39: 52 今起っている問題
00: 45: 27 あーニッポン!特殊事情
00: 51: 10 今後のステップ
00: 59: 45 緊急避難地域の問題
01: 02: 41 国際・外交問題
01: 06: 58 福島第一原発の施設配置図
01: 07: 06 福島第一原発の原子炉の概略図
01: 07: 52 福島第1原発事故への対応
01: 08: 14 日本の原発事故が各国の原発政策に与えた影響
01: 09: 21 東京電力
01: 09: 56 計画停電の愚
01: 14: 05 発電電力量の構成
01: 14: 13 月別の電力需要量の分布
01: 14: 39 曜日別の電力需要量の分布(東電管内)
01: 15: 34 夏季1日の電気の使われ方
01: 15: 40 【参考】夏季1日の電気の使われ方
01: 16: 44 復興資金
01: 19: 42 国内金融市場
01: 21: 57 世界原発政策
01: 23: 28 国際震災支援
01: 24: 15 日本のLNG輸入相手国
01: 25: 42 日立製作所の業績推移
01: 26: 02 国内電機三社の業績推移
01: 26: 34 国内電機三社の主な財務指標
01: 26: 47 国内総合電機三社の長期株価推移
01: 27: 23 日立製作所の主要子会社(09年3月期の旧セグメントに基づく)
01: 28: 19 親子上場のメリット・デメリット
01: 29: 15 親子上場による利益の外部流出(億円)
01: 29: 33 【参考】日立製作所と上場子会社の純損益
01: 30: 32 【参考】電気三社の利益の外部流出額
01: 31: 03 日立製作所の主要子会社(10/3以降、新セグメントに基づく)
01: 31: 54 日立製作所のセグメント売上高推移
01: 32: 18 日立製作所のセグメント業績前年比較
01: 32: 47 日立の事業セグメント別の海外売上比率
01: 33: 45 【参考】日米欧電機大手の営業利益率比較
01: 34: 05 日立製作所の現状と課題
01: 35: 12 日立の主要事業の競争力①
01: 35: 23 日立の主要事業の競争力②
01: 35: 31 【参考】世界主要電線メーカーの売上高
01: 35: 50 日立の主要事業の競争力③
01: 36: 22 【参考】日立の電子装置事業の主な業界シェア
01: 36: 46 日立の主要事業の競争力④
01: 37: 03 日立の主要事業の競争力⑤
01: 37: 36 日立の主要事業の競争力⑥
01: 38: 27 日立製作所の方向性(案)
講師紹介: 大前 研一(おおまえ けんいち)
経営コンサルタント
マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了後、日立製作所、マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を経て現職。
オーストラリアのボンド大学の評議員兼経営学部教授でもある。著書多数。

『大前 研一』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:大里 希世

Copyright(c)