IDP-社内起業家養成プログラム 開講記念セミナー "新規事業"立ち上げの秘訣と仕組み

2017年7月4日

 

IDP-社内起業家養成プログラム 新規開講記念セミナー
“新規事業”立ち上げの秘訣と仕組み
カルビー株式会社 鎌田由美子氏(上級執行役員)/株式会社オプティム 菅谷俊二氏(代表取締役社長)
日時:2017年7月11日(火)13:00~16:30 (受付開始 12:30)
場所:ビジネス・ブレークスルー六番町地下1階セミナールーム(千代田区)
 
 
 ビジネス・ブレークスルー大学大学院(学長:大前研一、以下BBT大学大学院)は、「IDP-社内起業家養成プログラム」の一般向け新規開講を記念して、同プログラムの一環である「Monthly Seminar」を一般にも開放いたします。本セミナーは企業内の資産を利用して新規事業を創生できる人材の育成を目的とする「IDP-社内起業家養成プログラム」の一環として毎月開催されるもので、起業や新規事業立ち上げで活躍されている方を講師にお迎えし講演やワークショップを実施しています。

 
 「IDP-社内起業家養成プログラム」は、企業の中で既に蓄積されている知見や技術等の資産を利用し、周囲の人を巻き込みながら新しい価値を提案できる人材の育成を目的としています。「IDP-社内起業家養成プログラム」新規開講を記念した今回の「Monthly Seminar」では、「“新規事業”立ち上げの秘訣と仕組み」をテーマとしており、企業内新規事業の成功事例を基に新規事業立ち上げのポイントや軌道にのせる秘訣、社内起業家を育てる仕組みについて考えます。


 講師には、東日本旅客鉄道にてエキナカ「ecute」を手掛けた現カルビー株式会社上級執行役員の鎌田由美子氏と、大学在学中に創業した会社を成長させ続けている株式会社オプティム代表取締役社長菅谷俊二氏をお招きし、具体的な体験をもとに新規事業の立ち上げや起業家育成についてご講演いただきます。講演後には両氏によるトークセッションも予定しており、BBT大学大学院教授陣がモデレーターとしてエピソードやアドバイスなどを引き出します。新規事業を立ち上げたい方や、社内を活性化させたい経営者の方をはじめとする多くのビジネスパーソンにご参加いただければと思います。
 
【イベント概要】
◆日時:2017年 7月11日(火) 13:00~16:30 (受付開始 12:30)
◆場所:ビジネス・ブレークスルー六番町地下1階セミナールーム(千代田区六番町1-7 B1F)
◆登壇者:鎌田由美子氏(カルビー株式会社 上級執行役員) 
菅谷俊二氏(株式会社オプティム 代表取締役社長)
◆参加費:無料
◆お申込みURL : http://www.ohmae.ac.jp/information/event/297/

【プログラム】
13:00~ 第一部:講演
講演1 鎌田由美子氏
講演2 菅谷俊二氏
14:40~ 第二部:トークセッション
ゲストスピーカー:鎌田由美子氏、菅谷俊二氏
モデレーター:椿進教授、志村勉教授
15:30~ 「IDP-社内起業家養成プログラム」紹介/交流会

【登壇者プロフィール】
鎌田由美子氏(カルビー株式会社 上級執行役員)
1989年4月、東日本旅客鉄道株式会社入社。2001年より「立川駅・大宮駅プロジェクト」リーダーとしてエキナカを手掛ける。2005年「ecute」を運営する株式会社JR東日本ステーションリテイリング代表取締役社長。2008年より本社事業創造本部にて「地域活性化」「子育て支援」を担当。駅型保育の拡大や六次産業化としてのシードル工房青森「A-FACTORY」、越後湯沢駅改良、地産品ショップ「のもの」等を手掛ける。2015年1月東日本旅客鉄道株式会社退社。2015年2月より現職。株式会社ポーラ・オルビスHD 社外取締役、株式会社ルミネ非常勤取締役、みちのく銀行社外取締役。
 
菅谷俊二氏(株式会社オプティム 代表取締役社長)
1996年佐賀大学農学部入学。2000年3月に大前研一主催の「ビジネスジャパンオープン」にて孫正義賞を受賞。2000年6月佐賀大学在学中にオプティムを創業。同社代表取締役に就任。2014年10月東証マザーズ上場、2015年10月東証一部上場。2013年情報通信分野で特許資産規模第9位を獲得、2014年IoT分野で第3位を獲得。同年「第40回経済界大賞発表」にてベンチャー経営賞を受賞、また個人としても、1993年-2015年の情報通信分野における日本人特許資産規模ランキングで第1位を獲得。
 
【モデレータープロフィール】
椿進教授(IDP社内起業家育成プログラム担当教授/BBT大学院 経営管理専攻教授アントレプレナーコース長)
(株)ボストンコンサルティンググループ(BCG)、パートナー・マネージングダイレクターとして、ハイテク、情報通信、インターネット、メディア・コンテンツ分野において、事業戦略、M&A戦略、新事業立ち上げ、グローバリゼーション等のプロジェクトを実施。2006年より上場会社代表取締役社長に就任。(株)タカラトミー、(株)竜の子プロダクション、(株)アトラス 等 などの社外取締役を歴任。2008年にパンアジアパートナー創業(現アジア・アフリカ・インベストメント&コンサルティング(AAIC)社)。代表取締役社長/代表パートナー就任。
 
志村勉教授(IDP社内起業家育成プログラム 担当教授/BBT大学院 経営管理専攻教授)
早大ビジネススクール 在籍中に国際ビジネスプランニングコンテストで1位となる。 2005年11月より現職。 市場創造、ビジネスモデル、イノベーションなどの技術経営学分野 が専門。また多くの企業でビジネスモデル構築や新規事業 企画、ならびに社員教育を手掛けている。 国、地方自治体の各種委員を歴任し、現在も委員やアドバイザー に在任中。中小企業基盤整備機構のインキュベーション施設の アドバイザーを歴任。 著書に「新版 ビジネスプランニングの達人になる法( PHP研究所/2008年)」など。
 
 
 
【BBT大学大学院について】
日本初の遠隔教育による経営の専門職大学院として2005年4月に開学。総計1,000名超の修了生を輩出。「最先端教育でMBAを、よりスマートに、より実践的に」をスローガンに資本主義経済を勝ち抜く実力を備えたビジネスパーソンの育成を目的としている。過去の事例ではなく現在起こっているビジネス上の出来事をテーマとして学ぶ大前研一考案の教授法「RTOCS(アールトックス:Real Time Online Case Studyの頭文字をとったもの)」をはじめ、独自のカリキュラムでキャリア貢献度NO.1を目指すMBA教育を展開。 http://www.ohmae.ac.jp/

【BBTについて】
グローバル環境で活躍できる人材の育成をミッションとして1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成、ビジネス英語や経営者勉強会等多用な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作など様々な顔を持つ。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯教育をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。在籍会員数約1万人、延べユーザID数は約20万。  http://www.bbt757.com/


 
 

【セミナー】社内起業家育成プログラム.pdf

取材のお申し込み

BBTのすべての部署および、子会社のアオバジャパン・インターナショナルスクールへのご取材は、広報担当がご案内いたします。
取材を希望される方は、以下のお問い合せフォームよりご連絡ください。

広報ブログはこちら

グローバルビジネスで戦える人材になるためのヒント"The Essence of BBT"

大前研一ニュースの視点

答えのない現代社会。今、ビジネスパーソンに求められているのは『問題解決力』だ!
このメルマガ「大前研一《ニュースの視点》」は、日本国内のみならず世界の動きを理解する上で、ポイントとなる最新ニュースや注目企業の動向・施策を、大前研一の緻密な分析とグローバルな洞察によって読み解くニュースマガジンです。

あなたは何点?診断テスト

MBA診断
驚嘆!今の「ビジネス能力」と「志向特性」をあぶりだす!? 未来には何が待ち受けているか
MBAマッチング診断
あなたの目指すMBA学習とBBT 大学院の相性をチェック! 5分でわかるマッチング診断
実践ビジネス英語検定
所要時間5分!すぐにあなたのビジネス英語力がわかる!あなたに足りないスキルはこれだ
資産形成スキル診断
あなたの資産形成スキルは何点?5分間の診断で結果がわかる!あなただけの診断結果
ビジネス脳力診断テスト
あなたのビジネス”脳力”をランキングで丸裸に!! 大前研一ニュースの視点監修

BBT・メルマガランキング

1
大前研一 ニュースの視点
2
資産形成力養成講座
メールマガジン
3
グローバルリーダーへの道
4
グローバルマネー・
ジャーナル
5
オープンスクール
5日間メール
6
MBAがよくわかる!
無料メールセミナー
7
大前研一通信
マンスリーレポート
8
あなたのビジネス感性を磨く 「大前研一メソッド」
9
MBAホルダーの視点
10
BBT757ch
『ビジネスの視点』
11
ビジネスでバリバリ突っ走り
たい人の BBT大学メルマガ