お電話でのお申し込み・お問い合わせ
03-5860-5587
受付時間10:00〜17:00(月〜金)

 

グローバル人事・教育ご担当者様


最新特別セミナーとは

※受講生向けセミナーもございます。
異文化対応やグローバルマインド・リーダーシップ育成など、人事・教育ご担当者様・受験生の皆さまに役に立つ最新情報をお届けする特別セミナーを提供しております。多彩なゲストを招いてグローバルな人材育成教育の潮流のお話や、実践事例を御紹介しております。是非ふるってご参加下さい。
●同業者のご登録はご遠慮いただいております。大変恐縮でございますが、ご了承ください。
●お申し込みメールアドレスは、必ず会社のメールアドレスをご入力ください。
セミナー情報

組織人事マネジメント ~時代に応じて変化する現場にどう対応するか~


takahasi1

組織人事マネジメント ~時代に応じて変化する現場にどう対応するか~

開催日時 2016年10月20日(木)  19:00~22:00 (18:30開場) 
会場 ㈱ビジネス・ブレークスルー 六番町オフィス 地下1F
講師 高橋俊介氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

ビジネスモデルやドメインが変わるときには、そこで必要とされる人材像やリーダーの役割り、組織人事マネジメントも同様に大きく変わる必要があります。

ビジネスのグローバル化、ITの進展、または、SNSなどを通じたコミュニケーション手法の変化などにより、企業のビジネスの進め方や意思決定の方法には大きな変化が見られます。重厚長大な企業でも、今後はデジタルを意識し、より早い意思決定や、今までとは異なる戦略策定など、時代の変化に対応できる新しいビジネスモデルの構築が必要になることもあるでしょう。そして、そのような変革期に、人事制度はどのように変化していくのでしょうか。

このたび、BBTでは講師に高橋俊介氏を迎え、そのような時代の変化に応じた組織マネジメント手法についてのセミナーを実施いたします。高橋氏のご講演の後には、SCSK株式会社の河辺恵理氏(人事副グループ長)、コニカミノルタ株式会社の大屋裕之氏(人事部タレントマネジメントグループリーダー)にご参加いただき、変革期を迎えた人事の現場についてのパネルディスカッションを実施いたします。今後も成果を上げ続けるために、どのように企業文化を変えなければいけないか、またどうやって社員のマインドセットを変化させるか、さらに、そのような変革期に結果を出すことのできる新しい世代のリーダーはどのような人材なのか、などについてお話しいただきます。

先着90名様ご招待 

締切満員となりました

組織人事セミナーレポート 「時代に応じて変化する現場にどう対応するか」

グローバル化推進企業ご担当者様必聴! 「世界で活躍できる日本人をいかに育成するか」


Mr.Komori

BBT法人向けグローバルプログラム全共通 特別セミナー開催!

開催日時 2016年2月4日(木) (18:30開場) 19時~21時30分
会場 BBT麹町オフィス1F  千代田区二番町3番地 麹町スクエア
講師 古森剛(こもりつよし)氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

日本人グローバルリーダー人材育成のポイントやその手法とは?

 

グローバルビジネスで、日本人リーダーに求められるものは何でしょう。なによりも“Respect Trust”が必要で

あり、尊敬され、信頼されるリーダーであれば、どこでも通用するのではないでしょうか。加えて、仕事を進める

うえでの論理的かつ客観な視点も備えておく資質でしょう。

 

日本で育ったリーダーは、他人の意見に耳を傾け、全体の合意形成のために譲歩する姿勢、厳格な時間感覚や

会社の将来のために考える思考を持つ人が多い。これらを長所として認識し、自分の価値としてアピールすること

世界の舞台で尊敬を得る種になるでしょう

 

一方で、グローバルリーダーとして活躍するためには、日本人が苦手な面の気づきと克服も必要でしょう (経営

理念や価値観を日本語圏外で語る/不確実な中で決断する/部下への権限移譲/多様な人々の心を動かす

コミュニケーションなど)。

 

このたび、講師に古森剛氏を迎え、グローバルリーダーが身に付けるべき強みグローバルリーダー人財育成の

ポイントやその手法を、ご自身の経験を踏まえ、お話しいただきます。

 

■日時: 2016年2月4日(木) 19時~21時30分 (18時半開場) 

■対象: グローバル人材育成に取り組む法人・人事担当者

     グローバルリーダーを目指すBBTグローバルプログラム法人受講生

■使用言語:日本語

 

■講師プロフィール :古森剛 (こもりつよし)氏

株式会社CORESCO 代表取締役、マーサー ジャパン株式会社シニア・フェロー、一般社団法人はなそう基金代表理事

 

一橋大学、ペンシルバニア大学ウォートン校(MBA)を卒業。日本生命保険相互会社で営業本部機構・

人事部門に在籍。マッキンゼー・アンド・カンパニー(日本および米国オフィス)を経て、マーサージャパンではグロー

バル人材マネジメントやM&Aを中心にコンサルティングに従事。同社ファーイースト地域(日・韓)の代表を経て、

2014年シニア・フェローに移行後もコンサルティングを継続。グローバル化に伴う組織・人事面の対応、

リーダーシップ開発、タレントマネジメント、英語環境における高難度ファシリテーションなどに強みを持つ。

プライベートでは、野菜作り、空手道、剣術、シングルモルトウィスキーなど趣味多数。

 

先着30名様ご招待

締切満員となりました 

グローバル化推進企業ご担当者様必聴! ~グローバルで活躍するリーダーに求められるCQとは?~


Masatsugu_Fujii_1

PEGL実践ビジネス英語講座 法人セミナー

開催日時 2015年10月29日(木) (18:30開場) 19時~21時30分
会場 BBT麹町オフィス1F 千代田区二番町3番地
講師 藤井正嗣氏 (ふじいまさつぐ)氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

 グローバルに通用するリーダーに必要なCQCultural Intelligence)とは

異文化環境で多様なメンバーとチームを組んで仕事をするために、異なる文化を読み解き、適応する力です。

現在ではこのCQを図るアセスメントも開発され、ハーバードMBAの課外授業で効果測定にも使われています。

このアセスメントにおいては、CQを下記の4つのカテゴリ別に測定し、文化を超えて円滑にコミュニケーションを図るために、なにが足りないのかを明確にします。

・意識

・知識

・戦略

・行動

このたび、藤井正嗣氏(早稲田大学理工学術院教授。東京工業大学グローバルリーダー教育院講師)をお迎えし、グローバルビジネスで成功するために必要なCQについて、そしてその能力を欠如した場合、発揮した場合の事例、そしてCQスキル向上のための秘訣などをお話しいただきます。

 

■日時:2015年10月29日(木)19時~21時30分 (18時半開場)

■対象:グローバル人材育成に取り組む法人・人事担当者 および

              グローバルリーダーを目指すBBTグローバルプログラム法人受講生

■使用言語:日本語

 

■講師プロフィール :

早稲田大学理工学術院教授。東京工業大学グローバルリーダー教育院講師。

米国カリフォルニア大学(バークレー校)数学科および同大学院修士課程卒業。

ハーバード・ビジネス・スクールAMP(上級マネジメントプログラム)修了。

2013-2014年カリフォルニア大学(バークレー校)経営大学院客員研究員としてグローバル・リーダーシップの研究を行う。三菱商事時代は、クアラルンプール支店食料・繊維・資材マネージャー、アメリカ食料子会社会長兼社長、本社人事部・国際人材開発室長、人事子会社取締役人材開発事業部長、インド冷凍物流合弁会社Executive Directorなどを歴任。

 NHK教育テレビ講師として、「イエスと言わせるービジネスマンの説得術」(1997年)、「英語ビジネスワールド-Lead!-The MBA Way-」(2000年10月~2001年3月)を担当。

著書は、「英語で読み解くハーバードAMP」(DHC)、「英語で学ぶMBAベーシックス」(NHK出版)、「英語で学ぶMBAの授業」(中経出版)、「プレゼンのプロが教える戦略的英語プレゼンテーション」(DHC)、「英語コミュニケーション戦略」(日興企画)、等多数。

 

■先着35名様ご招待

締切満員となりました

グローバル化推進企業ご担当者様必聴!「ビジネスで結果を出せる英会話力を鍛える」


fujimoto23

BBTオンライン英会話 法人向け語学セミナー開催!

開催日時 2015年9月30日(水) (18:30開場) 19時~21時
会場 BBT麹町オフィス1F   東京都千代田区二番町3番地
講師 藤本 文比古 (ふじもと ふみひこ)氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

意外と身につくビジネス英語学習の極意

本セミナーでは、グローバル企業のマーケティングディレクター経験を豊富に持ち、英語教授経験も豊富に持つプロ講師から、ビジネス英会話上達のコツを伝授頂きます。

実際にグローバルビジネスで結果を出してきた講師による英会話セミナーを通じ、世界を勝ち抜いていくグローバル人材に必要な「ビジネスで結果を出せる英会話力」の習得ヒントが得られます。

■開催日時:2015年9月30日(水) (18:30開場) 19時~21時

■対象:  グローバル人材育成に取り組む法人・人事担当者 

     グローバルリーダーを目指すBBTグローバルプログラム法人受講生

■使用言語:日本語・英語

 

講師プロフィール :藤本 文比古(ふじもと・ふみひこ)氏

日商岩井(現双日)、三菱信託銀行勤務ののち、1993年にノキア入社。マーケティング組織に所属しグローバル・ブランド確立に尽力。日本法人立上げに参画する他、アジア地域のマーケティングセールスの要職を歴任。その後Palm、スリーコム(現ヒューレットパッカード社)等外資IT企業を経てベンチャーの日本法人社長を歴任。現在は海外進出企業のコンサルを中心に、管理職向けリーダーシップ英会話など企業内グローバル教育研修講師としても幅広く活躍中。

■先着30名様

締切満員となりました

グローバル化推進企業ご担当者様必聴!「グローバルマーケットで成果を上げるために」


Yamanaka

グローバルリーダーシップ力トレーニング特別セミナー

開催日時 2015年9月16日(水) (18:30開場) 19時~21時30分
会場 BBT六番町オフィス 東京都千代田区六番町1-7 Ohmae@workビル ※地下鉄麹町駅5番出口より徒歩4分
講師 山中俊之 (やまなか・としゆき) 氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

 「グローバルマーケットで成果を上げるために」

急速なグローバル化へ対応が求められる今、日本企業がグローバルビジネスで成果をあげるために必要なこととは何でしょうか。

世界のビジネス現場を徹底取材し、自らもビジネス創出に関わる山中俊之氏を迎え、グローバルビジネスで成 果を上げるために抑えておくべき考え方・動き方について、自身のご経験や、実際の企業のリアルケースを交えながらお話し頂きます。

 

(1)日本人ビジネスパーソンのあるべき姿:世界最高を目指し、世界で戦う強い意志とボーダレスのマインドを 持ち、日本中心主義から脱却し、現地との深い関係構築を図る。

(2)グローバルビジネスに必要な人事の仕組み:採用、育成、経営者育成、本社グローバル化など

 

■対象:グローバル人材育成に取り組む法人・人事担当者 および

    グローバルリーダーを目指すBBTグローバルプログラム法人受講生

 

■使用言語:日本語

 

講師プロフィール :山中俊之氏(株式会社グローバルダイナミクス代表取締役)

専門は、世界で成果の上げることができる哲学・教養・情熱ある経営者リーダーの育成、グローバルビジネス実行支援。カイロでのエジプト人家庭での下宿生活で徹底して現地に入り込む必要性を痛感。

 

その後英国、サウジアラビア在住、全世界80か国現場視察。外務省、日本総研を経て独立起業。外務省時代は首相通訳や国連総会を経験。日本総研に転じて以降は100団体以上のコンサルティングや研修に関与。著書に「日本人の9割は正しい自己紹介を知らない~世界標準の仕事プロトコールの教科書」(祥伝社)、「ビジネスに効く海外情報収集術」(電子書籍)など。

 

東京大学法学部卒、ケンブリッジ大学開発学修士、大阪大学国際公共政策博士、ビジネスブレークスルー大学院MBA。1968年、兵庫県生まれ。

 

先着70名様 

締切満員となりました

 

グローバル人材開発ご担当者様必聴! グローバルリーダーのためのリベラルアーツ -国際人のグローバルリテラシーとはー


shizux23n

英語によるリーダーシップ力育成プログラム開講記念

開催日時 2015年6月16日(火) (18:30開場) 19時~21時30分
会場 BBT麹町オフィス・1Fラウンジ
講師 麻生川 静男 (あそがわしずお) 氏
受講費 無料
主催 BBT 法人営業部 法人営業2部

相手の文化のコアを知り理解する、その上で世界観・人生観を確立できる人材になる

グローバルで活躍できるリーダーになるためには、 世界中の異なる考えを持った人たちとチームを組んで、人を動かし、 人との深いつながりを構築できる力が必要です。

そのためには、グローバルリテラシー(リベラルアーツ)を理解し、 その教養を元に日本語以外の言語を自在に駆使して深い会話のできるような、 グローバルな環境でも周囲の人々から敬意を得られる人材の育成が急務です。

グローバルリテラシーが今、日本のグローバルリーダー育成に必要と言われている理由、 リテラシー不足で起こる弊害、リテラシーを醸成するための方法について、 リベラルアーツ研究家の麻生川氏に語っていただきます。

 

●講師プロフィール 麻生川静男氏

リベラルアーツ研究家・博士(工学)、元・京都大学産官学連携本部・准教授) 京都大学工学部卒業、同大学大学院工学研究科修了、徳島大学工学研究科後期博士課程修了。

ドイツ・ミュンヘン工科大学やアメリカ・カーネギーメロン大学工学研究科に留学。 卒業後は住友重機械工業入社し、システム開発、ソフトウェア開発事業などに従事。

2000年の独立後、ITベンチャーの顧問、カーネギーメロン大学日本校プログラムディレクターなどを務め、 現在、リベラルアーツ研究家として講演や企業研修を行う。

先着50名

締切満員となりました

 

法人営業2部 TEL:03-5860-5587 MAIL:global@bbt757.com