• 一覧
  • 定例勉強会
  • 緑陰セミナー
  • 海外視察旅行
  • サンプル映像

活動内容

定例勉強会

向研会の定例勉強会は、著名人を招いた講演会兼名刺交換会ではなく各社にとっての経営課題を研究するための、メンバー参加型の勉強会となっております。テーマによっては各分野の専門家や海外の経営者もゲストに招き、質疑応答やディスカッションを通じて議論を深めていくというスタイルをとっております。

▼2017年度

4月

『グローバル化成功の足跡 ~ドメスティックな中古車買い取り事業から、アフリカなど途上国中心のグローバル化ビジネスへ~』

講師:山川 博功(株式会社ビィ・フォアード/代表取締役)

ビィ・フォアードは、2004年の創業以来、10年間で12万6千台を超える中古自動車を、世界120カ国以上の国々に越境ECで販売している。
特にアフリカへの出荷が盛んで、総売上約500億円のうち7割を占めている。
アフリカでトヨタよりも有名な企業といわれる同社のビジネスモデルの鍵は、「スマホ」「グローバル人材」「現地化」であるが、その事業展開や手法、経営哲学について解説頂きます。

5月

『社内起業家を生み出す経営 ~いま一番必要なイントラプレナーを生み出す仕組みとは~』

講師:大前 研一

経営環境が劇的に変化するなか、企業内において新規事業を構想・創造する人材「イントラプレナー」に注目が集まっていますが、実際には思うようにイノベーションが進まない、新規事業を創出できる人材がいない、という課題に多くの企業が直面しています。
企業が生き残りをかけた激しい競争に勝ち抜き、次の成長を達成するためにはイノベーションや新規事業の創出は必要不可欠ですが、企業はどうやってイントラプレナーを生み出していけばよいのか検討致します。

6月

『AI SHIFT ~AIシフトする産業と新しいビジネス~』

講師:大前 研一

いま、クラウドコンピューティングなどITの進化や、ハードウェアの高機能化、社会問題化する労働力不足を解決する手段として、これまでのブームとは比較にならないほどAI・ロボットへの注目が高まっている。
AI・ロボットがビジネスや生活にどの様な変化をもたらしているのか、企業にとってどのようなビジネスチャンスやリスクがあるのか検証致します。

7月

『シアトル・バンクーバーに学ぶ地方創生』

講師:大前 研一

米国経済が復活、一人勝ちの様相を見せているなか、伝統的製造業を主体とするラストベルトは低迷し、沿岸部都市と地方との格差が拡大している。
そのなかで、西海岸北部のシアトルは好調な経済を維持している。
マイクロソフト、アマゾン、スターバックスなどのグローバル企業を輩出し、近年ではハイテク・バイオベンチャーへの投資も盛んである。
そのシアトル近隣のカナダ/バンクーバーは、いまスタートアップを中心に世界有数のTech Hub Cityとして注目を集めている。
地域格差が拡大する米国で、なぜシアトルと隣接するバンクーバーの経済は好調なのか、日本は地方創生について何を学ぶべきか、検証致します。

8月

未定

9月

未定

10月

未定

11月

未定

12月

未定

1月

未定

2月

未定

3月

未定

▼過去の定例勉強会

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 2010年度 2009年度 2008年度 2007年度