ビジネス・ブレークスルーHOMEへ | 会社概要 | BBTサービス一覧 | サイトマップ | BBTサイトについて | お問い合わせ一覧 |

ログイン
BPUプロフェッショナル系 イノベーション > イノベーションライブ350:石倉洋子

消費者を巻き込んだイノベーション
ゲスト:西山浩平氏(エレファントデザイン株式会社 代表取締役)


概要:
問いかけ:あなたは消費者が参加できる商品開発のサイトに参加したことがありますか?
Yes,Noとその理由を教えてください。

インターネットは消費者のニーズを容易に商品開発へと繋げる事を可能とした。
エレファントデザインはインターネットを利用した消費者主導の商品開発を支援するサービスの提供を目的とし
西山氏が1997年に創立した会社である。社名の由来は様々な役割を果たす象の鼻に因む。
消費者へロイヤリティーというメリットも還元している同社の事業のメカニズムを紹介、消費者を巻き込むイノベーションについて考えてみたい。
西山氏は彫刻家を目指していたが、奨学金を得て米国の大学へ進学することが適わず帰国。
下北沢でひとつのバッグが目に留まった。そのオーダーメイドの鞄工房を知り、鞄製作の工程に、造形という点において、彫刻との共通点を見出した。

さらに、世の中に欲しい鞄が無かったら自分でつくればよいと考え、その工房に弟子入りした。
その後独立をしたが、小さな工房では限界もあることや、鞄に限らず欲しいものを作ることがビジネスになることに気付き、大学でビジネスを学びながら桑沢デザイン研究所で工業デザインを学んだ。
卒業後はマッキンゼーに入社し、後にエレファントデザインとなるアイデアを暖めることとなる。

エレファントデザインのコンセプトは「DTO(=Design To Order)」、
ユーザーの意見を集めて商品化することで、ビジネスシステムは「ユーザーの『ほしい』をカタチにするのが仕事」である。

具体的にはユーザーがネット上のコミュニティーや自身のブログで仲間を集め、エレファントデザインはネット上の「空想生活」でそれを集約、ニーズの集合が損益分岐点を越えたと判断された場合、
知的財産として意味を持つものとしメーカーへライセンスを供与、メーカーからのロイヤリティーがユーザーに還元されるというものである。
個々の空想がネットで集まり、それが社会的な空想となって経済的な価値を持つのである。

最初に商品化したものは携帯電話のカバーであったが、その後は良品計画という良き理解者を得たおかげで、「持ち運びできるあかり」や「体にフィットするソファー」といったヒット商品が誕生した。
「体にフィットするソファー」の売上高は13億円、ロイヤリティーは1,000万円、資産価値は5,000万円にもなった。

エレファントデザインは日本語という言葉の壁、また知的財産が特許になりにくい日本の特許制度、更には優れた製造業が多いという背景から、
まだ国内での商品化に留まっているが、海外への進出やこの仕組みがもともと適していると思われるサービス財への展開が課題であると西山氏は語る。

 講義タイムテーブル:
スライド 時間 タイトル
00: 00: 00 消費者を巻き込んだイノベーション
講師紹介: 石倉 洋子(いしくら ようこ)
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
上智大学外国語学部卒業。米国バージニア大学にてMBA取得後、日本人女性で初めてハーバード大学大学院にてDBA(経営学博士号)を取得。1985-1992年、マッキンゼー社で日本の大企業の戦略、組織、企業革新のコンサルティングに従事。その後、青山学院大学国際政治経済学部教授、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授をへて現職。
経営戦略、マーケティング戦略、グローバル戦略が専門。行革本部規制改革委員などを兼務。
主な著書に『組織のコアスキル』(NTT出版 1992)、『異質のマネジメント』(共著・ダイヤモンド社 1994)、『戦略経営論』(訳、東洋経済新報社 2002)など。
『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』『一橋ビジネスレビュー』等に論文多数。

『石倉 洋子』をamazon.co.jpで検索
  アシスタント:西野 七海

Copyright(c)