学習の流れ

学習の流れ

ビジネスに答えがないように、当塾では「これが正しい」という模範解答を提示しません。
また、講師やディスカッションパートナーから知識や情報を一方通行に与えることもしません。
経営者として、また経営に携わる者としての考え方を習得していくには、自分で答えを導き出せる力が必要不可欠だからです。
AirCampus®での議論では、時には助言を、時には異論をぶつけながら、受講している皆様が自分で考え、自分なりの発想法を生み出す訓練をしていきます。

1年の流れ

当塾の受講期間は、1年間(12ヵ月間)です。
各科目のテーマは毎月変わり、必要な教材(講義映像、書籍、資料データ)をベースにAirCampus®を用いて議論に参加していただきます。

受講期間中に提供される講義映像は、受講期間中何度でも繰り返しご視聴いただけます。
毎月のテーマは、塾長が最重要課題として選定したもので、講師や他社の経営幹部との他流試合を1年間繰り返すことで、経営の本質について深い知見と実践的な学びを得ることができます。


セミナー・勉強会・懇親会の開催

AirCampus®上での交流の他に、実際に講師やクラスメイトと交流する機会としてセミナー、勉強会、懇親会を年に5〜6回開催しています。

直接会って話をすることで、学習のモチベーションアップや人脈構築につながります。
ビジネスチャンスの拡大にもお役立て下さい。

▼開催イメージ


修了判定

下記科目において毎月課題提出をしていただきます。

 ・現代の経営戦略
 ・新しい能力を身につける
 ・Real Time Online Case Studey

規定の発言数をクリアすることで、課題提出となりますので、毎月の議論にしっかりと取り組まれてください。

また、最終月に受講の集大成として「小論文」を提出していただきます。

これらの課題を提出することで、修了となります。
修了者は、卒塾式で大前塾長より修了証授与がされます。

ページTOPへ